30歳みなしご女の汚部屋からの脱出〜荷物にうもれる砂の女〜4年後日記

じいさま、ばあさま、がお亡くなりになり住んでいた場所を譲り受けた。そこに死んだおかあさまの荷物を実家から運び入れた。砂に埋もれた家を生きるために砂をかき分ける阿部公房の名作「砂の女」のような生活を始めた。2014年30歳の時にブログを立ち上げたが、逃亡癖のある私、砂の女が荷物からもブログから逃た。4年後の2018年の今、まさにまた、自分と、荷物と向き合う大スペクタクル。

さっき帰って来て決めた!

今日は何もしない!

明日はちゃんとする。

人にあげるものをまとめあげる。




こうやってブログに書いておくと、有言実行しないと恥ずかしいからちゃんとやろうと思える。

こんばんわ、見栄っ張りの砂の女です。

見栄を張りすぎて痛い思いをしたことが多々あります。

本当は見得なんて張りたくない。

等身大でいたい。

20歳になりたての頃、ワインなんて飲めないのに見栄をはって飲みすぎて、人様に迷惑をおかけしたことを思い出した。

素直に「ワイン飲んだことない」って言えればそんな思いせずにすんだのに。

なんでそんな見栄を張っちゃったんだか…。

ちっちゃいよ…ちっちゃいよ…。

大きな器の人間になりたい。

今はおちょこの裏くらいのちっささだけど。

少しずつでも広げていこう。

まずは思うことが大事。

そして行動を伴わせよう。

最近はそんな事を思う毎日。







昨日の私よりは成長してたい。けど片付けやすんじゃった。ま、そんな日もある。
さて、茶碗を洗って洗濯物をたたみましょう。日々小さなことでも「片付け」だな。うん。
ポチっと押していただけると幸いです。
人気ブログランキング 汚部屋・ごみ屋敷へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村












今日の仕事はつらかった、あとは焼酎をあおるだけぇ~♪

頭の中で山谷ブルースが勝手にかかってる。

仕事があることはいいことだけど、そのかわりやりたい事はなんだか適当になる。

何かを選べば何かは出来ない。

焼酎をあおると片付けはできない。
なので、まずは有言実行。

アルバムを捨てる。

ばあ様は旅行が好きだったのでたくさんの写真がある。

国内国外問わず。

私の覚えているばあ様は結構ファンキーな方で60歳を過ぎてから中国語をやり始め、結局よく中国に行ったりしてた。

お遍路もバスツアーで回ってたな。

PhotoGrid_1527339784148

一応どんなところに行ったのか、中を一通り確かめる。

けど、まあ、写真をはがして捨てようと思ってはがそうとしたけど…のりが劣化してうまく剥がれない。

なので写真と土台の隙間にカッターの刃を入れてぺりぺりとはがす。


PhotoGrid_1527340127130

一冊やって飽きた。

だって…写真だけじゃなくて、泊まったホテルの小冊子とか食べたレストランの名刺とか貼ってある。

い…い…いらないよね?

でも、これって私がやってた「思い出袋」となんの変わらないんだと思った。


めんどくさいからまとめて袋にどーーーん。

ごめんねばあ様。



PhotoGrid_1527340222604


きっとどこかの国のだれかのなにか宗教的な儀式の写真なんだけど、土下座してるみたいだったから…今の気持ちを表してみた。


もうね…仕事のおかげか…頭が痛くて仕方ない。

そのおかげでなんも考えずに捨てられていい。

闇に紛れて捨てておく。

PhotoGrid_1527340345246

ついでに、棚のドア部分も。

ちなみに、砂の女の家のごみだけじゃありませんから、あしからず。

仕事後にさすがにこれだけのごみを出すほど動けません…。


さぁ、今日は早く寝て、明日に備えよう。

明日も仕事だ…。









思い出との決別、モノを捨てるって行為には少し「怒り」があったほうがやりやすい気がする。
ひとまず今日もお疲れ様でした。ぽちっとしていただけると砂の女は非常に喜びます♪





そんな思いがここ数日頭の中をかけめぐる。

だが、仕事。
モチベーションだけが空回り。

そんな日もある。

だから、有言実行の為にもここに記す。

「かえったら、アルバムをゴミ袋に詰めろ、、、、」

私、有言実行めざす。

かっこいい女は有言実行。






砂の女がかっこいいかは置いといて。有言実行できる女はかっこいいと思う。

ベランダに設置した【要らないものボックス】
IMG_20180518_172403

中身をセコセコと指定されたゴミの日に捨てていた。


IMG_20180525_074130

ひとまず、ココまで減った。

木の板は長さが長すぎで一般ゴミでは、出せないので、休みの日に切る。

少しずつ!少しずつ!

