小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会

私たちは小保方晴子さんへの人権を無視した科学的根拠に基づかない不当な報道に抗議する、有志の会です。 小保方晴子さんへの不当な報道について抗議、糾弾するとともに、その背景、責任を追及して行こうと行動を起こしました。

 本日BPO放送人権委員会は、NHKスペシャルの放送に名誉棄損の人権侵害があったと認定し、NHKに対して再発防止を求める委員会勧告を出しました。

http://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/brc/determination/2016/62/dec/k_nhk_62.pdf

Ⅲ 結論

 以上の検討から、STAP細胞とされるES細胞は若山研究室の元留学生が作製し、申立人の研究室で使われる冷凍庫に保管されていたものであって、これを申立人が何らかの不正行為により入手し混入してSTAP細胞を作製した疑惑があるとする事実 摘示については、名誉毀損の人権侵害が認められる。

 なお、本件放送が公式発表に頼らず、疑惑を検証していく調査報道であることからすると、本件放送が人権侵害に当たるという判断が報道の自由に及ぼす影響を懸念す る見方もあるいは生じるかもしれない。しかし、名誉毀損の人権侵害に当たるとの判 断に至った主な要因は、2.(2)で関係部分の構成として整理した⑤までの場面と⑥との間に連続性が認められたことにある。つまり、NHKの取材が不十分であったと いうよりもむしろ、場面転換のわかりやすさや場面ごとの趣旨の明確化などへの配慮 を欠いたという編集上の問題が主な原因であった。このことは2.(3)c)で詳しく述べたところであるが、改めて端的に説明すれば、そのような編集の結果、一般視聴 者に対して、単なるES細胞混入疑惑の指摘を超えて、元留学生作製の細胞を申立人 が何らかの不正行為により入手し、これを混入してSTAP細胞を作製した疑惑があると指摘したと受け取られる内容となっている点が問題なのである。

 こうした編集上の問題を避けることがそれほど困難だったとは思われないことをも考え合わせると、本決定の結論が、今後の調査報道に対して萎縮効果を与えるという 見方は適当ではない。

 次に、番組制作過程での申立人への取材方法に行き過ぎがあった点で放送倫理上の問題も認められる。

 さらに、Ⅱ.3.及び5.で指摘したように、人権侵害や放送倫理上の問題があったとまでは言えないが、科学報道番組にふさわしくない演出や、申立人に対する印象 を殊更に悪化させるような箇所も見られる。

 以上で指摘した本件放送の問題点の背景には、STAP研究の公表以来、若き女性研究者として注目されたのが申立人であり、不正疑惑の浮上後も、申立人が世間の注 目を集めていたという点に引きずられ、科学的な真実の追求にとどまらず、申立人を 不正の犯人として追及するというような姿勢があったのではないか。

 委員会は、NHKに対し、本決定を真摯に受け止めた上で、本決定の主旨を放送するとともに、過熱した報道がなされている事例における取材・報道のあり方について 局内で検討し、再発防止に努めるよう勧告する。

 
このBPO勧告に対してNHKは「客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したもので、人権を侵害したものではない。」と反論しています。http://www.sanspo.com/geino/news/20170210/sot17021017230008-n1.html
NHKニュース7では、付記された「少数意見」を紹介し、自己正当化を図りました。反省の見られないNHKには、小括にある下記文章を百遍読んでいただきたい。※1)上記を以下に変更しました。
 『単なるES細胞混入疑惑の指摘を超えて、元留学生作製の細胞を申立人 が何らかの不正行為により入手し、これを混入してSTAP細胞を作製した疑惑があると指摘したと受け取られる内容となっている点が問題なのである』と、NHKが行った名誉毀損を認定し、今後の改善を求めたこのBPO勧告は、日本のジャーナリズムが正しく機能するために、報道の自由を守るためにもマスコミ自身による自浄作用を求める、とても有意義な勧告であると言えるでしょう。

「BPOの厳正な委員会勧告を期待」
http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1059827109.html


 ところが、このBPO勧告に対してNHKは
「客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したもので、人権を侵害したものではない。」と反論しています。
当日のNHKニュースでは、勧告に付記された「少数意見」を強調して紹介し、自己正当化を図りました。
 しかし実はこの少数意見に於いても「人権侵害とまでは言えないまでも、放送倫理上問題あり」とされているもので、それにもかかわらずこのニュース内での紹介の仕方は、まるで委員の中にNHKの主張を認める意見があったかのように
印象操作されたものでした。これは勧告で指示されている「本決定の主旨を放送」したものではまったくなく、BPO勧告の趣旨を完全に無視したものです。
*当日のNHKニュース7の動画(※2)

