小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会

私たちは小保方晴子さんへの人権を無視した科学的根拠に基づかない不当な報道に抗議する、有志の会です。 小保方晴子さんへの不当な報道について抗議、糾弾するとともに、その背景、責任を追及して行こうと行動を起こしました。

 今月初めに新聞各紙で一斉に報道されましたが、匿名による告発を受けて東京大学の複数の研究室で不正疑惑が持ち上がり、現在予備調査がされています。

東大:医学論文に不正疑惑 4研究室対象、本部が予備調査 - 毎日新聞  2016/09/01 
http://mainichi.jp/articles/20160901/k00/00m/040/177000c

論文不正調査、22本に広がる 東大  :日本経済新聞 2016/09/05
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06910140V00C16A9CR8000

東大論文、別の11本にも不正疑い、予備調査開始:朝日新聞デジタル2016/09/05
http://www.asahi.com/articles/ASJ956WZ6J95UBQU009.html

 本調査が開始されるかまだ不確定ですが、STAP騒動で有名な元東大特任教授の上昌広氏によると、完全アウトな不正だとのことです。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47797

 新聞各社の報道では、匿名による告発があり予備調査に入ったという大学本部の発表と自社に送られてきた告発文を基にした報道があるのみで、識者・専門家に取材してコメントを取っているメディアは見当たりません。また、NHKでは報道自体がまったくされていないようです。STAP騒動では上昌広氏はマスコミに引っ張りだこでしたが、今回の不正問題についてはマイナーなネットメディアに記事が載っているのみです。

 科学の最高権威東京大学で起きた論文不正問題については、しっかりとした本調査を期待したいところですが、この不正疑惑に関して今までのところネット上でもあまり目立った議論は見当たりません。
科学ジャーナリストや研究者達の反応が、同じように匿名告発から始まったSTAP細胞論文不正問題の狂騒とこれほど違うのは一体どういうことなのでしょうか。


 STAP騒動初期からマスコミと研究者社会の問題を取り上げている「DORAのブログ」に今回の不正告発に関する詳しい記事がありますが、そ
の中でDORA氏はこう書いています。

http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/folder/79935.html
 「小保方氏の論文不正に対しては、場外乱闘も何でもありで、あれほど喧しく騒ぎ立てたマスコミも、この件に関してはいたって静かである。しっかし、東大の不正、巨悪に関しては見て見ぬふりしている人間が、「小保方の不正は許せん!」などと正義を気取って拳を振り上げてもなあ。しらけるよな。」

 結局、不正は許さないと言って小保方さんを叩いた人達は、何の権力もない個人に対しては徹底的に叩き続けても、権威・権力のある相手に対しては何もモノ申すこともないのでしょう。




肯定派の人も否定派の人も、活発な議論を宜しくお願いします。




レーザー等のエネルギーを利用した多能性細胞の誘導 



韓国 Physics細胞 国際特許 申請15年12月4日。公開が16年6月9日

 以下が翻訳文書です。 STAP現象(体細胞を刺激して記憶を消去し、初期化する原理)と同じ主旨の実験方法で(レーザー等エネルギーによる刺激のストレス)で細胞を初期化し、万能性を持つようになった事を発見したとあります。小保方さんの主張した原理の再現性が確認出来たのです。

 木星は小保方さんのSTAP細胞論文の要旨を聞いた時に「弱電流」や「超微振動」などのなんらかの「波形」ストレスでも可能なのでは、と想像して楽しんでいました。癌が出来た患部に弱電流を流して初期化して癌を退治する。そんな夢のある空想を小保方さんのSTAP細胞論文は与えてくれたのです。

 韓国はレーザー等のエネルギーで成果を出しました。体細胞をレーザー照射する事で多能性細胞に戻す事が可能なのです。現在、再生科学、生物学はパラダイムシフトを迎えたと言っても過言ではありますまい。近い将来、癌患部の完治や体に出来た痣やシミ、もしかしたら臓器や欠損した体の一部も再生が可能になるかも知れない。おそらく、現在の医療費より遥かに低コストです。再生医療は短期間で飛躍的進歩を遂げる事でしょう。

 果たしてそのとき、STAP細胞論文、小保方さんの発見した細胞初期化の原理を社会はどう扱っているでしょうか?


