パラオのダイビングサービス「パラオ」のログブック

今日は何が見れたかな?大物天国のパラオの海日記!

2005年07月

マリンレイクの人気者 :yasu

水温:30℃
気温:29℃
透明度:20
風:西
 
今日はゲロンのインサイド、アウトサイド。そしてマリンレイク。アウトサイドでは、カンムリブダイグレイリーフシャークタイマイなどの大物が楽しめ、インサイドではノコギリダイホソフエダイカニハゼムチカラマツエビなどが見れました。マリンレイクでは人気者ニシキテグリンジュウイシモチ。ニシキテグリは大きいものも見れて面白かったです。

ナポレオンの山本君 :yasu

水温:30℃
気温:29℃
透明度:25
風:西
 
今日は少し海峡もよくなったのでニュードロップオフまで足を伸ばしました。何が出てくるかワクワクしながらボートに乗っていると、途中でイルカの群れに遭遇これは何かいいことがありそうと思いながら潜ってみると、そこはまさに別世界タイマイネムリブカバラクーダ、それにポレオンなんかもいました。しかもここのナポレオンはガイドの宮下とお友達。その名も「山本潜っている最中はずっと宮下のまわりをグルグルしていてかわいかったです。二本目はビックドロップオフ。ベンテンコモンエビニチリンダテハゼやらめずらしい生き物もみれました。三本目はジャーマンドロップオフ。浅瀬のサンゴがとてもきれいだし、ベビーシャークや、タイマイネブリブカギンガメアジなんかも見れました。

今日も透明度最高 :yasu

水温:30℃
気温:29℃
透明度:20
風:西
 
今日はゲロンインサイド、アウトサイド。最後にホワイトフェイスに潜りました。毎日透明度もいいので、遠くにいる魚もすぐに見つけられるので、なにがいても見逃す事がほとんどありません。今日はサメなんかもすごいまじかで見れ、ホホスジタルミなんかの幼魚もいたりミクロネシア特有のクマノミナポレオンなんかも見れました

長すぎた?

天気:くもち時々晴れ
水温:29℃
透明度:25〜30m
 
風が少しおさまり、ガムリス方面へ向かうことに。ビックドロップオフではスミレナガハナダイのオス・メス、蛍光色のイソギン&クマノミ、クダゴンベ、オオテンハナゴイ、2本目はジャーマンチャネル、エントリーして3分後、マンタが中層で捕食しているのを発見。いやいや、結局エギジットするまでの
45分間実質40分間、ずっとマンタの捕食シーン。お客様”もう〜マンタはいいよ!”と一言。おなかいっぱいになっていただいたようです。パラオは雨季の気配がしていますが、海中はまだまだエキサイテイングです。
 

ドリフト三昧 :yasu

気温:29℃
水温:30℃
透明度:25
風:西
 
今日はゲロンアウトサイド、ゲロンインサイド、マラカルチャネルV6に潜りました。ゲロンは初めて潜ったのですが、ツムブリ、シャコガイ、ピンストライプフュージラー、オオメカマス、チョウチョウコショウダイ、オドリハゼ、カンムリダイなどが見れる面白いポイントでした。V6ではあいかわらずの激流ドリフトおもしろさ満点でしたコバンザメ、ナポレオン、ハナビラクマノミなどが見れました。
livedoor プロフィール

PalauPacificDivers

パラオの海辺にある
ダイビングリゾートです
パラオの魅力を海だけでなく陸も情報発信していきます

Archives
Categories
  • ライブドアブログ