2007年11月19日

500m美術館・追記!

こんにちは!
すっかり雪景色の札幌。
寒い寒いといいながらも、買ったばかりのニット帽とニーハイブーツを身につけてご機嫌ちゃんな石川です

さて、11月16日の記事で予告したとおり、今朝の放送では札幌で活躍中の美術家・齋藤周さんへのインタビューの様子を放送いたしました。
ブログとあわせてお楽しみいただけましたでしょうか?
ラジオで美術の話をするのは難しいですが、ブログとの連動も含めてこれからも挑戦していきたいです。

齋藤さんのように、静かだけれど熱い思いを持って札幌のアートシーンで頑張っている方がいるのだから、もっともっとお伝えしたい!とも、改めて感じました


今日は、齋藤さんの作品が現在展示されている「アート・ストリート 500m美術館」についてもう少し画像をアップします
美術を、表現をのびのびと楽しんでいるような作品がたっくさん!!

ラブリー






















「ラブリー」
YOMI(橋本理巳子)さんの作品と、愛くるしい(でもちょっとせつない?)くまちゃんにはさまれてご満悦の石川(笑)



あやとりしゅわ














るんたった「まぼろし遊園100人展2」より
札幌市内の若手アーティストを対象に100作品を選考したもの。
すごく個性的で自由な作品の中から、石川が気に入ったコたちです。












切り紙切り紙アップ














「動物大行進」
佐藤隆之さんの作品
齋藤周さんのインタビューの中でも話題になった作品です。
普段は広告が入っているガラスケースの中に、切り紙で表現されたトナカイ、トナカイ、トナカイ、トナカイ…
他にゾウやワニもあって、どれも目を見張るほど精巧。
広告用ガラスケースという平面に近い立体の中で、夢の世界に繋がるような広がりのある作品だなと思いました。
一度制作風景を拝見してみたいです。



増幅する絵画増幅する絵画2














「増幅する絵画」
高幹雄さんの作品
とにかくキレイな色と曲線がすごい!
札幌の若者に圧倒的な支持を受けている作家さんだそうですが、納得。
”下書きもスケッチも無く、紙に向かって一本の線を描くところから始まるという作品。その描き方は高氏いわく『宇宙からのエネルギーを増幅させていく』とのこと”
なんて気持ちよさそうなの!!



地下道にある風景地下道にある風景2














「地下道にある風景」
仙庭宣之さんの作品
将来家庭を持ったら、こんな作品が似合うリビングに暮らしたい…と思いました(笑)
雲と空の質感がすごくきれい。綿菓子みたい。
初めて飛行機に乗った日のこと、丘珠空港からグライダーに乗ったこと、網走湖で熱気球に乗ったこと(これは夜だったけど)、空にまつわる思い出がよみがえってきました。



ここでご紹介した作品はごく一部です。
なんせ、500メートルもある世界初?!の美術館!
きっとあなたの琴線に触れる作品もあるはず。
これだけの作品が無料で見られるなんて、行かないのはもったいないですよ〜。
地下鉄大通駅コンコースから地上に出る必要もないので、雪が降ってても大丈夫。
私たちの街・札幌のアートをたっぷり楽しみましょう

さっぽろアートステージ2007 アート・ストリート 500m美術館
2007年11月1日(木)〜11月30日(金)
地下鉄東西線「大通」駅と「バスセンター前」駅間



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