ドカンと出来るときはドカンと!

出来る事をやる。

それしかない。

仕事に行くために駅に向かいながら、呪文。

やればできる、やればできる。

やらなきゃ出来ない。 

為せば成る、なさねばならぬ何事も。




周りからみたらポジティブキチガイだろうな、、、。

昨日から口ずさんでいるのが

♪どうせブスなら、ネガティブスよりポジティブス♪同じブスなら踊らにゃソンソン♪

「なんなんですか、その歌」とポチに言われたので「女子力爆アゲ応援歌」とだけ答えた。

よしよし!

砂の女のモチベーションは下がっていない。

燃えろ、いいおんな。



朝7:30にインターネットで申込みをする。
ほんと、ついさっき。

我が家から殺人ダンスを追い出す日取りが決定。

IMG_20180524_080650

すごい怖い話なんですがね、、、、

実は数か月前まで殺人タンスの上にはこれが乗っていた。

IMG_20180302_111043

ばあ様の着物用タンス。

IMG_20180302_111752

ほんと…タンスの上からどかしておいてよかった!

殺人ダンスが私を襲った日、上にこの着物用タンス(小)があったら…と思うと想像しただけでガクブルしちゃう。

多分私、マジで死んでる。

このブログの更新がまたとまってた事だろう。

何度シミュレーションしてみても、とがった角で頭を強打し即死or首が折れる想像しかできない。

友人の結婚式なのに訃報とか絶対嫌じゃん。

数か月前にメルカリで売ろうとしたけど、買い手がつかなかったのでポチの部屋にぶち込んどいたら荷物置き場として活用してくれているのでありがたい。


IMG_20180524_081203

持つべきものは緩くおおらかな親友だ。



でも正直邪魔なんでこれも道連れになってもらいましょう。

って事で今回も市の粗大ごみ収集センターに連絡。

本当はすぐにでも持って行ってほしい。けど6/5までおあづけ。あつい思いは片思い。

処分費用
殺人タンス【1500円】
着物用タンス【1000円】

2500円で目障りな奴らがいなくなってくれる。

自分で壊せばビールがいっぱいのめるけど…殺人タンスには思い入れがあるからちょっと壊せない。
殺人タンスは、かあ様が子供のころから使っていたタンスらしい。生前聞いた。
かあ様の思い入れのあったものを、捨てこそは出来るけど、のこぎりでギコギコなんて…ちょっと無理。

今回は、アルコールよりも、思い出を取った砂の女。やるせない気持ちが残るくらいなら、お金で解決しましょうかね。




さぁ捨てろ捨てろ。

最近、自分にいっぱいいっぱいで荷物に埋もれていた事を忘れかけていた。

「ぐだぐだいってねぇで、捨てろよ。」

っていう鬼軍曹が居なくなってた。

ちょっといいなと思ってたヤツにズタボロに言われた事で凹んでんじゃないわよっ!あんたはあんたのやるべきことをしなっ!

てか、凹んでたって、事実じゃん。あたしだって家が汚い女とどうこうなりたいなんて思わないし、メソメソピーピー言ってる34歳とか絶対やだ。

……
………

あっぶない!めそめそピーピー弱みだらけなんて、なりたくない自分になるところだった。

いやいや、あんた十分なってるよ。ぐるぐるおなじとこ回ってるよ。情緒不安定極まりない!

だから自分に言い聞かせた、お経の様に唱えた。

自分を作れるのは自分だけ。やればできる。やればできる。

粗大ごみの料金表には記載されていなかったが、ピーピー言ってる自分の弱い部分も粗大ごみとして捨ててしまいたい。

粗大ごみ収集日に私の弱い部分も捨てちゃおう。そうしよう。

不法投棄になるかしら。

さぁ、今日はこれから仕事だわ。

なんだか気持ちがハレバレしてる。



人間どん底まで落ちてからが勝負なんですね。34歳独身みなしご。それの何が悪い。守るものがないって.....強いんだぞっ。

もう、寒くないので、あいつを片す。

こたつ?

ノンノン!

こたつは、昨日片付けた。

IMG_20180523_153831

あんなに愛していたのにお別れはあっという間。

やっと自分の中で春が終わりました。

夏に向けて準備をしていこう。

さあ、夏が近づく砂の女の家で砂の女が本日片付けているのはこれ!