 このように、
まったく反省の見られないNHKには、勧告文の小括にある下記文章を百遍繰り返し読んでいただきたいと思います。


不正疑惑の発覚後、申立人は心的外傷後ストレス障害(PTSD)で治療を受ける事態に至っている。これは申立人に対するマスメディアによる、あるいはインターネット上での過熱したバッシングが数か月にわたって継続したことなどの結果であり、本件放送の影響は全体から見れば一部に過ぎないとはいえ、本件放送がNHKの看板番組の1つである『NHKスペシャル』として全国に放送され、相応の社会的影響があったことからすれば、本件放送による名誉毀損によって申立人の受けた被害は小さいものではない。
 

「本件放送による名誉毀損によって申立人の受けた被害は小さいものではない。」

 このBPO勧告に対して「人権を侵害したものではない」と嘯くNHKの人権感覚の鈍麻には驚くばかりです。

※1)2月16日:文章の一部を修正しました。 
※2)2月19日:リンク先のNHK NEWS WEB動画が削除されたため、You Tubeにあった動画に差し替えました。 

「明日をひらく、多様な言論の広場」

広い視野に立って物事をながめ、自分のアタマで判断する。そのためには、前段として、異なる立場の論者による多面的な言論に接することが欠かせません。「今を読み解き、明日を考えるための知的な材料を提供する、多様な言論の広場」――。WEBRONZAはそれを目指します。社内外で活躍する第一線の筆者陣とともに、日々のニュースに敏感に反応しつつ、深い知見に裏打ちされた意見や解説、表層にとどまらない構造的分析、歴史的な考察などを幅広く紹介する「言論の広場(プラットフォーム)」でありたいと思います。

 

 これは、朝日新聞社のWEBRONZAというネット媒体のコンセプトだそうです。

 「広い視野に立って物事をながめ、自分のアタマで判断する」ために、異なる立場の論者による多面的な言論を目指して厳選されたライター達による「多様な言論の広場」であるWEBRONZAでは、サイト内検索でSTAPと検索すると「杉浦由美子」という名前がずらずらと並んでいます。

http://webronza.asahi.com/search/index.html?word=STAP

 

『小保方晴子氏が「婦人公論」で新連載を開始』
「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーになりたい
杉浦由美子 2017年01月12日

『ネット保守はなぜ反SEALDsなのか(下)』

動機が不明のときにマスコミなどの権力に反発するのは情報不足が原因か
杉浦由美子 2016年08月15日

『ネット保守はなぜ反SEALDsなのか(上)』

マスコミと理研に叩かれた小保方氏を擁護したのは中年層か
杉浦由美子 2016年08月09日

『なぜ「不倫」がいま注目されるのか(下)』
不倫は当事者以外の人へのセクハラにもなる
杉浦由美子 2016年05月23日

『受験に失敗した子供を親はどうケアするべきか』
不本意な進学先で、花を咲かせるためには
杉浦由美子 2016年3月28日

『なぜ小保方氏への同情論が消えないのか(下)』

マスコミを利用したツケを払うのは当たり前では
杉浦由美子 2016年03月16日

『なぜ小保方氏への同情論が消えないのか(上)』

「女は責任をとらなくてもいい」という弱者意識
杉浦由美子 2016年03月14日

『上野千鶴子氏の一番弟子が語る小保方氏手記(下)』

「女の子」を売りにすることは果たして得なのか?
杉浦由美子 2016年02月24日

『上野千鶴子氏の一番弟子が語る小保方氏手記(上)』

STAP細胞問題をジェンダーの視点で読む

杉浦由美子 2016年02月23日


 この杉浦由美子という人物については、WEBRONZAの著者紹介でこのように紹介されています。
 

杉浦由美子(すぎうら・ゆみこ) ノンフィクションライター

1970年生まれ。日本大学農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業後、会社員や派遣社員などを経て、メタローグ社主催の「書評道場」に投稿していた文章が編集者の目にとまり、2005年から執筆活動を開始。『AERA』『婦人公論』『VOICE』『文藝春秋』などの総合誌でルポタージュ記事を書き、『腐女子化する世界』『女子校力』『ママの世界はいつも戦争』など単著は現在12冊。

 

 杉浦由美子氏が書いた上記の記事には、思い込みと決めつけに基づき小保方さんに対するあらゆる誹謗中傷の言葉が並んでいて、とてもまともに読む気にはなれませんが、WEBRONZAでは、昨年「あの日」が出版された際には、この杉浦由美子氏の一連の記事の他にもこういった記事が掲載されています。