 さあ、この特許申請で流石に「STAP現象」を否定する事は完全に科学の道から外れている事が明らかになりました。木星は100年後、小保方さんの発明を潰したこのときの日本人たちの不明を世界がどんな風に笑っているか、それを見る事が出来ず残念であります。

 木星通信/上田眞実  mjp@mbr.nifty.com 



___________________________________________________________________ 

発明の名称:エネルギーを利用した多能性細胞の誘導装置及び方法
技術分野

[1]
本発明は、超音波、レーザーまたは熱処理などのエネルギーの提供を通じて、多​​能性の特性を持つ多能性細胞を誘導することができるエネルギーを利用した多能性細胞の誘導装置及び方法に関するものである。
背景技術

[2]
多能性(pluripotency)は、三種類の胚葉系統、すなわち外胚葉、中胚葉、および内胚葉に分化する能力である。多能性幹細胞は、それらが体内で任意の細胞または組織タイプを発生させるため、疾患モデルと移植で臨床的に重要である。したがって、胚性幹細胞、誘導多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell、iPSC)、体細胞と患者 - 由来の細胞のリプロ​​グラミングまたは分化の現在の主な要件は、臨床適用のために外来遺伝物質または化学物質または小分子の導入なし簡単で、高速、効果的かつ安全でなければならないというものである。

最近の研究では、環境と遺伝子型との間の相互作用は、生きている有機体の遺伝子発現と表現型の変化と密接に関連していることが証明された。構造、機械、磁気、超音波信号のような環境刺激を調節することにより、細胞の運命、増殖および細胞の吸収効率を調節することができる。これらのアプローチの正確な分子メカニズムはまだ不明か、これらの方法は、遺伝物質、化学物質、および小分子の導入なしに安全性を実装することができる代わりに、受け入れられるに値する。
[3]
この点で、本発明者らは、遺伝子や化学物質が存在しない条件で細胞環境の信号を利用したエネルギーの提供を通じて、未分化マーカーと外胚葉、中胚葉、および内胚葉からなる3胚葉のマーカー遺伝子を発現し、3胚葉に分化する多能性特性を持つ新しい多能性細胞、いわゆるPhysics(p luripotent sp h ere y ielded by ultra s on ic s timulus)細胞を誘導するための新しい方法を開発することにより、本発明を完成した。


    • 131. ちゃんと読んでね
    •  
    • 2016年08月28日 23:19
    • 2016年6月9日にSTAP特許を引用した韓国の「カトリック関東大学校産学協力団」の国際特許、「エネルギーを利用した多能性細胞の誘導装置及び方法」が公開されてるよ。

      「分化された細胞に超音波、レーザーまたは熱処理などのエネルギーを加えて、3胚葉に分化する多能性細胞、Physics(Pluripotent sp h ere y ielded by ultra s on ic s timulus)細胞を誘導する新しい方法を開発した。」 Physics細胞だって。

      ES培養培地と分化した細胞(繊維芽細胞、癌細胞または器官内の組織細胞)の混合物にエネルギー(超音波、レーザー等)を加えて一定時間培養をすると、スペロイド(spheroid)を形成して多能性をもつようになる。うーん、これはSTAP細胞だよね。

      https://patentscope2.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=WO2016089178&recNum=1&maxRec=&office=&prevFilter=&sortOption=&queryString=&tab=PCT+Biblio

00)

制限>131.ちゃんと読んでねさん
「分化された細胞に超音波、レーザーまたは熱処理などのエネルギーを加えて」
の物理的刺激は、STAP特許の下記の<< >>項目に該当との指摘。研究としてはSTAPそのもの。

【請求項13】
 ストレスが以下から選択される少なくとも1つの環境刺激への細胞の曝露を含む、請求項1~12のいずれか1項記載の方法:外傷、機械的刺激、化学的曝露、<<超音波刺激>>、酸素欠乏、照射、<<極度な温度への曝露>>、解離、トリチュレーション、<<物理的ストレス>>、高浸、透圧、低浸透圧、膜損傷、毒素、極度のイオン濃度、活性酸素、UV曝露、<<強可視光>>、必須栄養の欠乏、または非生理的酸性環境。



