タイトル アオイトリ
ブランド purplesoftware
原画 克 / あきお
シナリオ 御影 / 緒乃ワサビ
OP アオイトリ / 橋本みゆき 初回特典サウンドトラック
ED

エロゲーム特典.comさん ErogameScapeさん




イラスト シナリオ 音楽 Hシーン 総合
75点 90点 90点 60点 85点





・イラスト
09
原画は克氏とあきお氏。克氏がエースですね、えっちい体つきのイラストを書く方で造形は中々です。
塗りはアニメに近い感じがして馴染みやすい感じではないでしょうか?
またこの作品は背景にとてもこだわっているのが見て取れます。冬の教会を中心にしんみりした風景が作品に厚みを出していると思います。
 

・シナリオ
体験版では最初の3日間ということで、登場人物が出揃うまでとなっています。
ファンタジーチックな世界観ですが設定がまだぼんやりとしか見えていないので先が気になるという感じではなかったですかね。
主人公含めほとんどのキャラの目的がはっきりしないままメアリーの学園生活を成就させる方向で話は進んでいます。
基本的には特殊な立ち位置にある主人公の元に何かを抱えた女性たちが集まってきてこれから物語が動き出しそうっていうところ。うっすら見えそうですが基本的には見えない感じ。唯一メアリーちゃんだけは分かりやすい感じになってます。主人公の気持ちになって動き始めている舞台に移入できないと動きの少ない退屈なゲームとしか映らないでしょう。

・音楽
OPは橋本みゆき氏のアオイトリ。可もなく不可もなくといったところでしょうか。
BGMもしんみとした曲が多く世界観に良くあってると思いますがあまり記憶には残らない感じ


・システム
このメーカーでは定番みたいですが一般的な下にウインドウが出るタイプではなく漫画の吹き出しのように書くキャラにセリフウインドウが出て来るタイプです。メリットとしてはウインドウが小さくなりよりキャラが見えやすくなるところでしょう。一方デメリットとしては一度に表示できる数が少ない、ウインドウコマンドが使えない、セリフウインドウでおっぱいが隠れる(重要)という点です。
39
ちなみに普通の表示にすることもできます。

50
コマンドは代わりに上にうっすらと隠れるように出ています。必要ならそちらにカーソルを合わせればOK。ファンクションキーと対になっているのも分かりやすいですがやはり慣れるまでは苦労しますね。
59
マウスジェスチャーやホイールジェスチャの設定も豊富。

体験版ではそれ以外では他に特筆するところはなし。バックログジャンプもちゃんとついてますが音声再生ボタンと勘違いしやすいのが玉に瑕。


・Hシーン
Hシーンは体験版時点で作中に組み込まれています。メアリーを除く各ヒロインとおっぱじめているのですが全体的にエロいです。特にいいのは体つきですね、みんないやらしいですぞ。今回はメアリーちゃんがいないから?そんなことはないはず…。
主人公の能力もあり女性が感じまくるシーンが多いのも特徴、また陥没乳首やデカクリなどなかなかニッチな性癖もぶっこんできます。
また体が密着するシーンが多いせいか主人公の動きも結構大きくて目立っていた印象です。私は気になりませんが気にする方は嫌みたいですね。


・まとめ
プレイした印象としてはHシーンはかなり良好。それ以外は凡と言ったところでしょうか。主人公が悪魔の救世主と言っていても本当にそうなのか?というのが怪しすぎてそれ以外にピンチ感もないので盛り上がりに欠けるといのが率直なところ。
ただ宗教を中心にしてメアリーの道徳を説く感じなど人のあり方に主題を置いたやや哲学よりのストーリーはクリア後にじっくり考えることはありそうだなと思います。
見た目通りの暗い感じの雰囲気ゲー、化ける要素はありそうですが期待値は半々と言ったところですかね。







<以下ネタバレ>





・メアリー・ハーカー
41
突如霧原学園にやってきた吸血鬼。100年前ここに住んでいて強盗にあい殺された際に通りすがりの吸血鬼に助けられた。その際に強盗を殺すこともできたが殺してはいない、これが伏線になりそうな予感。
そしてここに戻ってきたのは100年を節目に生まれ故郷で死のうと思ったため、しかし律の血を飲むことで一時的に太陽を浴びても平気になり生きながらえる。そしてそのまま学園へ通うこととなった。メアリーは普通の少女として生きてみたかったのだった。その願いを物語を元に劇を演じようとするが…というところで話は終わります。


・黒崎小夜
50
これまた唐突にやってきた主人公の双子の妹。律よりも強力な触れた相手の感情を自由にコントロールする能力を持っている。しかし本当に妹なのかは不明。とにもかくにも妹としてやたら家族としての繋がりを求めてくる。
悪魔の話を聞いても特に驚く様子はないが、かといって本人に悪魔の力はないらしい。家族とはというテーマで話が進みそうだが今回は個人の事情には触れられず学校生活を紹介する役になてしまった。。
Hシーンではデカクリが特徴的。なんだってこう特殊なとこついてくるんすかねこのゲーム。大好きです。


・海野あかり
09
最初に主人公とセックスすることになった水泳部のメイドさん。何を抱えてやってきたのかは不明だが電話の悪魔との繋がりがある様子。彼女が憎悪する青い鳥とはなんなのか気になりますね。
とかなんとか言っちゃって一番気になるのはHシーンですよね、このメイドで巨乳で陥没乳頭で母乳とか倍満でしょ、冒頭から全開でこのゲームに期待を抱かせるシーンでした


・赤錆美果子
39
主人公にとてもフランクな感じで接してくるクラスメイト。天才設定ということだが作中ではあまり感じられない。しかし感性が変わっているのは分かり主人公の元へも何事もないように訪れる。
何も考えていのか、とてつもないことを考えているのか


・赤錆理沙
13
美果子の姉。体験版では最後の方にちょろっと出て終わりです。姉とのことだが妹とうってちがって普通の人、小夜と律より兄妹なのか疑わしい。そして最初に主人公を押し倒した人でもあるやっぱり普通じゃなかったわ
そしてスーツがとってもエロい。やばいいいよこれ。この人も体験版ではHシーンなかった、無念。


・白鳥律
本作の主人公。女学園に捨てられそこで育ち学園に通いながら神父をやっている一方、不思議な力を持ち触れることで負の感情を奪い取りより強い触れ合い早い話がセックスすると相手に強い幸福感を与えることが出来るというしょっぱなからかなり複雑な事情を持っている。
そんなことから普通に憧れており、普通の生活に焦がれたメアリーにはある一定の感情を抱いている様子。ただ今まで漫然と異常な環境で暮らしてきたため、周りには鈍感。この生活を変えるつもりもなさそうなので向かう先は全く見えてこない。
セックスで幸福感を与える能力なのでHシーンは必然的にイカせまくりの激しいものになる、なにこれいいじゃないですか。最高じゃないですか。期待できますね。


・電話の悪魔
22
主人公のもとに突如電話を掛けてきて主人公が悪魔の救世主だと告げる自称悪魔。本当に悪魔なのかは分かりません。まあ吸血鬼なんてのがいる以上はありうるのかもしれません。本当にいるなら多分既に登場人物の誰かが悪魔なのでしょう。
現状はいいタイミングでかけてきては場を急展開させるトリックスター、メアリーを救う方法を教えたり只者ではないのは間違いなさそうだ。



・柴田ゆき
54
何故か立ち絵がある。今後出番はあるのか。それとも春音のサックスの子のようになるのか。