『小保方さんの「文章」、ほんと面白かった』

科学少女マンガ版も読みたくなる読後感
青木るえか 2016年02月17日

『おぼちゃん『あの日』は「先生と私」トークだらけ』
「褒められたい」というモチベーションを切り替えられなかった研究者
矢部万紀子 2016年02月17日


 いずれのライターの文章も、小保方さんへの人格攻撃の言葉が並んだ読むに堪えないものばかりでしたが、これも朝日新聞社が掲げる「明日をひらく、多様な言論の広場」としての「言論の自由」ということなのでしょう。
 

 ところで、このようにWEBRONZAには小保方さんの手記出版や雑誌連載に対する論評が並んでいるわけですが、ライター達のラインアップがこれではあまりに一方向に偏り過ぎではないでしょうか。「異なる立場の論者による多面的な言論」である為には、例えば瀬戸内寂聴氏のような立場の方の意見があって初めて「多様な言論の広場」と言えます。しかし、そのような論調の記事はWEBRONZAにはただのひとつもありません。手記出版に際してはひたすら小保方さんを誹謗中傷する記事だけを並べるのがWEBRONZAの編集方針だったということなのでしょう。これの一体どこが「明日をひらく、多様な言論の広場」だと言うのでしょうか。
 しかし実は「あの日」出版以降WEBRONZAで一貫していた小保方さんへの人格攻撃路線とはまったく毛色の異なる記事が一本だけ出ていました。

『米国とドイツでSTAP細胞関連の論文発表』
不都合な事実を無視するマスメディア
湯之上隆 2016年07月13日

http://webronza.asahi.com/science/articles/2016071100001.html

 

 この記事では報道の偏りと不自然さについての論考がされていて、この記事が掲載されたことについては「多様な言論の広場」としての機能を果たしているのかなと一瞬見えたのですが、その裏では編集部との間のゴタゴタの末に、湯之上隆氏がWEBRONZAの執筆陣から外されるという事態となってしまいます。このゴタゴタを簡単に言えば、編集方針に添わない記事を書かせろと湯之上氏がうるさかったので外されたということのようです。そしてこれは「編集権がきちんと機能している」のとは正反対の話で、この顛末の詳しい事情は、湯之上隆氏本人が別の媒体に書いています。

 

『朝日新聞、「海外STAP細胞論文発表」記事の掲載を一旦拒否…何度も執筆者に修正要求』

http://biz-journal.jp/2016/08/post_16176.html

『私が朝日新聞の意向に反する記事を書いてクビになるまで…異論抹殺体質で誤報連発』

http://biz-journal.jp/2016/08/post_16419.html

 この朝日の対応には「多様な言論の広場」としての機能不全が如実に出ていて、朝日はジャーナリズムの精神すらもなくしてしまっているようです。朝日新聞社は、「明日をひらく、多様な言論の広場」の看板を掲げたウェブサイトに杉浦由美子氏らの一方的な誹謗中傷だけを垂れ流しながら、異論を排除していることについて、自ら掲げた理念に照らして恥を知るべきでしょう。 


WEBRONZAとは?

「婦人公論」1月24日号より、「あの日からの記録」ということで「小保方晴子日記」の連載が始まりました。
http://www.fujinkoron.jp/number/003522.html

未だ健康状態は良くないようで、PTSDによるものなのか、ずっと見ていなかった日本語のテレビを久しぶりに見たら眩暈や吐き気が襲ってきてしまったとのこと。つくづくNHKを初めとしたマスコミが犯した罪の大きさを感じます。

まだまだひとりで外出も出来ない状態は続いているようですが、「何かを始めたい」と一歩を踏み出した小保方晴子さんに「有志の会」からもエールを送りたいと思います。皆様からも温かい声援をよろしくお願いします。

※本エントリーでは、小保方さんへの応援コメントのみ受け付けます。(議論不可)

「結論ありき」の非専門家ブログが社会を混乱させている:世界三大不正STAP事件の正しい理解を社会に広める会 というブログがあります。
 専門家と称する匿名の現役研究者の方を中心に、複数の管理人によって運営されているサイトで、STAP細胞問題について科学的に正しい理解を広めることを目的としているそうですが、更新される記事群を見る限り科学的な正確さは二の次にして、小保方晴子さんを応援する人達や小保方さんの悪口を言い合う場となっているようです。
http://blog.livedoor.jp/peter_cetera/archives/9676749.html

 こういうのでは話になりませんが、科学的に正しい理解ということ自体は大切なことで、STAP細胞問題に関する間違った情報が広がることを危惧する科学者が「正しい理解」を啓蒙する為に書いたものとしては、
ハーバービジネスというネットメディアに『いまだ根強い「本当はSTAP細胞はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由』という記事が9月の末頃に出ていました。