  • 142. ちゃんと読んでね
  •  
  • 2016年08月29日 21:44
  • >134 制限さん
    確かにSTAP特許は請求項13でちゃんと抑えてますね。
    エネルギーは物理刺激だし、スペロイド(spheroid)って細胞塊のことかな。この特許でも、「Physics細胞の発生が物理的刺激と密接に関連している」と書いてるし、STAP細胞の再現に成功という話ですね。もっとも、酸浴よりも機械的だからこちらの方が再現性は高そうだけど。もう、ここまでくると、「おぼちゃん、やっぱり無罪」でいいと思うな。
 



 コメント欄に投稿ありました情報です。 小保方さんの発明した理論は多くの研究者に影響を与え、インスパイアを引き起しています。否定しているのは日本だけです。


http://lunedi.sblo.jp/article/176493937.html



 これを作為的に作り出したのが小保方さんの主張する「STAP現象」により産出された細胞「STAP細胞」であるという理解で宜しいかと思います。

参考文献として小保方さん筆頭の論文「STAP細胞論文」が紹介されています。

45)

鳥居敬子氏のツィート

50)



 理研の研究論文調査結果のリンクを貼っておきます。
理研のHPトップからは飛べなくなっていますから。

http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140327_1/ 

 議論が進行しましたので、新たに頁を開きたいと思います。

議題【STAP細胞の動画は
マクロファージによる死細胞の貪食画像だったのか?

毎日新聞記者 須田桃子『捏造の科学者』 P.152 より~
緑色発光動画の種明かし から

「目の前の研究者は、今回の騒動に憤りをあらわにしていた。私が、ネット上で免疫系の研究者らに指摘されている、「STAP細胞動画=マクロファージによる死細胞の貪食画像」説について聞くと早速スマートフォンで動画を見せながら説明してくれた。マクロファージはアメーバ状の免疫細胞で、活発に動き回りながら、病原体や異物、死んだ細胞を飲み込み、食べて行く。「この細胞をずっと見ていて下さい。ほら、緑に光始めると一瞬、完全に停止するでしょう?これが細胞が死んだからだと言われています。それからまた動き出すけど、それはマクロファージに飲み込まれ、引きずられているだけなんです」。目を凝らすと、研究者が言うようにマクロファージらしき透明な物体の輪郭も見えた。不思議なもので、一度そう聞いてしまうと、動画もう、マクロファージが死んだ細胞を次々に食べて行く様子にしか見えない。」

引用終わり〜


  これを読んで改めてネイチャーWeb版に投稿されましたSTAP細胞を観察した動画を確認しました。
すると、STAP培養皿の中でマクロファージは活動出来るのか、自家蛍光した細胞は6日間光り続ける事は可能なのか、という疑問が湧きました。
7月26日に疑問を公開し、議論を呼びかけました。
『須田桃子記者著作『捏造の科学者』のマクロファージについて。』


画像で6日間光続けている細胞がある。という事と、中央に出来た細胞の塊はサイズが大きくてマクロファージが引っぱり回しているようには見えず、STAP細胞塊が出来ているように見える。
という根拠を動画より書き出しします。


19)

51秒頃

38)

1分25秒頃


04)

最終コマあたり〜

 須田記者の結論通りなら、STAP細胞論文共著者達全員、それに気がつかなかったってあり得ますか?笹井博士、若山照彦博士、丹羽仁史博士、大和博士、皆さん研究者として20年近いキャリアの持ち主ですよね。

 それで、STAP細胞が自家蛍光した細胞を引っぱり回していただけなら、STAP幹細胞がES細胞FES1/2であったという結論と矛盾します。その結論を肯定するなら、ES細胞を誰かが実験中にすり替えたからだ、とすると、STAP細胞が胎盤まで寄与したという結果とも矛盾します。

 胎盤まで出来たとする画像を誤認したのなら、論文共著者全員の責任であり、その実験を担当した若山照彦博士の責任は重大であろうし、この動画をSTAP細胞が存在する証だとして発表した理研の責任も重い。

