オレは女の子が好き過ぎて困ってしまうんだが(完結)

遊び・バイト・ときどき勉強。 青春を絶賛謳歌中のどこにでもいる大学生・二階堂寿に 突如湧いて出た泡銭。その金額はなんと サラリーマンの生涯賃金約10人分!! お人好しの寿を溺愛する妹のような姉や幼い頃に将来を約束した幼馴染、 更には不動産業を営む魔法少女がそれを狙ってる!? 人生の苦を味わうこと無く大金を手に入れた大学生の 金にモノを言わせたサクセス無きサクセスラブコメディ♪

遊び・バイト・ときどき勉強。 青春を絶賛謳歌中のどこにでもいる大学生・二階堂寿に 突如湧いて出た泡銭。その金額はなんと サラリーマンの生涯賃金約10人分!! お人好しの寿を溺愛する妹のような姉や幼い頃に将来を約束した幼馴染、 更には不動産業を営む魔法少女がそれを狙ってる!? 人生の苦を味わうこと無く大金を手に入れた大学生の 金にモノを言わせたサクセス無きサクセスラブコメディ♪

自分の存在を大きく主張するかのように
アスファルトへ熱い眼差しを送る御日様がいらっしゃる。
総てのモノが平伏すしかないほどの上空でそいつは踏ん反り返ってる。

とりあえず暑苦しい・・・。

とはいえ、オレの部屋は陽の光がほとんど入ってくることがない。
ただ屋外でそいつが自分の力を誇示しているのが
よくわかるほど蒸している。
ビルとビルの間に挟まれた
自宅アパートは日当たりが悪く
窓を開けても風すら入ってこない閉鎖空間。
それなりの家庭で育ってきた人なら
どうにかなってしまいそうな気さえする。
ある意味では人間の住処と呼ぶのもどうかとさえ思う。

・・・いや。
そこそこに清潔感のあるお部屋なら
そんなこともないのかもしれないが
狭いうえに少々散らかってしまっているのが頂けない。

っとまあ、そんなことは放っておいて
今日も遅い昼飯のカップ麺を思い切り啜る。
あまり裕福ではないが、不幸だとも思わない。
ただ、そこにはオレだけが感じられる充足感があった。
なんとも言えない小さな喜び。


しかし、その日の午後に
オレの人生は一変した。


どうなったかというと・・・

・・・その前に。

申し遅れましたね。
オレの名前は二階堂寿(にかいどうひさし)。
どこにでもいるような普通の大学生だ。
現在は2年生で20歳の誕生日を迎えたばかりで
適当にアルバイトして遊んでのくり返し。
今週は土日祝日が重なり大学は休校。
バイトも休みだった。
昨日も大学の仲間と徹夜で麻雀してて眠気がある。(健全にも賭け事はしていない。)
大学へは遊びにいっているようなものだ。

先週は仲間たちとプロのサッカーを観に行った。
どちらかといえば野球の方が好きだけど
サッカーも素人よりは詳しい方だ。

そりあえず、サッカーの観戦を楽しむために
あれやこれやとやってみた。
グッズを買ってみたり、選手名鑑を読み込んだり
サッカー理論を勉強したり。
オレは結構マメな人間だと思う。
理論的に物事を考えて突き詰めて楽しむほうが
漠然と感覚に頼って楽しむよりも好きだから。

そんなオレも運にすがるような楽しみというか夢を見た。
試合を観に行く何日か前にサッカーくじとかいうものを
仲間と買ってみたのだ。
もちろん遊び程度の気持ちだ。
サッカーの試合がある週に販売されるくじであり
ほぼ毎週多くの人が買っているが、当たるのは
数週間に1本とか。キャリーオーバーが発生しているとかで
最高当選金は20億円。
14試合の結果を予想するのだが
コンピューターが勝手に予想した結果を買うので
まず当たらない。1口300円。

まず当たらないと思っていたのだが・・・。

カップラーメンを啜りながらテレビに目をやるオレ。
午後に行われているサッカーの試合が中継されている。

試合が終わると全試合の結果が揃った。
3口買ったくじのうち1口が完全に一致している・・・。



「・・・・当選っ・・・・・・・・!!!!!!」


「20億っ・・・・・・!!!!!!!!!」


「大当たり!!!!!!!!!!!!!」


・・・って思い切り叫ぶものなのかもしれない。
が、まったく実感が湧かない。
そして意味がわからない。

とりあえずほっぺをつねってみる。
マンガとかでよくあるアレだ。
夢かどうかを確かめるアレ。

そして当たり前のように痛い。
加減をしなかったのでヒリヒリと痛む
頬が赤くなる。
紛れも無い現実。
だけどやっぱり飲み込めない。

間違いないのはサッカーくじに当選していること。
20歳の大学生にして早くも20億の大金を掴んでしまったこと。
サラリーマンが一生稼いでも手にすることない大金。
サラリーマン10人分ほどの生涯収入。
それをこのオレ二階堂寿は掴んでしまった。

とりあえず明日からは何して生きていこうか?

