パラオのダイビングサービス「パラオ」のログブック

今日は何が見れたかな?大物天国のパラオの海日記!

2005年06月

今年はとにかく違う!

気温:32度
水温:30度
風:東 水面べたべた
 
雑誌でもおなじみ?この時期は雨季と乾季の入れ替わりの時期であり、
風も西、水面もパチャパチャというのが例年なんですが、
今年は違う!!!風はなし、水面はおだやか、お日様はギラギラです。
さて、私はダイビングよりもシュノーケルに付き合ってるわけですが、
昨日はビックドロップでナポレオン、サメを見て大騒ぎの両親達。今日はガルメアウス島での〜んびり昼寝をしながらランチはBBQ、今日もまた歳甲斐もなくキャーキャー言っておりました。おっと、1昨日のペリリュ島ではペリリュー島名産のマングローブ蟹、ココナツ蟹をさんざん頬ばってました。それにしてもあれだけにぎやかに朝から晩までしゃべってたのに、カニを食べる時だけは、いないのかと思うほど無口。(笑)まだ数日はこの天気続きそうです。
 
 
 

パラオの6月は・・

気温:31度
水温:30度
風:東 ベタベタ
 
ウーロン方面へ行ってきました。例年のごとくこの時期にパラオに来てる両親を連れて。ウーロン島でのーんびりくつろいだ後に、ウーロンリーフ沖にイルカの群れを探しに行くことに。ずいぶん遠くの方にイルカを見つけたキャプテンJAY。どこ???あ、いました、いました、しかし、イルカを見つけたはずだったのに、頭が丸っこい。あ、イルカじゃなない。クジラだ!!エンジン音を切って静かにしてまわりを見渡す。(そうです、クジラは音を嫌うのです)ボートの四方一面にクジラの群れ。シュワーシュワー。
100群れはいたでしょうか、いたるところで、ジャンプしてます。パラオで見られるクジラはオキゴンドウ、カズハゴンドウ、ユメゴンドウという種類がほぼ見られるのですが、体にかすった跡のような小さな模様があり、体長6mほど、カズハゴンドウという種類でした。
クジラにバイバイした後、少し走ったところで今度はイルカの群れ。こっちは少々小ぶりの赤ちゃんイルカらしき群れ。両親達は”こんなのはじめて〜!!”と歳甲斐もなく歓声をあげていました。

カラカラだったウエットスーツが・・

気温:30度
風:北
 
さっきまですっごく天気が良く、”あつ〜〜”って感じでしたが、東の方の空が少々怪しいと思いきや3分後には、豪雨・・・せっかく気合を入れて全着のレンタルウエットスーツを日光浴させていたのに〜〜。カラカラウエットがビショビショです。(またやりなおし)
さて、昨日の満月の大物の話の続きです。今度はジャーマンチャネルで黒いマンタ、そうです、珍しいブラックマンタ登場だったとか。私の友達で看護士をしてる彼女曰く”満月の日の夜勤は大変。だってワケもなくウロウロされる患者さんが絶えません・・”と。満月の夜はやはり何かありますね。
今日の桟橋から見える景色を写真でのせますね。

やっぱり!!

気温:31度
風:東ほとんどなし
 
青い空がまぶしいパラオです。大潮の今日は潮がとっても引くわけですが、コロールからマラカルを通る道沿いでは、浅くなった水深のところから海底のサンゴが見えエメラルドグリーンの景色がひろがっています。
さて、1昨日前、やっぱり出たそうです。クジラです!!予言どおりです(^^)!水面で数えただけでも50頭はいただろう、全部合わせると70〜80頭ほどいたのではないかと。シャワ〜シャワ〜とシオを吹き、気持ちよく浮いてたとか。オキゴンドウクジラよりもひとまわ全長5mほどのクジラ。さすが、6月の満月近くです。
また我が家の犬、モモカが今朝7匹の子犬を産みました。さすが、満月の今日、いたるところで大物がみえてるのかも??
 

桟橋からの眺め

気温:29度
風:東風ほとんどないくらい
 
海には出てないので陸の話題です。明日は満月ですが、(水中では大物が出そうな感じなんですが・・だって6月の大潮は例年、大物でてますもの!))夜は月明かりがとってもきれいに見えています。この時期(2月〜7月)特有の南十字星も十字架にバッチリ見えています。また、1週間後にオープンする桟橋から見えるPalau Royal Resortです。ここだけはパラオとは思えないような近代的な?!景色です。ただ、まだ盛り土をしていて、オープンに間に合うかな?といった少々心配な感じですが。敷地内にはフイットネスジム、テープルテニス、ビリヤード、ミニゴルフコース、お子様用ゲームコーナ、スパ、プライベートビーチ、免税店、インターネットコーナ、バーといった設備があります。
 
 
livedoor プロフィール

PalauPacificDivers

パラオの海辺にある
ダイビングリゾートです
パラオの魅力を海だけでなく陸も情報発信していきます

Archives
Categories
  • ライブドアブログ