2016年02月08日

京都産業大学体育会馬術部創部50周年祝賀会のご案内

会員各位

謹啓 寒冷の候 皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は馬術部に格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて当馬術部は昭和40年に発足し創部50周年を迎えました。
その間、建学の精神に基づき多数の卒業生を社会に送り出してまいりました。
これもひとえに皆様方の長年にわたるご支援ご指導の賜であると心から感謝しております。
つきましては創部50周年記念祝賀会を下記のとおり開催する運びとなりました。
ご多忙のこととは存じますが何卒ご来臨賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
                      
 
日 時: 平成28年3月21日(月・祝) 14:00〜
場 所: 京湯元ハトヤ瑞宝閣
       住所  〒600-8234 京都市下京区西洞院通塩小路下ル
                      南不動堂町802番地(京都駅直近)
       電話  075-361-8108
会 費: 15,000円

誠にお手数ながら2月末日までに、送付致しました葉書にてご返信をお願い致します。

馬術部創部50周年祝賀会案内が宛先不明で何通か返送されております。
郵送で案内がお手元に届いていない方がおられましたら、お手数ですが下記メールアドレスに郵送可能なご住所をお知らせいただきますよう、お願い致します。


和駿会事務局 中村 麻里子 
   e-mail: s5216@star.kyoto-su.ac.jp
  



obuma at 17:25|PermalinkComments(0)

2015年10月23日

2015年8月23日(日)幹事会議事録

会員各位


平成27年8月23日(日)に開催された幹事会議事録は下記の通りです。

和駿会 幹事会議事録
日 時:平成27年8月23日(日) 10:30〜12:00
場 所:厩舎2階
議 長:入江幹事長
書 記:雕讐惰犹
出席者:堀田、白本、木本、林、入江英順、入江代里子、古澤、中村、    小林、澤村、吉永、濱砂


1  50周年記念事業の進歩状況について

1) 50周年誌について

白本幹事より報告がなされた。進行状況としては全体的に遅れている。50周年誌に対してもっと真剣に取り組んでほしいとの意見があった。寄稿文についてはこちらから指名していく。来月に行われる坪田先生を偲ぶ会の際に、出席者に直接依頼をする。

2)式典・名簿関係・記念品について

堀田会長より報告がなされた。誰を呼ぶか、記念品をどうするかを今後議論していく。記念品に関しては陶器という意見が以前出たが、タオルや扇子、持ち帰りに適しているものという意見もあった。また、ひし形の馬マークを使うという案もあったが、12期生以降使われていないため、ほかのマークにしてはどうかとの声もあった。一つの検討材料として、皿の見積もりを林幹事が行った。

2  家族会について
澤村幹事より報告がなされた。例年通りBBQ と試乗会を予定している。参加者は幹事会に出席している方々を中心とし、徐々に参加者が増えていくことを願うとのことだった。また、部員の家族を呼ぶという案もあった。しかし、前回の幹事会で決定した実施日11月15日は部員ほぼ全員が淀に行くため、延期となった。日程の都合上、今年度末に実施、あるいは来年度のための地盤固めとして中止のどちらかになる。

3  その他
水野幹事に代わって林幹事より、別紙に基づき今年度の全日本学生馬術大会の詳細と主な行事予定の報告がなされた。
林幹事より、8月上旬に行われた武庫川女子大学馬術部との合同合宿及びテレビ放映について、またOB39期生佐渡氏のリオ五輪の予選会のネット中継について報告がなされた。
最後に林幹事より、事務局員としてこれからの和駿会運営の在り方について意見が出された。以前まであった大学の同窓会の会員になるかならないかの選択と同様に、和駿会会員になる、ならないという選択を設けてはどうかとのことだった。これまでは卒部者は自動的に和駿会会員になるという形をとっていた。しかしながら、会員という自覚を持った行動をとっている人は少なく、これでは運営に支障が出てしまう。クオリティを高めるためにも、現在の会員に継続するかどうかを問うてみることを、今後二年ほど時間をかけて検討していくこととなった。来年の総会でこの議題を取り上げる予定。

★次回 和駿会幹事会は平成27年11月15日(日)予定                          以上


obuma at 17:42|PermalinkComments(0)

2015年09月05日

【故荒木先生お墓参り】



本日は指導部一同と主将とで故荒木雄豪先生のお墓参りへ行ってきました。生前この京都産業大学体育会馬術部を築き上げられた荒木先生に日々感謝し、これからも練習に励んでいきたいと思います。


obuma at 11:30|PermalinkComments(0)

2015年09月02日

荒木先生4周忌

【荒木先生4周忌】


本日、9月2日は京都産業大学体育会馬術部創設者のおひとりである故荒木雄豪先生の御命日(4周忌)です。
私達の馬術部が今日あるのは荒木先生や本年2月に亡くなられた故坪田毅先生を始め、全国各地からご指導を頂きました大勢の方々のご尽力によるものと深く感謝申し上げます。
本日荒木先生の御命日に因み私共馬術部にお力添え頂き他界された方々に哀悼の御霊を捧げるべく馬場センターポールに半旗を掲げ部員、指導者全員で黙祷致しました。
                       合掌

obuma at 13:32|PermalinkComments(0)

2015年08月30日

13期生田部眞一郎氏のご尊父田部百之介氏訃報について

訃報

13期生
田部 眞一郎氏
のご尊父
田部 百之介氏

8月29日ご逝去されました。
告別式等は下記のとおりです。
謹んでご報告申し上げます。
合掌




1、通夜 8月30日(日)19時〜

2、告別式 8月31日(月)10時〜

  喪主 田部 眞一郎

3、会場 広島県庄原市上原町2620-7
      庄原やすらぎ会館

4、電話番号 0824-72-6661

obuma at 08:43|PermalinkComments(0)

2015年08月14日

「坪田 毅 先生を偲ぶ会」のご案内について

会員各位

謹啓 盛夏の頃、皆様方におかれましては、
益々ご清祥のことと存じます。
さて、既にご承知の方もいらっしゃると思いますが、
創部者のお一人である坪田 毅先生(83歳、元京都産業大学理事、
元京都府馬連理事長、元京都産業大学体育会馬術部監督)
におかれましては去る平成27年2月26日に急逝されました。
御葬儀等は、ご遺族のご意思により近親者で執り行われました。
 この度、坪田 毅先生とご縁のあった多くの方々にご参集頂く
「偲ぶ会」を下記のとおり開催する運びとなりましたので
ご案内申し上げます。
時節柄、何かとご多用中と存じますが、
ご来臨賜わりますようお願い申し上げます。
 なお、会費制とさせていただきますので、
ご香典、ご供花などはご辞退申し上げます。
また、当日は平服でご参加くださるようお願い申し上げます。
                              
 敬白

 平成27年8月
              
「坪田 毅 先生を偲ぶ会」 発起人代表
京都産業大学体育会馬術部部長 林 半次

              

1 日 時 : 平成27年9月22日(火)午後1時から3時まで
        (受付12時30分開始)
2 場 所 : 京都産業大学「むすびわざ館」1階 クスクス
        〒600‐8533 京都市下京区中堂寺1−10
        筺075−277-1600
        むすびわざ館へのアクセス
     http://www.kyoto-su.ac.jp/outline/shisetsu/musubiwaza/access.html
3 会 費 : 10,000円
4 発起人 : 谷口 泱、林 半次、水野 慶治、入江 英順、
         入江 代里子、西村 信子、中村 麻里子、
         川上 優理子
5 出欠の返信 : お手数ですが下記のところまでご連絡ください。
  (連絡先)  林 半次 080-5368-6858
          hanji@star.kyoto-su.ac.jp
          水野 慶治 090-2156-1053
          s5266@star.kyoto-su.ac.jp
※ むすびわざ館に駐車場はございません。
  お車でお越しの際は近隣の駐車場をご利用ください
                             
