2008年12月18日

3回目のツリー



RIMG0062















どの街の、どんな店にもイルミネ−ションやクリスマス商品があふれて
クリスマスのデコレーションなんて、いまどき珍しくもなんともないけれど、この季節の青山は特別だ。
(ミクラ村のすぐ近くなのに、外国みたいに違うのだ。
まあ隣のチビッコのブロック塀にピカッピカしたクマやサンタクロースも個性的で?
なかなか微笑ましくはあるけれど。。)

コムデギャルソンのディスプレーや限定商品、ブランドショップのウィンドウのワンピース、
一番、力を発揮するのはヨーロッパのお菓子屋さんかもしれないと思う。
メゾン ド ショコラのチョコのツリーやピエール エルメのマカロンの家などなど
シックなファンタジーでいっぱいだ。見ているだけでうきうきしてくる。

おととしの今頃、買い物に出かけた青山で、そんな気分を味わった帰り、
オカイユももっとクリスマスらしくがんばらなきゃ、
ガラスのツリーだけじゃ寂しいなと思ったのだ。
今年で3回目のツリーはフランスの花屋さんのもの。
その頃モリハナエビルに入っていたから、時々のぞいてみたことはあったけれど、
葉っぱを使った個性的なブーケは素敵だけれど、モダンすぎるかなあと
贈ったことはなかったのだ。
でも三角形が愛らしさをプラスするのか、
シックにチャーミングでオカイユにぴったりなツリーだと一人で勝手に決めている。
今年はちょっぴりアレンジしてもらったスペシャルオーダー。




ocaille at 20:00|Permalinksketch 

2008年12月16日

ファーのトーク帽




RIMG0133














オリジナルのファーの帽子。
まずは毛皮屋さんで素材選び。可愛いけど甘いかなあとか、
エレガント過ぎかも とか、、難航の末、最後は毛皮を丸めて頭の上に。。。
選んだのはきれいなライトブラウンのキッドのファー。
ボリュームもあんまりなくて品良く、だけどラフ。 ゴージャスは禁止だ。
ポンポンをペタンコっぽく、とか もっと縦長に、とか試作を重ねて完成。
ニットキャップふうに深めにすっぽり被ったり、縁を折り込んだり
変化がつけられるから被りやすい。

上級者にはユニークでエレガントなシマシマミンクのトーク帽、60年代のフランス製。




ocaille at 23:58|Permalinkcollection 

2008年12月09日

J & M DAVIDSON



手袋  042手袋  017手袋  028
















手袋  022手袋  021手袋  026








手袋  039手袋  013手袋  032

ocaille at 21:24|Permalinkcollection 

2008年12月08日

DENMARK、ラナスハンドスカの手袋




手袋  005
手袋  006手袋  009













mittens col nv 30450/ gloves col pk be blu nv d,br 11550/

ラムスキンの手袋は王室御用達の200年の歴史をもつデンマークのブランドのもの。

北ユトランド半島に位置する都市ラナスは13世紀からの手袋の生産都市。
1811年 当時、生産を中止していた手袋産業を復活させようと当時の市長が
各都市から熟練の職人を募集したり、フランスの技術を取り入れたりして
再スタートさせたのだとか。

五本指の定番タイプは丈が長めで、裏にはウールのライナー付き。
一番の特徴は革質や裁断などの品質の良さ。
それから、クリーンなきれいな色やニュアンスのあるベーシックカラーも魅力のひとつ、
特にピンクはいやみのない、なんとも言えない可愛いピンク。

一番のお気に入りはミトン、
去年ミトンがいっぱいになってしまったのを反省して、今年は よっぽどかわいいもが
あったら1点だけ(結局2点になってしまったけれど)、、と。  で、よっぽどのミトン。。
革の質感とモダンなフォルム、まっ白な巻き毛のファー、
家具や雑貨のセンスを思わせる北欧のグッドデザインだ。
ちなみに隣りに写っているチロルハットはアムステルダムで買いつけたものなのだけど
今回は売れ筋探しで堅く行くぞ!と、意気込んだのに、買い付けそうそう1日目にして
一目ぼれ、迷わず仕入れてしまった?ものだ。

この?ミトンはリングを引っかけなくて便利ですよ、と聞いたのだけどアクセサリーを
あまりつけない私には実感がなくて、そんなにアピールする気にはなれないのだけど、、
こんなに大人でチャームなミトン、どなたか探している方いませんか??








ocaille at 21:36|Permalinkcollection 

2008年11月29日

mino展




みの開催ど 003みの開催ど 008みの開催ど 035みの開催ど 031












みの開催ど 029みの開催ど 015
みの開催ど 004



 mino展     
     vol3
    





みの開催ど 027みの開催ど 007みの開催ど 024みの開催ど 001

ocaille at 20:49|Permalinknews 

2008年11月26日

mino展

 RIMG0019RIMG0009
RIMG0005 














mino展 11.28 fri - 12.1 mon
 
  negiko氏こと根岸伸江さんの手編みの蓑に入った、
  毛糸のみの虫(出し入れ式!)の展示販売をいたします。

  カラフルなモヘアの蓑にゴールドbodyのラブリーモードmino     
  ベレー-をかぶったフレンチスタイルmino
  negiko氏友人きよすぃがモデルのユニークな、みの造mino
  etc...キュートなみの虫達が勢ぞろいします。

  開催中はミケネコ舎さんのおいしいコーヒーをご用意して
  20時30分までオープンしています。
  ぜひ、お立ち寄り下さい、お待ちしています。 




ocaille at 18:49|Permalinknews 

2008年11月25日

maiami

RIMG0123RIMG0082
RIMG0079













 


 maiami
と言う名のベルリン発の手編のニット。
フワフワのモヘアで可愛い色使い、でも甘ったるくない。
ロリータと名付けた頭に乗せるだけのベレー(informationの写真のラクダの隣)もちっとも子供っぽくはない。
チャーミングでクール!私の大好きなブランドだ。
先シーズンは勝手?にお休みだったし、
好きな色の糸を選べて組み合わせも自由だから、
どんなふうに仕上がっているか到着を楽しみに待っていたのだ。
ポスターも毎回かわいくて、独特のセンス、今回はレトロなスケートがテーマみたい。
カーデガンにはクリーナーのおまけ付き、いっぱいケケケがついちゃいますよってことなのね?
チクチクはしないので、ご安心を。 素肌に着ても気持ちいいのです。


ocaille at 23:42|Permalinkcollection 

2008年11月22日

2008 aw vintage etc

421dc22b.JPG


RIMG0014
ルイ フェローのロングコート


RIMG0025すましてみてもキッチュな白鳥のコースターは
                              蚤の市 の隅っこにて遭遇。

お花やチョウチョのブレスとピアス、
おもちゃのようで どことなく気品が漂う?ちっちゃなビーズのアクセサリーは
オートクチュールの仕事をしていたマダムの手作り。






70sのスエードのブーツとエルメスのバック





ocaille at 10:00|Permalinkcollection 

2008年11月20日

TのT氏にぶら下げられたミトン


RIMG0134













BlogPaint





 

RIMG0065

ocaille at 23:41|Permalinksketch 

2008年11月18日

Tennのベルト付きミトン



RIMG0017














サンプルの鍋つかみふう?着ぐるみふう?もかわいかったけれど
オカイユ用にということで大人っぽく仕上げてくれました。
イタリア製の革のベルトがついた手編みのミトン。




ocaille at 22:43|Permalinkcollection