2005年10月10日

アメリカン・スウィートハート 3



アメリカン・スウィートハート
(AMERICA'S SWEETHEARTS)
製作: 2001年、アメリカ
監督: ジョー・ロス
脚本: ビリー・クリスタル、ピーター・トラン
出演: ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ジョン・キューザック、ビリー・クリスタル

人気女優の妹で付き人をやっているキキだが、姉の夫に恋をする。

「アドルフの画集」の原題「MAX」こと。ユダヤ人マックスを演じたジョン・キューザックがラブコメ。何度かラブコメをやってるジョンですが、ラブコメの王子様ってもっとキュートなイケメンがやるんじゃ・・・。ジョンで女性のハートを鷲づかみできるのかなあ。私は好きですから全然いんですけれど。ジュリアとキャサリンのダブルキャストっていうのはすごいですが、設定にいくらか無理がある気がしますし、作品自体もそこまで面白いとは感じませんでした。

アメリカン・スウィートハート@映画生活

oboeru at 09:46トラックバック(3) 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「アメリカン・スウィートハート」  [ Beer and Tomato ]   2005年10月14日 04:45
<感想> ストーリーは、はっきし言って、ショボい。 大きな感動や爆発的な笑いを期待すると裏切られるかもしれない。 豪華5大スターの共演を楽しむ映画。 わがまま女優を嬉々として演じているキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、クセもの映画監督のクリストファー・ウォ...
2. DVD「アメリカン・スウィートハート」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2005年10月22日 17:00
大物宣伝マン(ビリー・クリスタル)が大物元夫婦俳優(キャサリン・ゼタ・ジョーンズとジョン・キューザック)の復縁を演出するのに悪戦苦闘するのが前半。そして、ゼタ・ジョーンズの付き人で妹であるジュリア・ロバーツがジョン・キューザックとくっつくまでが後半なん...
3. 【アメリカン・スウィートハート】★★★  [ ずんだ。blog ]   2005年10月30日 19:07
ジョン・キューザックのファンだけど、やっぱりハリウッドスターの役は無理があり過ぎ

コメント一覧

1. Posted by beertoma   2005年10月14日 04:46
TBありがとうございました。

微妙な作品ですよね。

出演している俳優たちが好きな人であれば楽しめるでしょうが、そうではない人は途中で見るのをやめるかもしれません。(私は前者ですが)
2. Posted by 結局映画かよ   2005年10月14日 22:25
>beetomaさん
コメントありがとうございます!私は何を隠そう、ジョン・キューザック目当てで観たのでした。はっきりしない男の役だったので、まだ「セレンディピティ」のほうが好きです・・・。