2017年07月11日

KINDA LATIN/CLIFF RICHARD

R-4020236-1353719698-1392_jpeg
クリフ・リチャード御大(76歳)のラテン・アルバム(1966年リリース)にハマッております。かなりいいです。いや、メチャいいです。収録曲の何曲かは好きで聴いていたのですが(特にポール・アンカのカバー「ボサノバでキッス」)、アルバム通して聴くのは初めて。「恋はボサノバ」「イパネマの娘」「ワン・ノート・サンバ」とか、そっち系のカバーに混ざって何故かディランの「風に吹かれて」が・・・これがヤバイ。シビレました。私の夏ソング2017に決定です。

obscuredesire at 12:12|PermalinkComments(0)

2017年06月18日

THE GREAT ROCK'N ROLL SWINDLE/SEX PISTOLES

71ZS7-0wf+L__SL1087_
結構前ですが、こんな展示会@原宿に行ってきました。ぶっちゃけ、前評判ほど大規模なものではありませんでしたが、色々珍しいものを見ることができて楽しかったです。帰宅後、酒飲みながら聴いたのがこちらのアルバム。理由は「勝手にしやがれ」のCDが見つからなかったから。けど、意外とこのアルバムの方が愛着あったりする私です。




obscuredesire at 19:23|PermalinkComments(2)

2017年05月22日

CLUBE DE ESQUINA/MILTON NASCIMENTO

61lCsPhtiXL__SX425_いやー、サンタナの武道館、よかった。燃えたぜ。そんでもって、その三日後にポール・マッカートニー。これまた、あっと言う間の二時間半でした。「美女と野獣」には全く入り込めませんでしたけど(笑)。

そうこうしているうちに五月も後半、もう初夏です。窓を全開にして、風を感じながらの昼寝とか、最高ですね。ミルトン・ナシメント、72年の名作。


obscuredesire at 22:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年04月25日

THE MANY FACETS OF ROGER/ROGER

51OvQAs3Z9L__SX425_
今さらですが、『ラ・ラ・ランド』はよくできた映画でした。ミュージカル嫌いの私も楽しめる傑作エンターテイメント作品。で、そんな作品を抑えてアカデミー賞作品賞を獲得したのが『ムーンライト』。「一体、どんな映画なんだろう?」と予備知識ゼロで観に行きましたが・・・なるほど。「これがアカデミー賞を取るのが今のアメリカなのか」みたいな。それはさておき、クライマックス・シーンで私の大好きなあの曲が使われていました。まさか、あの曲が。時代がやっと俺に追いついたということかな(笑)

今日は大好きなロジャーの命日。死後18年。生きていれば66歳。

※追記:夜はこんな店で飲んでいました


obscuredesire at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

BUNDLES/SOFT MACHINE

51R3anr-LuL
中学生の時、同級生の兄にこれを聞かされた。私のアラン・ホールズワース初体験。合掌

obscuredesire at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月20日

YOU MUST BELIVE IN SPRING/BILL EVANS

71K-y9e6i+L__SL1108_本日は晴天なり。

春分の日ということで、こんなの聴いています。

ビル・エバンス、晩年の名作。

せつなく、悲しく、美しい、そんな一枚です。

ちなみにプロデュースは先日亡くなったトミー・りピューマ。

obscuredesire at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月22日

IT IS AND IT ISN'T/GORDON HASKELL

61hBRy-XV1L__SX425_グレッグ・レイクジョン・ウェットン、元キング・クリムゾンのベース&ボーカルが相次いで亡くなった(ボズ・バレルももうこの世にはいない)。そして、ふと思い出したのがゴードン・ハスケル。彼もれっきとした元キング・クリムゾンのベース&ボーカル担当である。ロバート・フリップと同郷&幼馴染み?らしいですが、現在の関係は非常に険悪なもののようです(笑)。そんなハスケルがクリムゾン脱退後にリリースしたのが本作(1971年)。渡英中のアーメット・アーディガンに会いに行って契約を勝ち取ったという話ですが、本当かどうかは分かりません。元クリムゾン、ベースにはジョン・ウェットンが参加、ジャケットもそれ風ということで、ついついプログレ畑で語られがちな一枚ですが(というか、それ以外での評価は皆無・笑)、サウンド的にはR&Bよりのアコースティック路線、シンガー・ソング・ライター・テイストみたいな。メチャクチャなたとえですがテリー・キャリアーなんかに近いかも。多くのプログレ・ファンが期待に胸を膨らませて購入、そしてズッこけた!という作品ですが、今聴き直すとなかなかいいアルバムです。邦題は「歳時記」。なんと、あのアリフ・マーディンがアレンジとプロデュースを担当!って、知ってました?

その後、鳴かず飛ばずのまま裏方に回り(山口百恵のバックバンドにいたこともあるらしい)、80年代は酒場の流しとかで食いつないでいたようですが、2001年にリリースしたクリスマス・ソング「ハウ・ワンダフル・ユー・アー」が全英二位の大ヒット。続いて出された通算9枚目のアルバムも同じく全英二位(キング・クリムゾンより売れた)。今でも人気シンガーとして活躍中の70歳。人生捨てたもんじゃないよね♪


obscuredesire at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月31日

ROCKIN' YOU ETRENALLY/LEON WARE

51xQ4AlPqAL__SX355_あけおめ、ことよろ。今さらですが。

ということで2017年、初の投稿はリオン・ウェアの名作(81年)。かつてはマービン・ゲイアイ・ウォント・ユー』の共作者としてしか語られることの無かったリオンですが、"レア・グルーヴ"以降、「メロウ大王」として再評価されているのはご存じの通り(本ブログでも『アイ・ウォント・ユー』がらみの『ミュージカル・マッサージ』(76年)をピックアップしておりました)。マルコス・ヴァーリとの共作曲を含む本作、ジャケット同様にキラメキ度の高い一枚です。エレクトリック・ディスコ調のM-1は評価が分かれると思いますが、私は好きです。はい。

2016年の初投稿はボウイの訃報。最後の投稿はジョージマイケルのそれでした。年が明けて2017年、今年も訃報が相次いでいます。ヤキ・リーベツァイトオヴァレンド・ワッツブッチ・トラックス、そして本日、ジョン・ウェットンの訃報が。というわけで、今回の投稿も最初はこの辺をチョイスしようと思っていたのですが・・・・思い直して関係の無いライトでメロウな一枚にさせていただきました。

※今年のフジロックにレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが来るというのは本当でしょうか?


obscuredesire at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月26日

FANTASTIC/WHAM!

R-238582-1174002680_jpeg昨日(12/25)、車内のマイ・テープからワム!の「Nothing Looks The Same In The Light」が流れた。「やっぱいいな」ということで、帰宅後、久々にこのアルバムを聴きました。

今朝早く、友人からメールが届いた。曰く、ジョージ・マイケル死んだとのこと。マジかよ?

まさか本当の「ラスト・クリスマス」になるなんて、思いもしませんでした。合掌。



obscuredesire at 16:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年11月29日

24K MAGIC/BRUNO MARS

818-+bc+3xL__SL1500_「obよ、お前もか」なんて言われそうですが、やっぱ、いいものはいい。

全編に漂う80年代〜90年代初頭のファンク・R&Bテイスト。

先人へのリスペクトとオマージュ。

すっかり“オヤジ・ホイホイ”に引っかかってしまったようだ。



obscuredesire at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)