以上


obuma at 17:35|PermalinkComments(0)

2015年07月17日

2015年6月14日(日)幹事会議事録

会員各位

平成27年6月14日(日)に開催された幹事会議事録は下記の通りです。

和駿会 幹事会議事録
日時:平成27年6月14日(日)
     10:00〜11:24
場所:厩舎2階
議長:入江幹事長
書記:奥谷仁智、雕讐惰犹
出席者:白本、北川、林、水野、入江英順、入江代里子、古澤、中村、小林、奥谷、濱砂



1  50周年記念事業の進歩状況について


1) 式典の詳細について

名簿関係は、7月12日に堀田会長、入江幹事長、水野幹事の三名で取り決めることとなった。
その結果は、次回の幹事会で報告される。

日時は変更なく、2016年3月21日(月)午後3時〜午後6時である。
式典は30分程、その後会食を予定している。

記念品は、マグカップやカレー皿等、陶器類の意見が出され、陶器の裏に復活した部章、サギタリウスのマークや祝50周年という文字等を、彫ってはどうかという声があがった。秋頃には決定する予定である。


2)和駿記念誌について

白本幹事より報告がなされた。発行年度は来年の秋を予定しているため、方向性を決めスケジュールを立てるべきとのことだった。現在行っている日誌のスキャンは目途がたったため、そこから使用する情報を抜き出していく説明がなされた。
しかし、日誌に書かれている大会名は略されたり、馬匹の入退厩が正確でなかったりしているため、情報をより明確にするにはかなり時間を要すると説明された。よって大会記録は全日本学生、関西学生、国体に絞るべきとの案が出された。
また寄稿文は、小林幹事が今月中にフォーマットを決め、和駿会だよりに投稿のお願い文章を掲載することとなった。その他、部の創設に携われた荒木先生、坪田先生及び平木先生の3名の方の経歴も記念誌に掲載することとなり、寄稿文、記録等それぞれの作業をグループに分けて進めるべきとの意見も出された。

3)寄附金について

林幹事より本学馬術部50周年記念寄付金について、報告がなされた。
2  その他
1) 馬匹購入  
水野幹事より報告がなされた。京都産業大学馬術部関係者のうち、高田高校馬術部出身のOB・OGが、本学馬術部の50周年記念に馬匹(レオニード号)を購入し寄贈された。

2) 坪田先生を偲ぶ会
水野幹事より報告がなされた。平成26年9月22日午後1時〜・むすびわざ館で行う。参加者は60名程度で会費は一万円を予定している。司会は入江幹事長で、献杯の後に食事会という流れとなる。事前の会場のレイアウト、当日の受付は指導者・部員で行う。できれば会員にも協力をお願いしたい、と説明された。
3  報告事項
  水野幹事より別紙に基づき、故荒木雄豪先生の墓参と馬術部の近況報告がなされた。

★次回 和駿会幹事会は平成27年8月23日(日)予定                          以上


obuma at 19:30|PermalinkComments(0)

2015年06月09日

2015年5月2日(日)開催の総会議事録

会員各位

平成27年5月2日(日)に開催された26年度和駿会総会の議事録は下記の通りです。

平成26年度 和駿会 総会議事録
日  時:平成27年5月2日(土) 10:30〜12:40
場  所:厩舎2階
議  長:入江幹事長
書  記:雕讐惰犹
出席者:堀田、白本、木本、林、水野、入江英順、入江代里子、古澤
     中村、池山、澤村、濱砂

1 平成26年度 行事報告について
   中村幹事より別紙に基づき報告がなされた。

2 平成26年度 収支報告について
   白本幹事より別紙に基づき報告がなされた。
   また、北川幹事に代わって林幹事より別紙に基づき報告がなさ
   れた。大学50周年の寄附を和駿会名、馬術部名それぞれで支出
   した。

3 平成27年度 新役員選出について
   林幹事より別紙に基づき報告がなされた。監査役は4期生山田氏
   9期生渕上氏から3期生木本前幹事・43期生尾上前幹事に交替
   した。なお前監査役は幹事に復帰となる。また、4期生の幹事は、
   村田氏から北村幹事に交替した。
   また役員について、たよりの担当は小林幹事であるが、46期生
   の澤村幹事を「たより」作成の補助役とした。

4 平成27年度 行事予定について
   中村幹事より別紙に基づき説明がなされた。
   澤村幹事に、家族会のあり方について改善策を検討して
   いただいたところ、いくつか案が提示された。
   ・小さな子など若い世代を取り入れるのを目的とする。
   ・「家族会」という名前を変更する。なお名前は募集し、8月の
    幹事会までに決定するようにする。
   ・馬に乗った後ボーリングする等、MK を利用する。
   以上の案を踏まえて今後検討していく。 

   堀田会長は、6月14日、11月8日の幹事会に欠席する旨を伝え
   られた。そのため、50周年式典において会長欠席のまま、話を
   進めるのはいかがなものかとの意見があった。よって式典担当
   を決め決定事項を会長に伝えていただく形となった。なお担当
   は入江幹事長となった。1月中旬に招待状を発送できるよう
   準備を進めていく。

5 平成27年度収支予算(案)について
   白本幹事より別紙に基づき報告がなされた。支出の部で関西
   学生馬術連盟OB会費の請求書が届かないと報告があった。
   また、援助費のコーチ交通費は、内門幹事が転勤となったため
   その分を除いた。積立金A,Bはそれぞれ見込まれる寄附金の
   10%とした。

   水野幹事より和駿会の事務局用のコピー機を購入してはどうか
   との案が出た。50周年事業にも必要であるため設置する方向と
   なった。コピー購入の資金について、通年の計上経費だとマイ
   ナスになるため捻出する箇所は積立金Aとし、検討の結果、
   承認され積立金Aよりコピー機を購入し厩舎に設置することと
   なった。

6 50周年事業について
1)募金について
   林幹事より別紙に基づいて説明がなされた。当初立てた目標
   額に達成した。なお、平成27年6月に特別会計に入金されるため
   最終期の収支報告は来年の総会で行われる。

2)和駿第3號について
   白本幹事より別紙に基づいて報告がなされた。スタッフ不足で
   寄稿文や写真が集まらないとのことだった。木本氏はOB・OG
   中心に作成するべきで、責任を持ってほしいとの意見だった。
   入江代里子幹事は、各代のキャプテンに寄稿文等をお願いし、
   厳しければその代の誰かにお願いしてもらうのはどうかと提案
   された。堀田会長より中村幹事や小林幹事の周りで在京の方に
   声をかけて直接お願いすると意見が出た。
   他にも、データや原稿用紙を送る、または寄附金を頂いた方に
   御礼と共にお願いする等のさまざまな案が出た。
   そして白本幹事が締切日を設定することとなった。

3)式典及び祝賀会について
   堀田会長より別紙に基づいて説明がなされた。会費は10,000円
   〜15,000円という意見が出たが、記念品含め12,000円となった。
   時間は、午後2時半会場、午後3時スタートで遅くとも午後6時に
   は終了する予定となった。学生にはエスコート役として手伝って
   もらい、別でお弁当を用意する方向である。日ごろお世話に
   なっている業者も招待するかどうか検討していく。

7 故坪田先生を偲ぶ会について
   林幹事より別紙に基づいて報告がなされた。馬術部主体で
   会費制としOB・OG、学校関係者、馬術関係団体など60名程の
   参加を見込んでいる。堀田会長は日程の都合がつかない可能性
   があるため、別の日に変えるべきとの意見も出たが、故坪田先生
   のご家族との都合もあるため、9月22日となった。時間は午後1時
   で平服の予定である。なお、21日の午後から会場の準備を
   馬術部で行う。