 _______________ 結論と問題点___________

 この動画を撮影したのは小保方さんではない。
 STAP細胞が胎盤まで寄与したと証明したのは小保方さんではない。
 STAP細胞論文は共著者8人、論文作製の為に実験に参加した研究者は若山照彦博士と丹羽博士。
 笹井博士が実験を援助したのは論文に使うSTAP幹細胞が全て成功した後。

 動画の最終コマにはずっと生きている細胞が確認出来、塊も存在する。
 STAP細胞は捏造であるとする結論はこの動画が否定し、かつSTAP細胞事件は小保方さん一人の責任 で全くない。

 小保方さんはSTAP細胞の成功例をHPで示しており、「STAP細胞は捏造」だとする結論は時期尚早 である。STAP幹細胞、FI幹細胞のライブイメージングセル、またはその画像、実験ノートを理研、 若山研は公開すべきだ。小保方さんは既に記者会見で釈明し、HPでその証を立てた。

 説明責任を果たしていないのは理研と若山研である。
 小保方さんの指導者である東京女子医大の大和博士も同罪である。

 以上の結論を導き出しました。活発な議論を期待致します。

_________________________________________

今までの議論経過〜

.さんより
STAP細胞実験環境下のpH5前後は酸性マクロファージには好条件。
マクロファージの平均寿命は数日から数ヶ月、この画像観察中に死滅はしない。
マクロファージ同士が接着して、大きな塊になる事もある。

ソンビさんより
若山氏がSTAP細胞作製にことごとく(一回を除いて)失敗したと判断したのは、簡単にできる自家蛍光すら見なかったのでしょうか?
●笹井氏は、ライブセルイメージングの他に、FACS、PI色素などで自家蛍光でないことを確認している。
●論文でのOct4の発現は、GFP蛍光、免疫染色、定量PCR、メチル化実験などで確認されている。
●小保方氏は、赤フィルターで自家蛍光ではないことを確認している。


とらいんさんより
マクロファージは食べた細胞を酵素で消化しませんか?
マクロファージの体内で残り4日間死んだはずの細胞たちが
内部で自家蛍光を発色するのでしょうか?
死にかけの細胞郡は死んだあとでも、発光するのか、
マクロファージが消化した内部から発光できるのでしょうか?
死んだら細胞は発光しなくなるのではないのでしょうか?

.さんより
マクロファージは、死細胞を加水分解酵素などで、分解、消化しながら、新たな死細胞を取り込んでは、消化していきます。酸処理された細胞集団は、いきなり全部死んでいっているのではなく、時間経過と共に徐々に死んでいきます。
それぞれの細胞の活きの良さに従ってです。
動画の3日目までは、ほとんどの細胞が活きがよく、そのままで、4日目くらいから、徐々に細胞死が増えていくと考えると矛盾がないようになると言う説明です。

消化される前の取り込まれた細胞は、自家蛍光を発しています。
取り込まれた死細胞は数時間で消化されますが、一瞬で消化が終わり、消えていくわけではないですし、徐々に死んでいく複数の新たな死細胞が次々とマクロファージ内に取り込まれていくので、マクロファージ内は常に自家蛍光が出ている死細胞が存在する状態になっているはずです。

動画のコマ数を計算すると発光する時間はおそらくリミット内です。

科学的に成り立つか?
と木星さんが問題提議されましたので、矛盾はないだろうと言う説明をしただけですが、小保方さんの問題ではなく、理研のオペレーターの問題ですから、これが捏造なら、そのオペレーターも共犯となります。
ストレスを受けて生き残った細胞もダメージを受けているので、時間とともに徐々に死んでいき、生存細胞は曲線的に少なくなっていきます。
死ぬものだけが一度に全滅するのではありません。
小保方さんのArticleのFigure 1dにその様子がグラフ化されています。
横軸が経過した日数で、縦軸の棒グラフの頂点が同一空間内に残っている生存細胞の総数です。
Oct4-GFP陰性細胞の数だけ見れば、4日目くらいまでは正しそうな減衰曲線を描いていると思います。
しかし、5日目から生存細胞の全体数が若干増えていくのは、科学的にはおかしいです…
動画をみていると、マクロファージによる運動で、蛍光している塊が視野外に出たり、戻ったりしているので、3日目以降の生存細胞の総数はあてにならないのかなぁと。 

