STAP報道の人権侵害勧告について、在京キー局との意見交換会が行われ、BPOホームページでその内容が公表されました。NHK側は人権侵害の再発防止勧告を受けた番組の印象操作についてこんなことを言っています。

『申立人が主張してきて初めて、ああ、そういうふうに見られているのだということが分かった。』
http://www.bpo.gr.jp/?p=9201&meta_key=2017


 NHKは悪意ある編集で人権侵害をしたことについて反省する気持ちは微塵もないようです。あれだけ悪意に満ちた番組構成をしていながら、あれほど甚大な報道被害を招いていながら、平気ですっとぼけています。

(NHK)『最高裁判決でいうと、ホウレンソウの値段が暴落しているので、一般視聴者も多分そう見ただろうと思う。ただ、今回のSTAPについては、我々はモニターからリポートを取っていて、この番組が終わった後、視聴者の皆さんからモニターを取ったが、その100件余りの中でも、要するに盗んだという決定と同じように番組を見たという人はいなかったし、そういう抗議も来なかった。申立人が主張してきて初めて、ああ、そういうふうに見られているのだということが分かった。』

 NHKがここで挙げているダイオキシン報道でのホウレン草の値段の暴落と対比されるべきは、番組放送翌日にアゴラの池田信夫氏が書いた『小保方氏はなぜES細胞を盗んだのか』に代表される泥棒呼ばわりの風評被害や、石川智久氏による窃盗罪での刑事告発(※註)という結果であって、価格暴落同様の実害(番組放送に起因する名誉棄損と、これら言われなきバッシングによるストレス障害)が起きているのに、言い訳するにもピント外れが過ぎます。結局、NHKは自分たちが犯した間違いがあまりに大き過ぎたが故に、すっとぼける他ないのでしょうか。

 NHKスペシャルで不正の黒幕扱いをされた笹井芳樹氏が亡くなった201485日には、こんなニュースがありました。

 『これまで事実に反する答えをしてきたことを率直に謝罪する。』袴田事件の証拠隠しに関する検察の謝罪)

http://megalodon.jp/2014-0805-2155-36/www3.nhk.or.jp/news/html/20140805/k10013573281000.html
 『吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。』従軍慰安婦問題に関する朝日新聞の訂正)

http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html

 袴田事件での検察の証拠捏造も、従軍慰安婦問題での朝日新聞の捏造記事も、ずっと前から分かっていた嘘を告白するのに30年もかかりました。NHKが自分達の犯した過ちを認めるのはいつになるのでしょうか。


石川智久氏による刑事告発は、当初は小保方氏を名指しで窃盗犯とした告発状が神戸水上署に提出されていましたが、それが不受理となった後、兵庫県警本部で「被疑者不詳」の窃盗事件に変更された告発が受理されていました。そしてその1年後に神戸地検は不起訴とし「事件の発生自体が疑わしい」と異例のコメントを出しています
http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1057520851.html