PCXに以下の駆動系パーツを組み込みました。

・トルクカム
 23224-KWN-900 ドリブンフェイス
 91351-GR1-000 Oリング
 91351-642-000 Oリング
 91211-KN7-671 オイルシール 2個
・エンデュランス hi-SPEEDプーリーセット
 ハイスピードプーリー
 ウエイトローラー13g
・PCX150用デイトナ強化Vベルト(WW150C)

PCXの定番、トルクカムをタイ仕様に変更しました。
今までだと最初の一歩グイッと出る、中速伸びない、70km/hぐらいから加速で山あり谷ありな感じが、
スムーズに加速するようになりました。乗りやすいです。
一般道を走っていて一番使用する40~60km/hの加速が改善されるのがすごく良いです。

ただし、40~60km/hのエンジンの回転数が上がるので、その分燃費悪化、騒音、振動が発生してしまいます。

そこで回転数の低下と高速道路を走るときに少し余裕が欲しかったので、ハイスピードプーリーセットを一緒に入れました。

ハイスピードプーリーセットは、SP武川とエンデュランスで出ていました。
プーリー自体は余り差がなさそうな感じで、セットになっているウエイトローラーの重さが違います。
エンデュランスは13gでノーマルに近い感じ。(ノーマルから回転数-200rpmぐらい)
SP武川は10gでマフラーなど変更している人向けにセットになっているように思えます。
ということで加速を少し良くしたい人は、10~13gの間で調整するのがいいかも。

私は燃費の良さを維持したかったことと、あまり加速が良くなると車のペースに合わせて走っているとストレスが堪るので
エンデュランスのセットの方を入れました。

交換後の燃費は、45~48km/hぐらいでほぼ変わりませんでした。
気温が30℃以下で45km/h、30℃以上の暑い日で48km/hな感じです。

高速道路も走ってみたのですが、90km/hぐらいからの速度の伸びが落ちたかな?
中速の谷が消えた分、高速での伸びが低下するように感じるのかもしれません。