独りきりのアパートで今度こそ思い切り叫び、隣人に怒られ
もう一度少し小さな声で喜びを叫んだ。

気がつけば朝になっていた。
何かを思い出したようにオレは飛び起きる。
そしてテーブルに置かれたくじを見つけると
胸に抱え込み安堵する。
どうやら眠ってしまっていたらしい。

購入したくじは当選の日から肌身離さず持っている。
そして自宅を出るのが怖くなり 2日ほど外出をしなかった。
もちろん誰にも口外はしていない。
眠りもせず、腹も減っていたが
とにかく現実を受け止めるのが一杯一杯だった。
部屋にあったスナック菓子とジュースだけで
撮り貯めて観ていなかったアニメを一気見しながら
自宅にこもっていた。
長時間起きていたことによって
いつの間にか眠っていたようだ。

生臭い空気が部屋に漂っているので
窓を開けて換気をする。
陽の光はほとんどが遮られているが
窓をあけるとビルの隙間風がゴオッ!と
バーゲンセールのおばちゃんのように
一気に流れ込んでくる。
とりあえずシャワーを浴びた。
白く濁った水が自分の不衛生さを象徴していた。

髪を乾かし、着替えて自宅を出ると
久しぶりの直射日光が目に毒なんじゃないかと
いうくらいに眩しい。
くじはチェーン付きのウォレットにしまって
大事に持っている。
色あせたジーンズに
何やら格好良く意味を持たない
アルファベットが並んだ白地のTシャツをラフに着て
人目を気にしながら歩く。
もちろん誰もオレが高額当選したことなど
知るわけもないのだが。

向かったのは駅前の大手銀行の支店。
くじの換金のため指定の銀行に来たのだ。
高額当選のため購入した店舗では換金ができないためである。
窓口に高額当選の旨を伝えると
かしこまった部屋に通された。
そして店舗の幹部らしき男性が出てきて
クジの確認が行われる。 

このことはなるべく口外しないように。
借金があるならすべて返済をする。
定期預金に入れることをおすすめします。
 などなど説明を受けて高額当選者のための
マニュアルなんてものを貰った。

しかしながら現金では1円も受け取っていないので
まったく話がピンとこない状態ではあるのだが。
銀行で作った口座に毎月定額が振り込まれ
数年にわけて当選金が振り込まれるらしい。
なんにせよ、クジの呪縛からは解き放たれた。
持っていて緊張する必要はすでになくなったのだから。

幸い誰とも会っていなかったので
銀行を出ても狙われる心配もない。
来月末から振込が開始するらしいので
しばらくは貧乏学生のままだ。
親にも言うのはやめておこう。
オレが20歳を過ぎていたので銀行から
親元に連絡が行く事はなかったが
未成年なら親に管理されてしまうこと必至だから(笑) 
なので学費も仕送りも今までどおり貰うことにする。
親孝行はもう少しあとでね。

すると携帯電話のバイブ音がなった。
メールらしいな。
そういえば当選してから携帯電話に触れてすらいなかった。
ちょくちょくなっていたけど、ある意味人間不信になっていたので
遠ざけていた。

・・・・うお!!

着信が80件以上も入っているじゃないか!!
10件程度は友人達からのようだ。
そういえば大学もサボって銀行来ていたんだっけな。
残りはすべて

・・・二階堂瑞穂・・・

オレの姉だ。

それにしてもこの件数は異常・・・
って思うだろ。

オレの姉はいつもこんなもんだ。
ちょっと異常なくらい溺愛しているというか・・・。

急にこんな事言われても困るかもしれないけど事実!!