8 平成26年度活動報告及び平成27年度活動予定について
   水野幹事より別紙に基づき報告がなされた。

★次回 和駿会総会は平成27年6月14日(日)予定                          以上

obuma at 19:13|PermalinkComments(0)

2015年03月17日

2015年2月15日(日)幹事会議事録

会員各位

平成27年2月15日(日)に開催された和駿会の幹事会議事録は以下の通りです。

和駿会 幹事会議事録
日  時:平成27年2月15日(日) 9:00〜12:00
場  所:厩舎2階
議  長:入江幹事長
書  記:奥谷仁智・雕讐惰犹
出席者:堀田、白本、木本、北川、林、入江英順、入江代里子、古澤
     中村、澤村、奥谷、濱砂

1  総会の日程について
1)総会の日程について
  堀田会長より総会の日程について報告がなされた。4月29日の予定だったが、大学の授業があるため以下の日程となった。
平成27年5月2日(土) 午前10時30分〜
会場 厩舎にて

2  平成26年度 行事報告について
  中村幹事より別紙に基づき報告がなされた。別紙では今年度最後の幹事会の日程が2月1日となっているが、雪のため延期になり2月15日となった。

3  平成26年度 収支報告について
  白本幹事より別紙に基づき報告がなされた。今後の見込で入金予定額は168,700円となっていたが、2月1日現在では126,200円だった。文書で案内したが、寄附金は9,800円目標額を下回ることとなった。
慶弔費について誰を対象にするのかと質問があった。3年前にルール化を目指したが、非常に線引きが難しいため会長の判断によって行われている。今はこの形のままとなった。
 また、北川幹事に代わり林幹事より特別会計について別紙に基づき報告がなされた。支出の部の大学50周年事業に和駿会と馬術部の名前で寄附させていただいた。

4  平成27年度 新役員選出について
 林幹事より別紙に基づき説明がなされた。監査役の交代により木本様に代わり山田様、尾上様に代わり渕上様が幹事となった。そして、村田幹事が抜けられたことと今年卒部された47期の佐々木様が新規の幹事となった。また、今回より新たに49期の奥谷と、引き続き雕修気付となった。
 次年度の役員は、「たより」及び「監査役」以外は再任となった。「たより」は更井幹事が辞退されたので、小林幹事が新たに「たより」を共に作成する方を次回の総会までに検討していくこととなった。「監査役」は木本様、尾上様となった。
  監査役は幹事会に出席しないかとの質問が出たが、幹事会の動きを知ってもらうためにも出席してほしいとのことだった。また、幹事会に出席するメンバーが毎回同じような方ばかりという意見があった。遠方の方には交通費を半額負担する等のことがない限り厳しいのではとの声もあったが、一番大きい部分はやはり個人の「意識」の問題だということになった。

5  平成27年度 行事予定について
  中村幹事より別紙に基づき報告がなされた。9月13日の家族会・幹事会について、全日本学生選手権と日程が重なるため、幹事会は8月23日(日)に、家族会は11月15日(日)に変更となった。
  家族会について、毎年参加者が少なく寂しいので内容を見直すべきとの意見が出た。まず「家族会」というネーミングを変えたらどうかという声があった。また企画を若い幹事にやってもらうことで盛り上げようという意見も出た。内容については、今後検討していくこととなった。

6  平成27年度予算(案)について
  白本幹事より別紙に基づいて説明がなされた。支出の部では必要なもの、援助、削減するものの3つにわけるべきとの案が出た。また、50周年記念事業の積立金Bは50周年が終わっても継続するのかという意見があった。こちらも今後検討していく。

7  2月15日幹事会での審議状況による議題について
家族会について、林幹事より大まかなフレームを澤村幹事に企画してもらうよう依頼された。

8  50周年事業について<事業推進実施担当者の確保>
1)募金関係
林幹事より別紙に基づき報告がなされた。現時点で目標額に達したが、引き続き第3期の募集を継続している。
2)和駿第3號関係
   白本幹事より別紙に基づき報告がなされた。記念誌に掲載する予定の寄稿がなかなか集まらないので、こちらからリストアップしてお願いする形となった。
3)式典・祝賀関係
   堀田会長より別紙に基づき説明された。当初は式典の日程の第一候補は3月13日(日)の予定だったが、試合と重なる可能性があるため3月21日(祝、月)に変更となった。第二候補は13日、第三候補は12日となった。

9  その他
1)第35回(平成27年度)京都産業大学馬術大会の日程について
林幹事より別紙に基づき説明された。
2)会員住所の不明についてのご協力について
林幹事より別紙に基づき説明された。住所を把握している方は連絡をしていただくようお願いされた。
 報告事項
1)馬術部からの報告
別紙の通り
2)その他
林幹事より、以下の報告がなされた。
三年前、馬匹購入のために和駿会会員の方々に寄附を呼びかけ集まった寄付金を部で保管していた。先日、その寄附金を馬匹購入資金の一部として充てさせていただいた。
★次回 和駿会総会は平成27年5月2日(土)予定                          以上

和駿会事務局

obuma at 19:28|PermalinkComments(0)

2015年03月03日

訃報のお知らせ

会員各位

お知らせ


元馬術部監督の坪田 毅殿(83歳)には、平成27年2月26日(木)にご逝去されました。
なお、告別式は既に執り行われましたので謹んでお知らせいたします。

以上


              平成27年3月3日
                       京都産業大学体育会馬術部
                        和      駿      会

image

obuma at 17:49|PermalinkComments(0)

2015年02月16日

寄附状況のお知らせ

                        平成27年2月16日

和駿会会員の皆様

 馬術部50周年事業への寄付状況をお知らせ致します。
 期間は、平成26年4月1日から平成27年1月26日までの状況です。

 協力者数    20名
 寄付金額   116万円

 なお、平成26年3月末までに集まった寄付金を加えると 325万円 となります。
 
 以上、お知らせと今後も寄付をお考えの会員様は、寄付受付最終期日が、
平成27年12月末としていますので、それまでにご協力お願いします。

                          担当  北川
                               渕上
                               岩井
                               林

obuma at 15:57|PermalinkComments(0)

2014年11月25日

2014年11月9日(日)幹事会議事録

会員各位

平成26年11月9日(日)開催された和駿会幹事会の議事録は以下の通りです。

和駿会 幹事会議事録

日   時:平成26年11月9日(日) 10:04〜11:26
場  所:厩舎2階
議   長:入江幹事長
書  記:佐々木一馬・雕讐惰犹
出席者:堀田、白本、北川、林、水野、入江、中村、澤村、佐々木
     川上、濱砂

1 50周年式典について

50周年記念事業の進捗状況について以下の項目において報告がなされた。

1)進捗状況報告:招待客のリストについて
  堀田会長より報告がなされた。招待客については学校関係・行政関係・近畿地区乗馬団体協議会関係・関西学生馬術連盟者を中心にリストを挙げ招待する見込みである。50周年式典を執り行う日時の案として、平成28年3月20日を第一候補としていたが、本学卒業式と日程が重なることが懸念され、第一候補の日を改めることとした。過去数年のデータから大会の実績のない3月13日(日)を第一候補の日として改めることとした。なお、3月12日(土)3月21日(月・祝)も候補の日とすることとした。参加規模としては150名から200名程度で、場所は次の調査報告を含め検討した結果、ハトヤ瑞鳳閣で執り行うことが話された。
2)事務局からの報告:むすびわざ館についての調査報告
  林幹事より別紙に基づき報告がなされた。別紙のように、ハトヤ瑞鳳閣に比べ使用料金が抑えられるが、仮予約していても附属中高のイベントが入れば中高イベントが優先される。会場についてはハトヤ瑞鳳閣で執り行うと以前の会議で決定されたので、経済的に運営が困難とならない場合を除いて利用されることはないとする見解を示されていた。