クマムシ博士として有名な堀川大樹氏が書いたこの記事は、「ドイツでSTAP細胞作製に成功!」という噂が流れていたことに対して、現役研究者の方が書かれた大変真摯な内容だと思いますが、これも大事なところで誤解されている部分があり、ソースをきちんと読み込まずに堀川氏の中に形成された、実体のはっきりしないイメージに対する反論記事となっていました。
参考:「科学リテラシーとメディアリテラシー


 有志の会でも、研究者だという方からのコメントを頂くことも多く、一般の人達の理解不足を補正して頂くことも多々ありますが、中には肝心なところで不確かな根拠に基づき逆に間違った情報を事実であるかのごとく話す人もいます。
 情報は受け取る側のリテラシーも重要ですが、そもそも発信する側に思い込みや決めつけがあっては正しい理解を社会に広めること即ち「啓蒙」することにはなりません。
特に専門性の高い科学問題に関しては、判断基準を権威に頼らざるを得ないために、ことに発信者の信用度が重要になって来ます。

 私達はこれまでNHKを初めとしたマスコミ報道が如何に偏っていたのかを明らかにしてきましたが、それに関する議論において匿名で専門家を自称する人達から示される見解には、信頼に足るものは残念ながらあまりありませんでした。
科学的に正しい理解を広めるためには、イメージでものごとを決めつけるのではなく、一般の人達から抱かれている多くの疑問に対して、基本的事実をしっかりと踏まえた上での、本物の専門家による真摯な対応が必要となって来るでしょう。


 近々
BPOではNHKの報道による人権侵害問題について委員会決定が出されることになると思われます。NHKが引き起こした問題に対してどこまで踏み込んだ言及がされるか分かりませんが、STAP事件の構図の一端でも見えてくれば事態は大きく動き始めることになるでしょう。その際には、騒動当時のマスコミによる強烈な刷り込みから逃れられない自称専門家ではない、ものごとを結論ありきで決めつけることのない、正しい議論が進むことを期待しています。

 今月初めに新聞各紙で一斉に報道されましたが、匿名による告発を受けて東京大学の複数の研究室で不正疑惑が持ち上がり、現在予備調査がされています。

東大:医学論文に不正疑惑 4研究室対象、本部が予備調査 - 毎日新聞  2016/09/01 
http://mainichi.jp/articles/20160901/k00/00m/040/177000c

論文不正調査、22本に広がる 東大  :日本経済新聞 2016/09/05
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06910140V00C16A9CR8000

東大論文、別の11本にも不正疑い、予備調査開始:朝日新聞デジタル2016/09/05
http://www.asahi.com/articles/ASJ956WZ6J95UBQU009.html

 本調査が開始されるかまだ不確定ですが、STAP騒動で有名な元東大特任教授の上昌広氏によると、完全アウトな不正だとのことです。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47797

 新聞各社の報道では、匿名による告発があり予備調査に入ったという大学本部の発表と自社に送られてきた告発文を基にした報道があるのみで、識者・専門家に取材してコメントを取っているメディアは見当たりません。また、NHKでは報道自体がまったくされていないようです。STAP騒動では上昌広氏はマスコミに引っ張りだこでしたが、今回の不正問題についてはマイナーなネットメディアに記事が載っているのみです。

 科学の最高権威東京大学で起きた論文不正問題については、しっかりとした本調査を期待したいところですが、この不正疑惑に関して今までのところネット上でもあまり目立った議論は見当たりません。
科学ジャーナリストや研究者達の反応が、同じように匿名告発から始まったSTAP細胞論文不正問題の狂騒とこれほど違うのは一体どういうことなのでしょうか。


 STAP騒動初期からマスコミと研究者社会の問題を取り上げている「DORAのブログ」に今回の不正告発に関する詳しい記事がありますが、そ
の中でDORA氏はこう書いています。

http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/folder/79935.html
 「小保方氏の論文不正に対しては、場外乱闘も何でもありで、あれほど喧しく騒ぎ立てたマスコミも、この件に関してはいたって静かである。しっかし、東大の不正、巨悪に関しては見て見ぬふりしている人間が、「小保方の不正は許せん!」などと正義を気取って拳を振り上げてもなあ。しらけるよな。」

 結局、不正は許さないと言って小保方さんを叩いた人達は、何の権力もない個人に対しては徹底的に叩き続けても、権威・権力のある相手に対しては何もモノ申すこともないのでしょう。

↑このページのトップヘ