すると再度携帯電話が鳴った。
今度は着信のようだ。
思わず通話ボタンを押してしまった。

「・・・もしもし。」
おそるおそる電話にで出る。

「・・・ひーちゃん?」

か弱い女の声。

「・・・ねーちゃん?」

姉だった。この天然系アニメ声は一瞬でわかる。

「ちょっとひーちゃんなにやってたの!!電話にも出ないで。」

アニメ声ながら耳を突き刺さるボリュームに変わった。

「ちょっと寝込んでたもんで・・・」

テキトーに答える。

「ちょっと大丈夫なの!?具合悪いの??
おねーちゃん心配なんだから電話くらいちゃんと出て!!」

「ごめん、今は大丈夫だから」

「そう。まあちょうどひーちゃんのところ行こうと思ってたのよね。
今、駅前の◯◯銀行のところらへんまで来たから。
大学行っていたら部屋で待っててびっくりさせようと思ってたんだけど(笑)」

「今日は休んでぶらぶらしてんだよ、ねーちゃん。
・・・っていうか駅前?◯◯銀行??へ・・・・???」

だって今ちょうどオレが行ってきた銀行が・・・

「ひーちゃーん!!!!」

すると電話と背後からステレオのような響きで
キンキンのアニメ声が鼓膜を思い切りノックした。

ぐはああああああああっ・・・・・・・!!!!!!

振り返るまもなく背後から何かが覆いかぶさってきた。
倒れ込みそうになるが、昔やっていた野球のおかげか
なんとか踏ん張れた。
しかし思いの外軽い。そしてやさしいフローラルな香りと
やわらかい2つの肉厚。それらを背中に感じる。
姉・瑞穂が思い切り抱きついてきたのだった。

「ねーちゃん!!なんで・・・!?」

びっくりして思わず跳ね返す。

「ちょーっとひどいなあ。ひーちゃんがぜんぜん電話出てくれないから来てあげたんだよ!!」

ぷーっと頬をふくらませ顔を近づけてくる瑞穂。
姉とは思えない幼い顔立ち。背も小さいほうか。
現実に聞くと笑ってしまいそうなほどのアニメ声。

「まさか駅前にいるなんてビックリだよ~。・・・ってなんで全然電話でないの!?」

再度、ほっぺをふくらませる姉アニメっ娘瑞穂。

そして周りに姉と思われたくない姉である。

姉・瑞穂はオレの一つ上の姉だ。
年子のため、両親には双子のような感覚で育てられた。
しかし、いつまでも年の離れた弟のように溺愛してくる。
それはそれで悪い気もしないが、姉の見た目があまりにも
幼いので違和感を感じてしまっているんだろう。

「ところでひーちゃん。」

「ん?」

「今日は銀行で何してたの?
お金下ろすだけならコンビニでもできるのに」

いきなりの核心を突くような質問に
一瞬目が泳いでしまうが、なるたけ平常心を装う。

「コンビニのATMが混んでてさ!
散歩がてらここまで来たんだけど。
でもあんまり意味なかったかも
結局混んでたわ。」

適当にそれっぽい言葉で
瑞穂の質問を躱す。

「ねーちゃんこそ、急にどうしたんだよ?」

「ひーちゃんがまったく連絡くれないから心配したんでしょ!!」

そう言うと、瑞穂はまた決まってほっぺを膨らませる。
姉だからなんとも思わないけど、他の男には可愛く見えるんだろうな。

「そ・・・そうだったね・・・ごめんごめん!」

当然、自分が20億円もの大金を手にしたことを
この場で言えるわけもなく苦笑しながら謝る。

「まぁ、いいわ!あとひとつ相談もあるのよ。」

「相談?」


「・・・お昼まだでしょ?
おねーちゃんがおごってあげるから
一緒に食べよ。話したいし。」

瑞穂は近くのファミレスを指差している。

「そういえばもう12時を回ってたんだな。
たかが数日でも、クジを持ち出すことにビビって
家にこもってると時間感覚なくなるんだな・・・」

「え?なにか言った??」

おっと危ないな・・・。
さっそく口をすべらせるところだった。
まあ、腹も減っているし飯くらいならいいだろ。

「・・・なんでもないよ。ねーちゃんのおごりならたっぷり食わしてもらうよ!」

「もうっ・・・!あんまり調子乗らないでよね!
かわいい弟とはいえ、おねーちゃんだってリッチじゃないんだからね!」

そのまま瑞穂に促されて近くのファミレスに入る。

店内に入ると心地の良い空気が
俺たちを歓迎してくれた。

「わ~涼しいね!あっついの苦手だよ~・・・」

店員に席に通されると、瑞穂は一気に
はあ~っと息を吐き出し一息つく。

「確かに今年は特に暑いな。」

とりあえず、ランチメニューのドリンクバーとサラダが付いた
パスタメニューをそれぞれ注文した。

それにしても席についた姉・瑞穂をみると
やはり姉に見えなくなってくる。
年はオレの1つ上だから21歳。
人によっては、21歳だったら多少幼く見られても
不思議はないが。