IMG_20180523_144906

生ハム。

家でそぎながら食べてみたくて原木一本買ったけど、中々食べる機会がなく、熟成してきた。

そろそろ暑くなってきたので、細かく切って冷凍しようと決め込んだ。

ポチと二人暮しで生ハム一本はきつい。

どうも、塩気がきついものがだんだんきついお年頃、砂の女です。

そりゃ最初の頃は「わーいわーい」って楽しんでそいで食べていた。

生ハムをそぐ練習が家でできるなんてすごいじゃーん、なんて。

でも生ハムってそんなにバクバク食べるもんじゃないしね…。

一度、友達が来た時に削ぎ削ぎしたが、それ以降は片づけと言う名の元、家をひっくり返しているので、乱れた家を見せられるか!って事で人を家にいれなかった。

ので、なおさら減らない。

細かくして、ピザにのせたり、パスタにいれたり、ベーグル作るときに混ぜ込もうと思う。

ほーれ、生ハムさんたちです。

IMG_20180523_144919

薄さを気にしなくていいので、ガンガン行く。

とにかく、ガンガン。

IMG_20180523_153058

関節部分でもぐことが出来ました。

まだまだとれまっせー!

あああ…

まだ先は長い…。

IMG_20180523_155456

せこせこ削ぐ。

IMG_20180523_164023

もうこの辺で勘弁していただけませんでしょうか?と思いここで終了。

生ハムの乗っていた台を洗う。

IMG_20180523_164750

この金具で生ハムをぶっさしているので油がすごい。

IMG_20180523_164845

よく洗い、乾かしたらしまう。

IMG_20180523_165307

生ハムブロックは小さくしてピザや炒め物に使えるようにして冷凍へ。

IMG_20180523_172237

生ハム終了!

IMG_20180523_172040
IMG_20180523_172100

飛ぶ鳥跡を濁さず!後片付けもばっちり。

玄関が比較的綺麗になった今日という日。

今までは玄関開けたら生ハムの匂いがしてたけど、これで消えるはず。





生ハムの骨を捨てる時にだしって取れるんだろうか…豚の骨…まさにとんこつ。
そんなんする暇があったらもっと大きなものを片づけろ!という意味も込めてぽちっとしていただけると幸いです。いやぁ、やり終わったら…どっと疲れた…。

私は自他共認めるほど欲望には忠実な方でして。

食欲、睡眠欲のどっちをとっても、とっても忠実。

食欲に勝てずにもりもり食べてしまう。

食欲もりもりの時は自分がはちきれて内側から爆発しそうになりながらも食べる。

「私はいま、食べ過ぎで内側から爆発して死んでも本望だ。」とも思う。

そして、睡眠欲にも非常に忠実。

眠気に勝てずによく行き倒れの様に寝落ちしてしまう。

ダイニングの床だろうが、コタツだろうが。

欲望へは忠犬ハチ公ばりの忠実度。

忠誠心が高い砂の女はコタツには頭があがりません。

コタツの「砂の女プライド殺傷能力」はピカイチ。

コタツに対してだけでなく、そもそも眠りに対してのスイッチが極端に緩い砂の女です。

こたつを愛しすぎてこたつの横に布団を敷いて寝ているがもうそろそろお別れの季節。

別れなきゃいけない時が来るのは仕方がない。

「今~春が来て、君は~きれいになったぁ~。」

そだね。

きめた。

きれいにする。

……
………こたつ布団を。

だって、いるかさんもそう言ってるし…

この際こたつ布団をキレイに洗う事にする。

そして乾いたら…

しまおう。

尾崎豊の卒業が頭をジャックする。

「こ~の、こたつからの、卒業~。」

冬の間、ありがとう。こたつよ。

こうやって改めて文字に書き出していて思うのは、砂の女の自分を律するというシステムがとっても緩い。

欲望に忠実ってのは、結局クズ人間なんじゃないだろうか。

本当に嫌で嫌でたまらん。

34歳にもなって何してんだ。と自己嫌悪ばかり。このままじゃいくつになっても自分を好きになれそうにない。

そりゃ、こんな自堕落女は、ちょっと「いいな」って思ってた男性に「俺…あんたみたいな人、いやだ」って言われもするわな。

はははは…。

はははは…

…ぐすん。

日々落ち込みぎみの私に、少し年上の姉代わりのような友人曰く「卑屈なぶすはもてないよ」と。

まさにそのとおり。

ふられた砂の女の卑屈シーズンが到来。

世間は暑くなってきたが、砂の女の心ははブリザード。雪の女。

気持ちがイケイケゴーゴーの時と、私なんて…の両極端な気持ちがいったりきたり。

不安定。

そんな自分をどうにかしたいよぅ!と、えーんえーんと泣くと涙の匂いが鼻の奥からツンとしてくる。

これが悲しみのにおいか…とかおセンチな事を言ってるけど、それにまじって家のどこかからカビの匂い。

…私は知っている。

犯人を!

