代理人より返信がありました。

参考人の一人として、事情をきかれたのは事実だが、その場所と日時は控えさせて下さい。

県警から事情聴取の打診があった時は一切公表しませんから、と言われていた。

昨夜ニュースになった際は出所が不明なため全面否認しました。

との回答を得ました。

石川智久氏が神戸県警に被疑者不詳で訴えていますから、STAP細胞実験に関わった人全員が容疑者で、若山博士夫妻も勿論、事情聴取されているでしょう。(去年夏頃に事情聴取された、と情報リークがありました)

管理人は石川氏が盗まれた(行方不明になった)と告発した李氏ES細胞は小保方晴子さんに「不要な細胞は残しておくので、そちらで処分するように」と若山博士からメールで指示されていたという情報を早い時期に情報を入手していました。一万字を超える原稿も仕上げましたが、記事化される事はありませんでした。

小保方晴子さんの実験室の鍵が付け替えられた、というのも事実ではなく、誰でも出入り出来たようです。

三木弁護士の証言が本当なら、「フライデー」に掲載された記事はほぼ事実ではない事になります。
どういう事なのでしょうか。

※本日2万アクセス超え致しました。有り難うございます。

沢山のメッセージ有り難うございます。

「あの日」の感想は付録されているハガキを使って講談社に送って下さい。
メールでも感想を送れます。
anohi@kodansha.co.jp

そして、こちらにも小保方晴子さん宛のメッセージを頂く事があるのですが、直接届ける事は出来ないのです。小保方晴子さんの代理人、三木秀夫弁護士のHPより「お問い合せ」へ送付するようお願い致します。

image

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2705799.html
image