2 50周年記念誌の進捗状況について
白本幹事により報告がなされた。以前の会議から大きな進展はないと報告されたが、原稿を書いていただける人を幹事側で決めて往復葉書による文書で依頼することとした。日誌のスキャンを含め作業量が膨大になることから、白本幹事を中心としたコアのメンバーが中心となり、周りの幹事が協力する体制を取るべきだと言及された。

3 卒部生の名札について
中村幹事より別紙に基づき報告がなされた。卒部生の名札については250名分を購入し、名前をPCで印字し厩舎2階に設置することとなった。また、記載される氏名は馬術部に在籍されていたときの氏名を表記することとされた。12月7日の産大大会までの完成を目指す。

4 馬術部関係の報告
水野監督より別紙に基づき馬術部の近状が報告された。主に下記3点について報告された。
1)全日本学生馬術競技大会の結果報告について
 別紙に基づき報告された。障害飛越競技は団体8位 馬場馬術競技は団体3位 3種目総合では6位入賞を果たした。なお、馬場馬術競技では桐原智(4回・経済)が個人3位に入賞し、本学馬術部の成績に貢献した。
2)新キャプテン及び和駿会気付の発表について
 別紙に基づき報告がされた。新キャプテンは川上優理子、和駿会気付は雕讐惰犹辧Ρ谷仁智とされた。
3)第34回京都産業大学馬術大会のお知らせと協力について
 12月7日に行われる京都産業大学馬術大会についての進捗状況と開催の協力について報告がなされた。

5 その他
・家族会買い出し時のトラック事故について
 上記ついて林幹事より別紙に基づき報告がなされた。この事故にかかる修理費15万円を和駿会が負担すると報告された。保険を利用すると3年後の保険料の支払額が16万円となることや、保険料を支払う馬術部の負担を考え、保険を利用せず和駿会の予算から修理費を捻出すると報告された。また、白本幹事が生涯学習で得たアルバイト代金75,000円をこの修理費にあててくださり、和駿会が負担する修理額は75,000円ほどになると報告された。
・納会及び全日本学生馬術大会の打ち上げについて
 上記について水野監督より報告がなされた。12月23日(祝)にハトヤ瑞鳳閣で納会及び全日本学生馬術大会の打ち上げを行うと報告された。

★次回 和駿会幹事会は平成27年2月1日(日) 予定   
                                           以上

事務局 中村               



obuma at 13:45|PermalinkComments(0)

2014年11月21日

【京都産業大学馬術大会】参加者へお知らせ

12月7日(日)京都産業大学馬術大会の開催日に【京都学生駅伝競技大会】が行われます。

それに伴い、車両通行止め等交通規制がひかれますので役員、参加団体の方々はご注意ください。

交通規制時間は午前8:00頃から午前11:00頃までの間となっています。

駅伝のコースおよび交通規制箇所は下記のURLにて確認をお願いします。

http://gold.jaic.org/icaak/recroom/2014/pdf/KYOEKI/全体コース図.pdf

事務局 中村

obuma at 17:18|PermalinkComments(0)

2014年11月09日

全日本学生馬術大会応援の御礼

会員各位

  この度の「全日本学生馬術大会2014」出場に際しましては大勢のOB・OG・関係者の皆様方より、物心両面にわたりご支援とご声援を頂きまして心から御礼申し上げます。
  皆様から頂いた暖かいご支援が力となり馬場馬術競技・障害飛越競技・総合馬術競技の3種目において部員・スタッフが一丸となり戦うことができました。
  特に馬場馬術競技において団体第3位(37年振り)個人第3位(24年振り、前回第2位)という成績を収めることができました。これもひとえに皆様方のご支援のおかげであり、心から感謝申し上げます。
  今大会で得た貴重な経験を活かし、なお一層の精進を重ね来期は更なる飛躍を成し、大学創立・馬術部創部50周年に花を添えたいと思います。
  何卒、今後も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
               京都産業大学体育会馬術部
                     監督  水野慶治

obuma at 13:34|PermalinkComments(1)

2014年10月01日

2014年9月14日(日)幹事会議事録

会員各位

平成26年9月14日(日)開催された和駿会幹事会の議事録は以下の通りです。


和駿会 幹事会議事録

日  時:平成26年9月14日(日) 14:34〜17:54
場  所:厩舎2階
議  長:入江幹事長
書  記:佐々木一馬・雕讐惰犹
出席者:堀田、白本、木本、村田、林、更井、水野、入江英順、
     入江代里子、古澤、中村、小林、佐々木、濱砂

1 50周年記念事業の進捗状況について

50周年記念事業の進捗状況について以下の項目において報告がなされた。

1)50周年記念誌
  白本幹事より報告がなされた。50周年誌については昭和59年までの日誌をスキャナーで読み取りPDFでデータ化している。しかし、昭和50年の日誌が保存されてないため取り込めていない。また、厩舎2階で坪田先生へのインタビューを行ったが、OBからの写真や寄稿文が集まらないため、第1期生から3期毎にこちら側から文章を書いていただく方を決め、寄稿文の作成を依頼することとなった。なお、著名な方(学長及び日馬連会長など)には堀田会長より直接依頼することとなった。また、年表に載せる試合の結果の情報が不足しているため、情報を集める必要がある。学生の試合については、学馬連のホームページから参照できる。50周年誌は1,000部から1,500部発行の予定であるが、1,000部発行で1冊あたり約1200円、1200部発行では1冊当たり約900円で作成できる。
2)募金状況について
  林幹事より別紙に基づき報告がなされた。別紙のように、目標額の300万円に達することが難しいため、今年度11月の最後の募金の案内送付時に今までの募金額を記載し、募金に対して前向きとなるようアピールできるような書類を同封する。
3)記念式典について
  堀田会長より報告がなされた。今後、招待する人が何人規模になるのか把握する。なお、OBの参加は50名程度としている。式典会場について、ハトヤ瑞鳳閣を仮予約しているが、経費の関係で「むすびわざ館」についても検討してはどうかという意見が出た。ただし、予定する日に本学の施設の利用が可能なのかは定かではない。次回幹事会にて審議する必要がある。また、50周年を機に荒木先生の肖像画を作成してはどうかという意見があり、詳細を次回幹事会にて検討する。

2 次年度監査役の後任について
入江幹事長より次年度の監査役の後任について説明がなされた。渕上氏、山田氏の後任として、3期生の木本信行氏、43期生の尾上紘一氏が選出され、次回総会で諮ることとなった。

3 京都産業大学馬術大会担当役員割当について
入江幹事長より京都産業馬術大会担当役員割当について別紙に基づき審議がなされた。総合進行担当に林幹事、競技進行担当に水野幹事、総務担当に中村幹事、以下、別紙のように決定された。なお、本日出席していない外部の方については、昨年同様、学生から文書で依頼することとした。

4 卒部生名札板
更井幹事より卒部生名札の選定について意見が出され、議論の結果、既存の名札板を活用し、不足分を追加購入することとなった。名札板は荒木雄豪先生、坪田先生、平木先生、そして卒部生のみとし、今後の部員分も合わせて250名分を購入することとなった。また、新たに卒部生名の作成は、村田幹事が引き受けられた。なお物品の調達は林幹事が担当する。

5 平成27年度予算検討について
平成27年度予算検討について白本幹事から別紙に基づいて説明がなされた。平成26年度収支決算書(案)と平成27年度予算書(検討資料)の前年度繰越金の表示の仕方が異なるため、読みにくいとの指摘があった。今後の資料において前年度繰越金は積立金A・Bを含まれていない額を表示することとなった。また今後収入は多く見込めないため、支出を節約していく方針となった。

6 その他
水野幹事より馬術部の近状が報告された。別紙に基づき、全日本学生の選手の紹介、また選手への激励会の案内等の説明がなされた。

★次回 和駿会幹事会は平成26年11月9日(日)予定                          以上

                                                     事務局 中村

obuma at 18:20|PermalinkComments(1)