身長は148センチと小柄でちょこんと座っているのが
誰の目から見ても実年齢より若く見える。
藍色がかった瞳と髪は母親譲り。
声アニメっ子。鼻声のような声だが
とてもよく通るキンキンした声だ。
周りの人もその声を聞いて振り返る。
少なくともオレの姉というよりは妹に見えると思う・・・。

髪はマーガレットのシュシュで
かわいらしく束ねている。
結んだ髪は片方の肩にかかっているのが
また余計に幼い印象に見せている。

「っで?話ってなんなのさ?」

「うん・・・それなんだけど」

瑞穂は少し間を置くと・・・

「ひーちゃん・・・おねーちゃんと一緒に暮らそう?」

「へ?・・・なんでねーちゃんと?」

「別に変な意味じゃないんだからねっ!
ただ、おねーちゃんの通っている大学のキャンパスが
ひーちゃんの住んでいる街に近いの!
3年生になってからキャンパスが変わって
今通っているところからだと遠くなっちゃうから・・・」

「だったら普通に引っ越してくりゃいいじゃん。」

「っもう!一緒に住んでたら家賃も半分で済むし
今より少し広めの部屋に暮らせるでしょ!」

確かにその通りであるが
すでにオレの中では若干金銭感覚が飛んでしまったのか
お金に関わる切実な話がピンと来ない。

「・・・まあ、そうだよな。
でもいくらねーちゃんとはいえ、女の子と一緒ってのは・・・。
ねーちゃんだって彼氏とか気にすんじゃん?」

カアアアアアアアアアッ!!!

みるみるうちに瑞穂の顔が真っ赤になる。

「・・・っもう!!そんなのいないよ!!
私、男の人とかまだよくわかんないしっ・・・!!
・・・付き合ったこともないのに・・・
ひーちゃんのバカあっっ!!」
 
そんなに言われても困るというくらい
店内に瑞穂ボイスが響く。

「ねーちゃん抑えて!!
とりあえず考えとくから!!」

「ホント・・・?
ひーちゃん一緒に暮らしてくれる・・・?」

まだ顔は赤いが、すこし綻んだ表情になった。

っとはいえ、せっかく1人で楽しくこれからを
どうしようか考えようと思っていた矢先にこれだからな。
一緒に暮らすとなれば、何かとボロが出そうだし。
20億円の存在を隠したまま瑞穂と暮らすには
あまり手をつけられなし・・・。
やはり頃合いを見て話をするべきか・・・。

「今日は少し不動産も見てみようかなって思ってたの。」

「行動はやいなっ!!オレ何の準備もしてなかったのに・・・。」

・・・

せっかくの目論見も早々と崩れそうな昼下がりのファミレス。

「夏休み中にはしておきたいの、引越し。
本当は4月にしておきたかったんだけど
忙しくて。毎日通うのも大変だから・・・
仕送りもお互いに多くはないから
なるべく良い所探そう?」

「ねーちゃん・・・」
 

「お待たせいたしました-!!」

っとそこへ、オレ達のテーブルへ
女性店員が料理を持ってきた。

「シェフの気まぐれサラダでござい・・・・っあれ?
寿くん?二階堂寿君じゃない!?」

いきなり店員に名前を呼ばれオレは驚いた。

「え・・・?はい・・・そうですけど・・・」

そうすると店員の女の子は目を丸く開いたあと
彼女の周りにお花畑ができたかのような
とびきりの笑顔を見せた。

「わぁ!やっぱり寿君じゃん!!
うそ!?信じらんない!!!
あんまり変わってなくてびっくりしちゃった!!

小学校以来だよね!!
なつかしいなあ!!!!
あたしのこと覚えてない!?」

1人高いテンションで盛り上がる
その店員の女の子は脇目もふらず
嬉しそうにしている。

「・・・・・・もしかして・・・・みやこ?・・・都子なのか!?」

そのときオレの記憶の中から、不意に蘇った少女の
姿がその女性店員とフラッシュバックする。

「なんだぁ!覚えててくれてるんじゃん!!うれしいなぁ♪」

都子・・・

そこにあるのは
淡く切ない幼少時代の心の奥底で
ぽっかりと空いて失われた時間と思い出。


「ちょっと・・・ひーちゃん?」

瑞穂は突然の出来事に状況が飲み込めていなかったようだ。

このページのトップヘ