IMG_20180522_074026

そう、風呂場なんだな。

ここしばらく、この匂いはずっと気になっていた。

砂の女家では、お風呂の排水溝が詰まらないようにネットをかぶせているんだが、それを変えるのはポチの仕事。

が、ポチはなかなか変えない。

シャワー中に、水が流れなくなって、もうだめだ!ってくらい溢れてくるようになってやっと変える。

下手したらそれでも変えない。そのままゆっくり水が流れていくので「だいじょうぶっしょ」的な。

その間、汚れを抱えた水が風呂釜の下にたまり、ゆっくりと流れてくので、汚れだけ残され、ジメジメし、汚れがカビる。

から、こまめにネットを変えてね、と言っていたが、、、、、残念。

他人に期待した私がわるい。

とにかくこのにおいをなんとかしようと風呂釜の前カバーを外す。

IMG_20180522_001824

みてのとおりドロヘドロ。

ウエップ!げろげろ!

とにかく磨け、ゴシゴシと!


IMG_20180522_002151

IMG_20180522_002201

風呂釜の下がこんな汚い女がモテるはずない。

洗え洗え洗え洗える。

洗うと言う文字と笑うという文字が似てる。なんか笑える。

IMG_20180522_002812

なんとか手の届く範囲、洗い終わり。

驚くほど匂いが消えている。

かび臭から解き放たれた。

なんだか、少し気持ちもスッキリしている。

空気もさわやか。

私は決めた。

もう、ポチになんて、任せないんだからっ。








先日ぶち壊した棚を粗大ごみで出す予約をした。
一枚200円。

一枚あたりが大きいので普通ごみにするためには何度も何度ものこぎりを入れないといけない。

ワザワザのこぎりで切ってゴミにする手間を考えたらその金額で持っていってくれるならバンバンザイ。

が、カーテンレールがついているのでそれを取ることにする。

カーテンレールがついているとプラス500円ですって。

500円あったらビールのめちゃうわ。

どうも、三度の飯よりお酒が大好き、砂の女です。

昔は「ザルな女の人ってカッコイー!」なんて思ってたけど、安くて酔えるほうがコスパがいいと気がついた34歳。

やっぱ、コスパって大事だよねー。

板を名刀「ハイスパイマン」で切る手間より、三階から1階のごみ捨て場に運んだ方がよっぽど楽。

1枚200円で何とかなるなら、コスパイイとしか言いようがない。

何より、2枚とも釘がぐんぐん出てる。

IMG_20180426_181007

そんなの切るほうがめんどくさい。

見てくださいよ、この暴力的な釘の突出の仕方。

IMG_20180426_181328

どんだけでかくて太くて強そうなのさ!

ってことで、釘抜きすら使わずゴミへゴー!

しかしそうは問屋が卸さない。


IMG_20180426_181442

このカーテンレールがあるだけで+500円するっていうので、人力で取ることを心に決めた。

ひとまず、魔窟から出す。

IMG_20180426_181507

ひー!この釘の出方なんて、何かの牙レベル!

やめてけろー! 

重いし危ないし。

余りに重いので板の重さを計る。

IMG_20180426_181913

一枚15キロ。2枚で30キロ。

色んなものモロモロであの棚は50キロくらいだろうな…。

うううう…

あたしの体重の方が重たい。

泣きたい。

でも痩せない。

だって食べちゃうから。

カロリーLOVE!