 


 掲示板で紹介ございました、小保方氏の冷凍庫に存在したLi氏のES細胞について、Li氏本人にインタビューした記事を確認いたしました。

http://expo70.xyz/interview-with-Prof-Li.html

写真週刊誌フライデーの記事を否定しています。

概略すると以下の事柄が確認出来ました。




■ 作製したES細胞は四箱あり三箱が若山研、一箱 が小保方氏冷凍庫に残った。

■ 若山研に保存してあるので細胞を探す事は無い。

■ 週刊誌の記事はウソである。

■ 若山研で研究する事も考えたがポストが無かった。 

■ 細胞が見つからないから山梨大にいかないとは冗談みたいです。

■ 最後に細胞の箱を見たのは帰国前のチエックでした。13年の2月まで若山研の冷凍庫に保管されていた。箱山梨大に移るという結論を出したがその後行方不明になりました。

■ 残りの3箱は正常に山梨大学に保管されている。

■ 警察が3箱の指紋をチェックするようにすれば全てが解る。

■ 今回の刑事事件は警察の怠慢である。私に数時間事情聴取した。(不起訴は)変な結論だ。

Published at 7/31/2016

更新日 16年7月31日ですから、最新情報ですね。


 ☆ 疑問

■ 四箱あるうち、三箱を山梨大に運び一箱が理研の小保方氏冷凍庫(専有の実験室が出来るまで、間借りの実験室に仮置き)に保管していた。それでは2014年の6月に発見したとしてそれまで一箱に気がつかなかったのなら、MTAをかけてない、という事になります。書面での移管管理はされていなかった、という事になります。STAP以外の若山研の理研と交わした移管手続きMTAは細胞の樹立日ではなく、保存日の記載ですので、Li氏の細胞をMTAで照合する事ができないのです。悔しい事に。

■ フライデーには『リ氏は細胞を紛失したので山梨大での研究を断念した』
と書かれていますが、本人がそれを否定しています。
誰かがデタラメの情報を記者に与え誤報記事を作らせていたのです。それは誰か?
フライデーへの情報提供者は山梨大学教授の若山照彦博士の妻で同じ研究室所属で現在は山梨大学助教の若山清香氏です。
私はフライデーに記事を書いた津田哲也記者からハッキリとこの耳で聞きました。

木星が調べると、フライデーの上記リンク記事には殆ど本当の事が書かれていません。
同誌はこの冤罪責任をどうとるつもりなのでしょうか。
編集長も編集者も既に異動になっていて、連絡がつかないのです。卑怯な事に。

読者はウソの情報を信じて購読した事になります。これは詐欺と同じでは?
そして、不起訴になり、公文書に「引越の残りもの」と書かれているのに、あたかも小保方さんが引越の時に細胞を窃盗した、と誤認させるフライデーのWeb記事はオンラインに存在しています。このような事は公序良俗に反します。これは許されるのでしょうか。小保方さんになら、どんなウソを書いても許されるのでしょうか。

■ Li氏は指紋を調べろというような事を言っていますが、マイナス80度のフリーザーボックスに指紋が残っていたら大変な事になりますよ。小保方さんはそれを素手で触っていた事になります。
家庭用冷蔵庫は基本マイナス10度くらい。
それでも、掃除するときは手袋や軍手を嵌める人も多いでしょう。その八倍低温ですよ。
ちょっと想像がつかないくらいの低温です。触ったら皮膚が剥がれるのでは?
ですので、小保方さんの指紋が出て来たら小保方さんは『超人』だと言う事になりますが。
『超人ハルコ』←×


■ ユニットリーダーになった小保方さんがわざわざ細胞を箱ごと盗むリスクを犯す意味は何でしょうか?自分で買ったり、貰ったり、いくらでも出来るわけですよね。

 

↑このページのトップヘ