2014年09月03日

家族会のご案内

会員各位

   来る9月14日(日)11:30〜14:00に家族会を開催いたします。

   ご都合のよい方は、試乗会やバーベキューにご参加いただき、会員や現役部員と親交を深めてください。

   なお、幹事の皆様は、14:30から幹事会を厩舎で開催いたしますので、 ご参集願います。



                                事務局  中村


obuma at 17:40|PermalinkComments(0)

2014年08月04日

故荒木雄豪先生墓参りについて

会員各位

馬術部より下記の通り、「故荒木雄豪先生の墓参りのお知らせ」がありましたのでお知らせ致します。

【お知らせ】

故荒木雄豪先生墓参(3回忌)について

下記の通り、お墓参りを予定しています。OB・OGの皆さまで、ご参加を希望されます方は馬術部( 075-701-7988)までご連絡ください。

1.実施日 平成26年9月2日 (火) 【命日】
2.時間 (荵 午前10時00分から(現地集合・解散)
     ⊃事会 午後5時30分から(現地集合・解散)


                               和駿会事務局 中村







obuma at 18:22|PermalinkComments(1)

2014年07月04日

第57回関西学生賞典総合馬術大会

会員各位

梅雨さなかですが、真夏のような日差しが照りつけています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
直前になりますが、ご案内させていただきます。
平成26年7月5日・6日に三木ホースランドパークにて開催されます、
第57回関西学生賞典総合馬術大会に出場致します。

出場人馬は以下の通りです。
佐々木 一馬(47期)・メイショウシャフト
棚橋 祐太(48期)・ブルーアース
奥谷 仁智(49期)・ジャリスコアナヴァン

出場予定日程・開始時間
7月5日 7:30〜 調教審査・障害飛越
   6日 8:00〜 耐久審査

お忙しいかとは思いますが、ぜひ会場に足をお運びになって応援していただければ幸いです。
また、同会場にて第39回関西学生複合馬術大会も開催されます。
そちらにもぜひ見にいらしてください。

以上

obuma at 14:40|PermalinkComments(0)

2014年06月24日

祝 「2014年アジア競技大会仁川大会 馬場馬術競技」出場

会員各位
第39期生の佐渡一毅氏が、今年9月19日〜10月4日の期間に、韓国・仁川市で開催される「第17回アジア競技大会仁川大会」の『馬場馬術競技』日本代表に選出されました。
以上


obuma at 19:55|PermalinkComments(0)

2014年06月18日

2014年6月15日(日)幹事会議事録

会員各位

平成26年6月15日(日)開催された和駿会幹事会の議事録は以下の通りです。


和駿会 幹事会議事録

日時:平成26年6月15日(日)  9:32〜11:32
場所:厩舎2階
議長:入江幹事長
書記:佐々木一馬(和駿会気付)・雕讐惰犹辧箆遜找餤ど奸
出席者:堀田、白本、木本、北川、林、更井、水野、入江英順、古澤、

     
1 50周年記念事業の進捗状況について
周年記念事業の進捗状況について入江幹事長を中心に以下の項目において報告がなされた。
1)50周年記念誌
  白本幹事より報告がなされた。前回総会以後、大きな進展はない。50周年記念誌は、記念行事の内容を記載するため、記念行事終了後6か月後ほどとなる予定である。記念誌のそれぞれのフレームに関しては、白本幹事を中心に案を決めているが、原稿の内容など未確定の部分が多くフレームを決定できないとのことである。原稿の催促について―駝未鬚發Π貪拜る∩監本学生の時などに直接呼びかけるG代別に原稿を書いていただく人を決めて、その方に直接お願いするという策を立てて早いうちに実行する必要があるとの意見がなされた。記念誌に記載する試合結果について、過去の部誌をスキャナーに取り込みデータ化を進めている段階。和駿に記載されている試合結果はデータ化し、掲載する試合は近畿大会以上および関西学生以上と産大大会とする見込みである。
2)募金状況について
  林幹事より別紙に基づき報告がなされた。別紙のように、目標額の300万円に達することが難しいため、今年度11月の最後の募金の案内送付時に今までの募金額を記載し、募金に対して前向きとなるようアピールできるような書類を同封する。また、和駿会だよりに募金をしていただいた会員の方に敬意を表し名前を記載することとなった。
3)記念式典について
  堀田和駿会会長より報告がなされた。少なくとも半年前をめどに外部の方を呼びかける。会費は本会OBのみとし、外部は招待という形で式典を行う予定。次回幹事会までに堀田会長と水野幹事を中心に式典についての案を作成する。また、記念品についても式典を行う経費などを割りだし、予算を決めてから作成する必要があるため、式典の内容を具体化してから詳細を決めていく。

2 卒部生の名札板について
入江幹事長より卒部生の名札板について説明がなされた。名札は今使われている形式のものに類似しているものを考え、400名分購入する。詳しい物品については次回幹事会で決定する。また、名前は馬術部のテプラを利用し、作成することとなった。

3 故荒木雄豪先生の墓参りについて
水野幹事より故荒木雄豪先生の墓参りについて説明がなされた。今年9月執り行われる荒木先生の3回忌に向けて、水野監督および部員の代表者数名が荒木先生の墓参りを行うと説明された。墓参りは毎年この時期に行う行事として恒例化させたいとの考えを示された。

4 家族会開催について
林幹事により別紙に基づき説明がなされた。今年は同日に生涯学習を開催するため、幹事会および家族会の開始が午後になる。そのため、当初予定していた幹事会の日程を変更する話し合いがなされたが、結果的に同日に順番を入れ替え家族会および幹事会の順で行うこととなった。11時から家族会の集合をかけ、その後食事会を行う予定。幹事会は食事会終了後(概ね2時30分)に行われる予定。なお、家族会は9月14日に行われる。

5 その他
水野幹事より馬術部の近状が報告された。今年度は春に行われた関西学生の大会にて現2回生が出場した新人馬術大会で好成績を収めることができ、全日本学生に向けての来月の予選にむけて調整しているとの報告であった。

★次回 和駿会幹事会は平成26年9月14日(日)予定                          以上

和駿会事務局 中村


obuma at 16:52|PermalinkComments(0)

2014年05月22日

2014年4月27日(日)和駿会総会議事録

                                              
会員各位

平成26年4月27日(日)開催された和駿会総会の議事録は以下の通りです。


和駿会 総会議事録

日時:平成26年4月27日(日) 11:00〜13:30
場所:厩舎2階
議長:入江幹事長
書記:雕讐惰犹
出席者:堀田、白本、木本、北川、林、更井、水野、入江英順、入江代里子、中村、鈴木、小林、尾上、濱砂

1 平成25年度行事報告について
平成25年度行事報告について、事務局の中村幹事から資料1に基づき説明があり、承認された。

2 平成25年度収支報告について
平成25年度収支報告について。
一般会計について、会計担当の白本幹事から資料2-1に基づき説明があり、承認された。
寄付金の内訳  ・自動振り込み 290,200円
           ・従来方式 292,000円
特別会計について、会計担当の北川幹事から資料2-3に基づき説明があり、承認された。

3 平成26年度新役員の選出(案)について
新役員の選出について、入江幹事長から資料3に基づき説明された。
監査役の山田様、渕上様の続投が難しいとの意見があった。
山田様は体調不良のため、渕上様はお仕事が忙しいのでとの旨を手紙を通して伝えられた。
この総会で交代した方がよいのではという意見も出たが、すぐに適任者を選出するのは難しいということで、両名には引き続きお願いすることとなった。
来年の総会で承認できるように幹事会で検討していく。
適任者について、和駿会に出席する方の中だけでなく、退職されて時間のある方や若い代の方になってほしい。
4年間ここで過ごした卒部生にもっとこちらに目を向けてもらうことが大事。
審議の結果、案のとおり幹事と役員が承認された。