いやいや、今はそんなの関係なくて。

カーテンレールを取ることに集中しよう。

IMG_20180426_182616

このカーテンレールの幅とねじの幅がほぼ一緒。

すごい作りです。

もしねじが斜めに抜けたりしたらカーテンレールに引っかかって抜けない。

ねじねじしていると、下にホツホツとカーテンをひっかけるところが落ちてくる。

IMG_20180426_184640

邪魔くさい。

途中のねじがはずれたのでカーテンレールをひっぱってみた。

IMG_20180426_184816

カーテンレールは引きちぎれた。

IMG_20180426_184921

もいっちょ引っ張ってみる。

IMG_20180426_184953

曲がっただけだった…。

そんなこんなしてたら攻撃を受けた。

IMG_20180426_203353

春物セーターが出っ張ってる釘に持っていかれた。

IMG_20180426_203409


お気に入りだったのに…穴が開いた…くすん。

やっぱりうちにあるものは殺人兵器。

でもカーテンレールは無事に取れてバキバキに折って普通ごみに出せるサイズにできた。

ありがたいことだわ。

カーテンレールが外れた今、こいつらは200円で持って行ってもらえる単なる板になった。

ゴミ捨て場に運ぶ。

IMG_20180426_204343

ついでにアコーディオンカーテンも粗大ごみ予約しておいた。

この棚がまだきちんと釣り棚だった頃は、今回外したカーテンレールをこのアコーディオンカーテンが行き来していたのでちょうどいい。

ただ、釘があまりにも危ないのでちゃんと書いておいた。

IMG_20180426_204551

明日、持って行ってくれてるといいな。

ちゃんと粗大ごみシールは張っておいた。

大きなものがまたいなくなった。

板2枚200*2=400円
アコーディオンカーテン=500円

トータル900円。










仕事でバタバタでごめんなさい。ぽちっと押して応援していただけると幸いです。

うちの玄関は砂の女が集めていたおもちゃまみれ。

そして放置なのでほこりまみれ。

ハイテンションな彼の写真も例外ではない。

慌ただしく玄関を出ていく私、遊び疲れて帰ってくる私を、ほこりまみれのおもちゃ達にうもれながら、いつも笑顔で見守ってくれていました。

IMG_20180520_093804

この家を相続してから玄関にずっと飾っているお写真。

そう、何を隠そう、西城秀樹。

ずっとここでヤングマンしてくれている。

ひできもほこりまみれ。

今日、仕事から帰ったらホコリをはらうからね。

ありがとう、そして、安らかにお眠りください。



物置をキレイにし、古い工具を捨て少しものが減った減ったと喜んでいた。

砂の女の悪い癖で、計画通りに物事が行き始めるとすぐに調子にのり、手を止めてしまう。

まさに、昨日がソレ。一日お酒飲んで好きな海外ドラマを見てだらついてしもた。

かあ様に口を酸っぱくして言われていた、あんたはすぐ調子にのる……って。耳にタコができるくらい言われていた。
思い当たることが沢山ある。思い当たることしかない。

今までなんでもそうでした。

だからなんでも中途半端。

片付けって自分が生きていく中で、一生やり続けなくてはいけない事は重々承知。

片付けって、いる、いらない、どうする、どうしたらいいか、を、自分で選択し決定していく行為。

それって人生と同じなんだなぁ、としみじみ思う。

そう考えたら私の人生は決定したり選択したり切り捨てたりせず、いつも適当な方へ流されて来たような気がする。

ろくでもない仕事についてみたり、海外に流れてみたり。地に足がついてない。とにかくノリだけでやってきてしまった34年。いまだって友達の会社に不定期で使ってもらっているからなんとか生きている。

最近やっと「生きていくという事ときちんと向き合わなければ」という気になってきた。そうすると、焦る焦る。

先を見据えてそこに向かってどんどんと進まなきゃ!と。焦る焦る。

こんなとこで立ち止まってたらまた同じ繰り返しなんだと自分に言い聞かせて焦る焦る。

人生60年で終わるとしたら、すでに四年前に折返しを過ぎてしまった。

このまま変われずに過ごすのか、自分で自分を切り開くのか、、、。私はどうしたいのか、、、。

自分の事ちゃんと考えてこなかったクズだからろくでもねぇや。

からの、とにかく、やれる事をがんばろう。

そんな事を思いながら、焦って夜中に目が覚めて、眠れなくなり、トイレの掃除をはじめる。

トイレを磨くと心が落ち着く。

トイレだけはこまめに掃除をしているのでそんなによごれてないのですが。

トイレは何も考えずに掃除がしやすい。

IMG_20180426_205050

真夜中にゴソゴソトイレ掃除をしている砂の女。

IMG_20180426_205130
IMG_20180426_205108

トイレ掃除…楽しい…。

少しスッキリしてきた。

多分、砂の女の家で、トイレが一番空気のすんでいるところ。

真夜中のトイレ掃除を終わらせて…

私は仕事まで少し眠る…。安らかに。


このページのトップヘ