2017年12月08日

わたしは貝になりたい

お久しぶりです。
宇都宮にはいきませんわw


いわゆる「自分らしく振舞う」っていうのは、「自己中心な自分都合な振る舞い」だと感じますわ。どんなに「性格の良い人」だとしても聖人君子のような人はいないわけでして、、、たとえ清廉潔白な人だから自己中心的な振る舞いをしてもよいかというとそうではないような気がします。

会社生活を送るにあたって、一人で仕事をしている人はそれこそ「自分らしく」という言葉通りに振舞っていればいいと思いますけど、仕事には相手がいることを忘れずに自分勝手な行動をとられると困るって話しです。簡単な話、締め切りを守らないとか。そりゃーだれしも自分らしく「自己中心的」な振る舞いができれば楽でしょうし(自分都合で締め切りを伸ばすとか、自分の負担は減るから楽ですよね)、、、その一方でその振る舞いに迷惑を被ってる人もいるわけですし。(たんに締め切りを伸ばすのがダメって言ってるんじゃなくて、締め切りを伸ばすんだったら双方が納得の上でリスケすればよいのであって、、ただ、これを散発すると信用なくすよってことも忘れずに)


相手を思う気持ちを持つのは疲れるんだろうけど相手があっての商売・関係性ですので、そこは双方忘れないほうがいいんじゃないの、、、そういった思いで書きました。


…伝わってますか?  

Posted by obatalab at 00:00Comments(0)

2017年08月05日

私が主張する「誠実にふるまう人」とは(その5)

最後に┐砲弔い董△海竜せちがない人は人との対話が必要な場に来ないでもらいたいと思っています。
そもそも、┐竜せちがあれば後進的でトンチンカンな意見なんて主張しないでしょうが!!!っていう感じです。

それぐらいの気持ちをもって、人との対話・会議・打ち合わせで意見を主張してもらいたいと日々感じております。

  
Posted by obatalab at 00:00Comments(1)

2017年08月04日

私が主張する「誠実にふるまう人」とは(その4)

相手と対話したとき、自分と相手とで考え方が異なることに気付かされる時があります。それは、課せられている職制、部署、立場が異なるためであることが往々にしてあります。自分の考えの読み違いという時もありますが、そもそも、背負っているものが違うという点に気付いて双方歩み寄るために折衷案を出し合う対話に変えていけばいいんです(А法

ここは余談ですが、ここでも攻防せめぎあいが続くと思うんですが、´↓をフル動員して、特に事実と理論で押し切る必要があります。ただですが、なるべく譲れるところは先に譲ってあげてもいいと思います。そしてどうして譲れないときは、さっき譲ってあげたんだから譲ってよっていう感じで相手の不義理さを指摘して交渉すればいいと思います。相手はただのサラリーマンで交渉のプロではないんですから、強情な人は道徳的に攻めればいいんです。そして、この不義理さを噂で広めればいいんです。  
Posted by obatalab at 00:00Comments(0)

2017年08月03日

私が主張する「誠実にふるまう人」とは(その3)

そうした反論もむなしく、パワーバランスの影響で糞みたいな考えが取り込まれる時があります。嫌々ながら取り込むと、自分の考えが破たんするため、可能な限りアレンジを施します。そうすると、糞みたいな考えもだいぶマイルドになって、自分の考えになじむ感じになります(Α法自分でアレンジすることで、「自分で手を加えた」と意識に変え、自分の考えとして取り込みます。納得いかないけれど…そうすることで、気持ちを落ち着かせます。
(会社員って大変だなーっていうところです)

ときどき、上位決裁の際にその糞みたいなところを指摘されると「やっぱりなぁ」という気持ちになるんですが、
すでに作った人の資料=自分の成果となるんで、あきらめましょう…
ここで、「誰々に言われたんです」とか言っている人もいますが、言われた上位者は「だからなに?」って感じですよね。
  
Posted by obatalab at 00:00Comments(0)

2017年08月02日

私が主張する「誠実にふるまう人」とは(その2)

そもそもですが、個人々々の主張や意見っていうのは結構あやふやだと思います。相手も、その主張を聞いて正解・不正解っていうのは判断できないんですから、誠実に対話・議論する必要があると思うんです。

なので、相手を説得させるため(自分の主張を通すため)に、,筬△了実や理論をまとめ、話しを展開すると、
相手も「既成の事実や理論があるんなら」といって賛同しやすいですよね。(の相手の視点でのメリットを述べる)
自分が決裁する立場にいたときを想像して「そこが気になるかも」っていうのを話してあげればいいと思います。

そんでもって、さっき「主張や意見っていうのは結構あやふや」って書いたんですが、あやふやなんで、い竜案蚕だ気必要になります。意見を主張するときに相手からかなりのノイズが入るんですが、ここでイ必要になります。自分が「いいな」と思う考えについてはすぐに取り込みます。また、なんかにぎやかしで糞みたいな考えを押し付ける人もいます。こういう時はイ両誼里任ない旨を淡々と伝えて反論すればいいのです。

  
Posted by obatalab at 00:00Comments(0)