4 平成26年度行事予定(案)について
平成26年度行事予定について、事務局の中村幹事から資料4に基づき説明があり、承認された。

5 平成26年度収支予算(案)について
平成26年度収支予算について、白本幹事から資料5に基づき説明された。
50周年記念を機に卒部生の名札板をどうするか。積立金Bから崩して作るという提案があった。幹事会で承認を得てから準備を進めていく。
厩舎2階に飾ってあるトロフィー等を、50周年を機に綺麗に整理したい。例えば、荒木先生のコーナーを作るなど。幹事会で検討していく。
赤字予算が気になるという意見があり、今年度はこの予算でいくことが承認されたが、期中に平成28年度予算を検討することとなった。

6 新コーチ就任について
新コーチ就任について、水野監督から資料6に基づき説明された。
佐渡一毅コーチ就任は、全員賛成で承認された。
交通費等の援助金は、実績を勘案して決めていく。

7 新規賛助会員について
新規賛助会員について、水野監督から資料6に基づき説明された。
池山さんの新規賛助会員に全員賛成で承認された。

8 50周年事業について
・募集関係
平成24年11月1日から平成25年3月31日までに集まった金額は、大学への寄付を差し引き、32名で1,265,000円となった。
平成25年4月1日から平成26年3月31日までに集まった金額は、大学への寄付を差し引き、825,000円となる。
2か年合計は、209万円である。
・50周年記念事業について、白本幹事から資料8に基づき説明された。
50周年記念誌(ケース入り)の見積もりが1500部で183万円  1冊あたり1,220円である。
参考情報として他の部の記念誌は、500部で100万円であった。
資料:  産大の新聞や図書館にある記事、そして馬術部のデータベースから集める。
なかなか写真や原稿などの資料が集まらないので協力してほしい。
掲載する時期を明確にして募集したら集まるのではないかとの意見もあった。
平成28年度に発行予定(式典・祝賀会の記録も盛り込む。)
ちなみに和駿会2号1500部で、113万円かかった。
祝賀会会費に記念品作成代を含む。
・開催日の候補として、第一案は平成28年3月20日、第二案は同年3月13日で小林幹事からハトヤ瑞鳳閣に仮予約を行うこととなった。

9 馬術部 事業報告・事業計画
事業報告について、水野幹事から別紙に基づき説明された。

10 その他
コーチへの交通費  コーチを必要としているのは部。よって、和駿会から部に援助費として渡し、部からコーチに交通費を払う形となった。
平成26年11月、平成27年2月の幹事会で平成27年4月の総会に向けて、部への援助金の総額を決めていく。
予算書の積立金Aをどうするのか。会計担当者の方で案を立てて幹事会で審議する。

4・5期生の方々からの要望 
 ・産大大会で荒木先生の冠名をつけた競技を従来通り行ってほしい。
 ・荒木先生の教えを伝承してほしい。
 ・9月2日の命日に墓参り等の行事を、馬術部・和駿会に取り入れてほしい。
墓参りについて、今年は希望者を部で募り行く予定。幹事会で案内する予定。

★次回 和駿会幹事会は平成26年6月15日(日)予定。
                                                            以上

事務局 中村

obuma at 14:59|PermalinkComments(0)

2014年04月17日

訃報のお知らせ

会員各位

第19期生の古澤康史コーチのご母堂様がお亡くなりになりました。
告別式が下記の通り、とり行われますのでお知らせいたします。

                記

1 日時 平成26年4月18日(金)午後3時〜

2 場所 〒514-0051 三重県津市納所47-3
「津光倫会館」
TEL 059-228-1151
お車の場合 伊勢自動車道津インターから約5分、市街へ向かい信号5つ目(案内看板有)を左折、つきあたりを右折すぐ
電車・タクシーの場合 近鉄名古屋線津駅・JR紀勢線津駅西口からタクシーで約5分
バスの場合 近鉄名古屋線新町駅から市場行き又は立合行きで約6分、観音寺口下車すぐ

3 喪主 古澤豊(夫)
なお、お通夜については、
本日午後7時より執り行われるそうです。


以上、謹んでお知らせ申し上げます。
                           
                                   合掌

平成26年4月17日

和駿会気付 佐々木・雕

obuma at 12:11|PermalinkComments(0)

2014年03月20日

馬術部創部50周年事業寄付金状況

 会員各位

  京都産業大学馬術部50周年事業の寄付状況をお知らせします。

  平成26年2月27日〜3月19日の期間

  寄付人数      2名
  金額     500,000円

平成25年4月からの累計
  寄付人数     19名
  金額     900,000円


  平成24年11月スタート時からの累計
  寄付のべ人数  51名
  金額   2,165,000円


  年度の切れ目まであと11日、皆様方の寄付のご協力をお願いします。

      平成26年3月20日             
                   担当   北川 真治
                         岩井 一路
                         渕上  巌
                         林  半次     


obuma at 12:57|PermalinkComments(0)

2014年02月27日

京都産業大学馬術部50周年事業寄付状況

会員各位

  京都産業大学馬術部50周年事業の寄付状況をお知らせします。

  平成26年1月15日〜2月26日の期間

  寄付人数      2名
  金額     40,000円

平成25年4月からの累計
  寄付人数     17名
  金額     400,000円


  平成24年11月スタート時からの累計
  寄付のべ人数  49名
  金額   1,665,000円


  年度の切れ目まであと1か月、皆様方の寄付のご協力をお願いします。

                   担当   北川 真治
                         岩井 一路
                         渕上  巌
                         林  半次     

obuma at 11:27|PermalinkComments(0)

2014年02月17日

平成26年2月9日(日)幹事会議事録について

会員各位

平成26年2月9日(日)に開催された幹事会記録は以下の通りです。


和駿会 幹事会議事録
日時:平成26年2月9日(日)
     午前11:05〜14:53
場所:厩舎2階
議長:入江幹事長
書記:佐々木 一馬・雕宗_惰犹
出席者:堀田、白本、林、入江、更井、水野、中村、小林、佐々木、濱砂


1 新コーチ 佐渡一毅氏の就任(案)について

・39期生佐渡一毅氏の新コーチ就任の案について、水野幹事から説明された。
佐渡氏は日本国内を代表する競技実績が豊富で、年に数回ではあるが京都への出張もあり、来厩した際、部員の指導を熱心に行っている。それを考慮した結果、コーチとして迎え入れることが重要であり、次回の総会で承認していただきたい。他方、同期の小西氏も同様にコーチ受け入れ案が持ち上がったが、勤務地が東京で京都への出張も少ないため、今後の実績を見ながら検討することとなった。


2 平成26年度総会について

・開催日程について
 入江幹事長より、開催日程について説明された。来年度総会は4月27日(日)厩舎にて11時から行われる。

・平成25年度和駿会行事報告について
 中村幹事より、資料1に基づき説明がなされた。

・平成25年度和駿会収支報告について
 白本幹事より、資料2に基づき説明がなされた。
 収支報告の際、今年度総会でコーチ交通費(50,000円)を1人から3人にしたが、寄付が少ないためにコーチ交通費の削減もしくは、積立金Aからの補填が可能か審議された。また、積立金Aの使用目的(指導者援助)が明確でなく、具体的な使用目的・期限が定められていないことが問題視された。話し合いの中で「コーチ交通費」という名目で個人に和駿会からお金を渡すのはコーチを必要としない和駿会の立場として、適切な流れではなく、コーチを必要としている部が交通費を負担した上で和駿会が補助するか、「謝礼」として、和駿会から積極的に指導されているコーチに手渡すという意見があった。他方、その他OB会などではコーチの交通費をOB会で負担するところが目立っていることから、コーチ交通費という名目のまま補助をしていくべきとの意見も聞かれた。結論として、予算案通り「コーチ交通費」の名目のまま3名に50,000円ずつ援助することとなった。ただ、来年度以降については、審議が必要であるとの意見がなされた。
3年間分の京都府馬連会費(45,000円)は馬術部の会計に確認した後、馬術部に支払われる。
林事務局から北川特別会計担当に代わり、特別会計の収支報告案が説明された。監査を受けるまでに振込手数料330円の記載が加わり、一部修正される。結果としては、一部修正されるが収支適正な状態である旨の説明であった。

・平成26年度新役員選出(案)について
 入江幹事長より、資料3に基づき新役員選出について説明がなされた。
 前年度の役員が次年度も選出された。資料3との変更点は、「たより」に小林馨幹事を追加され、「和駿会気付」に雕讐惰犹劼追加された。

・平成26年度行事予定(案)について
 中村幹事より、資料4に基づき平成26年度行事予定案について説明がなされた。
来年度の全日本学生は三木ホースランドパークで実施される。それに伴い、OBができるだけ同じ場所に宿泊できるよう、次回総会で呼びかけを行う。

・平成26年度予算(案)について
白本幹事より、資料5に基づき平成26年度予算案について説明がなされた。
厩舎2階に設置している名札を作りかえると同時に名札を揃えたいとの案があった。予算は50周年の取り組みのひとつとして積立金Bから捻出される意見が出され、見積額などを検討することとなった。
また、予備費18,072円について、平成27年度の寄付金が振り込まれる時期まで運営が難しくなるのではないのかと危惧された。その対策として、来年度の支出をできるだけ削減し、削減できなかった部分に関しては積立金をそれぞれ一時とりやめることで回避する方向で話が進んだ。
これらの意見を取り込み、会計担当で案を作成することとなった。


3 50周年事業について

・募金関係
平成25年度和駿会50周年積み立て収支報告について資料6に基づき林幹事より説明がなされた。

・和駿第3號関係
和駿会第3號関係について白本幹事から説明された。写真と原稿を集め、日誌をスキャナーに取り込みデータに残しておく。
和駿会だより送付時に、総会の議事録も送付していたが、和駿会だよりに同内容に近いものを記載しているため、送付する必要がないとの指摘があった。

・式典・祝賀会関係
 堀田会長より、式典・祝賀会関係について説明された。式典のための募金が目標額300万円に届かず、200万円程の見込みであることを考慮して50周年のパーティーの予算・規模・日程など審議された。なお、日程については平成28年3月の日曜日のいずれかとなる。場所はホテル瑞鳳閣で行われる予定。とくに、記念品については当日の会費でまかなえるものにするのか、和駿会の50周年寄付を充てるのか、次回総会で審議することとなった。

・水野幹事から故荒木雄豪先生のモニュメント作成の意見が出された。


4 和駿会会則の見直しについて

 小林幹事より、別紙に基づき和駿会会則改定について説明がなされた。会則改定の審議は大変重要だと判断され、和駿会会則の改定についての審議は別の機会に先送りされた。また、和駿会費の収入を拡大すべく、会費制および寄付制についての制度について見直しが議論されたが、会費制の制度を取ることが厳しく、従来通り寄付制とすることとされた。詳しい方法については、別の機会に持ち越して話し合うべきだとされた。寄付の拡大に向けて、賛助会員の確保が案として挙がった。


5 その他

 ・水野幹事より、平成26年度京都産業大学馬術大会の日程について説明された。例年通り12月に開催される。日程は12月7日(日)となる。


○連絡事項

・馬術部からの報告
 水野幹事から今年度の活動結果および来年度活動予定について別紙に基づき説明がなされた。
 また、京都産業大学馬術大会収支報告について水野幹事より別紙に基づき説明がなされた。
・事務局からの連絡
 林幹事より、和駿会会員の不明住所があり、それらの会員の住所が判明するよう幹事に協力を求められた。
・池山氏の賛助会員推薦について
 水野幹事より、数年前から定期的に来厩される池山氏について、和駿会に賛助会員として入会していただきたいとの申し出があり、次回総会で審議することとなった。

                                       以上

                                   事務局 中村



obuma at 18:28|PermalinkComments(0)

2014年02月12日

2013年度学生馬術連盟 表彰

佐々木です。

昨日、ホテルサンルート梅田にて2013年度全日本学生馬術大会において、優秀な成績を残した人馬・団体が表彰を受けました!

以下、京都産業大学が受賞した賞となります

第63回全日本学生賞典障害飛越競技
澤村 拓哉  ブオーテス号  第20位

第56回全日本学生賞典馬場馬術競技
団体入賞 4位 京都産業大学

3種目総合
団体入賞 8位 京都産業大学

第49回全日本学生馬術女子選手権大会
桐原 智      京都産業大学  第8位

・優秀馬匹賞
ジャリスコ・アナヴァン号

・特別賞
澤村 拓哉(4回・主将)
桐原 智(3回・会計)



部員で記念撮影を行いました!!

DSC00883

来月から合宿や試合が始まり、本格的にシーズンオンとなります!
まだまだ寒い日が続きますが、なんとか凌いでます!皆さまも寒さに負けず、冬を乗り切りましょう!




obuma at 18:03|PermalinkComments(0)

2014年01月27日

幹事会のご案内 (2月9日開催予定)

幹事の皆様

                             
幹事会を下記のとおり開催いたしますので、ご多忙の折と存じますが、万障お繰り合わせのうえご出席くださいますようお願い致します。
なお、初乗り会は午前10:00を予定しています。奮ってお越しください。

開催日時   平成26年2月9日(日)午前11:00〜
会場      厩舎2階

                                     以上

                                   事務局 中村


obuma at 18:42|PermalinkComments(0)

2014年01月17日

寄付金情報

会員 各位

                                平成26年1月17日

 京都産業大学馬術部50周年事業に向けた寄付の状況をお知らせいたします。

 平成25年4月から平成26年1月14日までの分

    15名
    36万円

 1月から3月にかけて、寄付のご協力をお願いいたします。

                               担当
                                  北川 真治
                                  岩井 一路
                                  渕上  巌
                                  林  半次   

obuma at 10:39|PermalinkComments(0)

2014年01月15日

馬術部放映

会員各位


 馬術部が放映されます。
 1月7日に上賀茂神社で白馬奏覧神事が執り行われ、それに出てくる神馬の一日をNHK京都放送局が取材されました。
 馬術部が神馬を預かっていますので、早朝から神事までの取材でありました。放映時間は、約7分程度でまとめられています。
 放映地域が限定されているのが残念ですが、ご覧できる方は、ぜひ見てください。

放映日:平成26年1月15日 18:10〜19:00 「京いちにち」という番組        京都地域版
放映日:平成26年1月16日 11:30〜12:00 「ぐるっと関西お昼時」という番組   関西地域版

                            事務局

obuma at 11:41|PermalinkComments(0)

2014年01月09日

幹事会議事録(平成25年11月10日開催分)

会員各位

新しい年明けとなりました。
本年も和駿会、馬術部へのご協力をよろしくお願い致します。


和駿会 幹事会議事録
日時:平成25年11月10日(日)
     午前10:00〜12:30
場所:厩舎2階
議長:入江幹事長
書記:坂口愛子
出席者:堀田、白本、林、入江、水野、古澤、中村、小林、坂口、佐々木、濱砂


1 、12月1日(日)産大大会お知らせと協力について
・「第33回京都産業大学馬術大会」実施要項の一部改正について水野幹事から説明された。
・水野幹事からの別紙:大会資料に基づき説明があった。
ただし、今年度は三木及び水口との試合と当試合が重なっているためエントリー数が減る見込み

2 、事務局設置・備品確認
・コピー機の購入、備え付けは困難。
・数枚であればPCのプリンターの活用、多数であればコピーカードの購入または、街のコピー業者に依頼することが妥当。
<備品> パソコン1台
プリンター1台
スキャナー1台
椅子・机
書架
事務ロッカー
3.5インチディバイス

3 、50周年式典について
・会誌の発行。
・総会を兼ねた式典を行うか検討。
・式典は、平成27年5月4日京都産業大学創立記念日の付近の日程で行いたい。
部員を全員参加させたい。部員の都合を考慮すると、日程は平成28年3月上旬か。
・プロジェクトチーム   ※募金 ※会誌(発刊は平成28年の秋) ※式典・祝賀会
・ 会場を早めに決定しなくてはならない。なお、候補として瑞宝閣かむすびわざ館が挙がっている

4 、50周年事業進捗状況の確認
・日誌をスキャナーに取り込んでいる。
・和駿会会員からの原稿と写真が全く集まらないため準備が進まない。
締切は写真が平成25年末まで。原稿は平成26年3月末までとしているが、催促が必要であり、幹事にその役をお願いしたい。近日割り振りを行う。
・11月末から12月の間に募金のお願いの依頼文を送る。
・式典及び祝賀会の段取りを堀田会長及び、水野幹事が中心となって進めていく。

5 全日本学生競技会の結果報告
・今年度は9頭7名のエントリーとなった。
・団体3種総合 8位。
・個人成績は別紙参照

6 その他:新キャプテン及び新和駿会気付の紹介・挨拶
・来年度和駿会気付は、佐々木一馬(現3回生)と濱砂佳奈子(現1回生)とする。
・水野幹事から馬術部の新役員の紹介があった。
・上賀茂神社神馬について。
 馬術部の厩舎と上賀茂神社との往復が現在公道を歩かせているため大変危険な状況であり、上賀茂神社側に馬運車を購入して頂いた。
 運転は基本的に神社雇用の人が行い、部員は往復の手伝いをし、馬運車は京都産業大学総合グラウンド内馬場に置く。

7 和駿会会則の見直しについて
・和駿会の寄付制年会費を会費制に戻すかそのまま寄付制にするか。
次回以降に継続審議


★次回 和駿会幹事会は2014年2月9日(日)予定。
                                           以上
                            
                                                 事務局 中村




obuma at 19:48|PermalinkComments(0)
昨日の訪問者数

我らの天皇 荒木 雄豪
OBのみなへ

よう集まって来てくれたもんじゃ
うれしく感じるぞょ

みなでしっかり盛り立てて
くれることを願っておるぞ

しっかり頼んだぞ----
我らが仙人 坪田 先生
棺おけに片足突っ込んで
がんばっとるぞ!!

馬術部OBのおまんしゃらの
力が必要じゃぁ。

無理を言うが手を貸してくれ
お願い申しますじゃ。

よろしくのぉ〜
監督 03期 谷口
最近はパソコン勉強中!!

OB諸君の力がどんどん和駿会を進化させてくれている状況が本当に嬉しく思う。

わしに出来ることがどれ程あるかは解らんが、命ある限りお付き合いしたいと思う。

それと最近、おとッちゃんの顔色が悪いのが気になる。

世話になったOBは一度、おとッちゃんに会いに来ないか?
お前らを信じている。
部長 堀田
ハンドルネームは「たらう」

出戻り監督で
わしもがんばっとるぞ

わしの馬漬け人生、最後の目標として和駿会の再生に賭けてみるぞ!!

PS、ブログ月曜日担当
コーチ 33期 倉岡
今、OB皆さんの協力が必要です
どうかお力をお貸し下さい。

よろしくお願い致します。

若輩者ではございますが現役に近いコーチとしてがんばる所存です

PS、ブログ土曜日担当
支援OB 02期 平沢
支援OB 02期 吉田
支援OB 02期 白本
和駿会会計担当です。

寄付をお願いしまっす!
支援OB 04期 山田
馬術部の発展と滋賀県の馬術発展を心から願っております

よってOB会を応援サポート致します

PS、ブログ木曜日担当
支援OB 04期 村田
・・・・わっわしや!澄男や

わしも応援しているぞ
後方支援で事務全般をやってるから、わしにどんどん連絡くれよ

いっいつもッ、赤がきで酔払って待ってるぞ!!

17時以降は20代、元気モリモリ?
支援OB 04期 大上(現 都築)
支援OB 04期 原田(現 竹中)
関東で応援してくれているOB
支援OB 05期 林
ハンドルネームは「ハンハン」

和駿会の復活の為

応援させて頂くことにしました

OBの皆さん
色々なご都合があるでしょうが
どうかご賛同いただけないでしょうか?

和駿会 事務局 担当
支援OB 05期 北川
俺も馬術部が好きなんや

馬術部が成績悪かったり、元気ないのは辛いねん

出来る範囲の後方支援は頑張ってしていこうと思う!!
支援OB 07期 坪内
ハンドルネームは「つ〜さん」

職員OBでも支援できることが限られる昨今の状況です。

私もOBとして純粋に支援していく気持ちになり覚悟を決めました。

今の体制作りは、信じるに値する内容になってきております。

若いOBも集まってきました。どんどん輪を広げていきましょう!!

PS、ブログ金曜日担当
支援OB 11期 岩井
ここ最近の和駿会の盛り上がりには強い本物のエネルギーを感じます。

仕事が多忙なため、どこまで力になれるか解りませんができる限りの強力はしていく気持ちです

京都産業大学馬術部=荒木雄豪という思想は不変ですが、時代にあった運営もまた大事。

まずはOB会の盛り上げです!!
支援OB 11期 水野
東京で皆さんを待ってます。全日学生大会でお会いしましょう。

和駿会にも協力しますよ関東支部。
支援OB 12期 瀬口
いつも影で支えている暴れ者
支援OB 13期 田部
遠方のため支援できることはあまりございませんが心では馬術部をいつも応援しています。

ブログも毎日チェックし心を熱くしております。

ブログ支援がんばります!!

PS、ブログ日曜日担当
支援OB 13期 武田
支援OB 19期 中尾
10/30のOB会に出席し、今までとは違うエネルギーと若い力に感動すら感じ、後方支援させていただきます。

私は現在も馬を生業としている立場から、現場支援コーチのサポートとして、馬に関しての育成方法・調教方法を産大馬術部と融合することで伝統を踏まえた発展になればいいと感じています
支援OB 19期 畑
自称、アナログ人間。

京都に在住してますので微力ではありますが体で応援させていただきます。
支援OB 19期 早川
支援OB 22期 内門
関東で応援してくれているOB
支援OB 25期 りきぶー
支援OB 25期 本宮(現 杉山)
現役は磨くほど光る宝石。
若いっていいなぁ(笑)
人とも馬ともコミュニケーションと信頼関係を大切に考えて、自分にできる範囲の支援をしていければと考えています。
支援OB 27期 鈴木
現役時代はアグリと呼ばれる
支援OB 27期 長尾
関東で応援してくれるOB
支援OB 27期 永江
関東で応援してくれているOB
支援OB 28期 渡辺
28期 おさむ
コーチ候補として突如として降って沸いたような状態ですが、秘密基地との連携を図りながら現役生には、それなりに厳しく,しかも良いグッズになれるよう模索していきます。
支援OB 33期 浜本
OBとなった今も馬術部が大好きです

後方支援頑張りますね!!
支援OB 36期千引&34期平岡
NEWトピックス!

今年の4月に結婚しました!!!
支援OB 36期 菅野
大型冷凍車に乗って応援します
支援OB 37期 許斐&三山
現役派OBとして支援してます。

現役部員数が少ない現状ですので何かと現役のお手伝いしております

OBとなっても現役の目線でOB会には意見させてもらいます。 現役を見たOB会が目標です
支援OB 37期 藤田
応援しまっせ!!