2010年11月

2010年11月27日

大人顔のミトン




ミトン002





ガーター編みと手作りの革のストラップがトレードマーク、昨日到着のtennのミトン。
いつもの白と初めてのブルー。
青に近いけれど、一滴グレーを混ぜたような外国生まれ?の青色なのだ。
少しオイルを含んだガサっとした質感も大人の表情を添えている。
デンマークのマリアンネさんが紡ぐ上質な毛糸だそう。



*訂正 
(マリアンネさん、 糸 紡いてないから 。彼女はデザイナーらしいよ。)
と忠告あり。

小さなアトリエでウールの糸を製作するマリアンネさん、、はわたしのかってな妄想だったよう。。。なかなか大きなブランドらしい。 失礼しました、ごめんなさい。







ミトン003





















ミトン006





ラムレザーのラナスハンドスカのミトン。
つややかなダークネイビーと
マットな裏革の白。
フォルム、ファーのライナー、
小さな織りネームにも備わった
ユニークな可愛さとクールな上質感。
理想の魅力的なバランスは
北欧モダンのグッドセンスと
200年の歴史の技かしら?
デンマークの手袋専門ブランドのもの。











ミトン010


トラディショナル
な模様編みの
毛糸のミトン。
シンプルなのに
味があるのは、
角カク細長な
フォルムetc 
編み方のせい?
それとも時代?
70年代のイギリス製。










かわいい様子についつい惹かれて、ミトンだらけになってしまった何年か前の冬を
反省してからは、厳選厳選と唱えてセレクトすることに。
今シーズンも登場のラナスハンドスカとtennのミトン、もう1つはロンドンで仕入れた
ヴィンテージのもの。





ocaille at 19:14|Permalinkcollection 

2010年11月25日

新しいドア



ドア001
フェンスギャラリーのスタートに向けて
ドアを作ってもらいました!
といってもストックのあるプライベートの部屋
の方なので気ずいてくれる人はあまりいないかもですが。
ガラスの扉と同じく取っ手のかわりに
まあるい穴が開いてます。
あともう1つ変わるところがあるのですが
これは秘密。
ずいぶん雰囲気がかわるのか、、あれ?
もしかして変えた?って感じになるのか
わたしも楽しみ。
画像ではわからないかも。。これがヒント。
12月には変わっているので、気になる方は
ご来店下さいませ! 


ocaille at 16:35|Permalinksketch | fence gallery

2010年11月14日

パリ ミラノ アムステルダムから




出張 2010 10月032

















出張 2010 10月035
往きのアムステルダムまでは
久しぶりのKLM。
ロイヤルブルーとロゴがかわいい。
機内食のセットもオランダ雑貨のテイスト同様モダンでポップに統一の中、
素朴な赤と白のチェックのナプキンと紙コップ。
伝統工芸のデルフト陶器をイメージした白とブルーの紙コップにはチューリップや風車が描かれて
昔ながらのオランダらしさも上手にミックス。とってもセンスがいい。
味も最高だと言うことないんだけどな。
 











出張 2010 10月009
白いパイプと木の座面、
古くしてモダンな私好みの椅子に出会ってしまった。
船便で送ろうとペリカンさんを訪ねたら、(空港の方に引っ越しちゃいましたよ)って。
近くにあったクロネコさんを訪ねたけれど、(船便は
もう扱いがないから航空便になります、軽いけど幅があるから400
(500?)ユーロになりますね)って、、高すぎる。

結局ホテルに
帰ってパッキンして郵便局へ。
Uと二人、椅子を持ってモンパルナスとオペラを往ったり来たり、やれやれ。


ブルーのスーツケースはクリニャンクールの安売りかばん屋で買ったサムソナイト。
衝動買いのわりには気に入って10年以上使ってる、雑誌にも2度程登場。
けれど 今回ついてきた甥のUも1月に同行のKちゃんも(買い付けって荷物が大変だねええ、若くないのに大丈夫かよ?スーツケース、もっと軽いのにしたら?)と。
ボンマルシェで寄ったフロアにちょうどスーツケース売り場があって、ついでに見たら、気になるものもあって、ちょっと検討しみようかな〜なんて。 
成田から家に届いたサムソナイトが凹んで鍵がかかりずらくなっちゃった、、浮気心が伝わっちゃったの??










出張 2010 10月029








ミラノ行きの電車を待つホーム。
今日はまずまず収穫あり!
















出張 2010 10月028
ちょうど中間地点の一休みにお茶を飲んで暖まったり、クレープを食べたり、最近ご無沙汰してるけど サンドイッチグレックを頬張ったり。
屋台の他にはテッ、キャッフェ~ と独特の掛け声でポットを入れたカートを引いて歩くコーヒー売りのおばさんもお馴染み。
ヴァンヴの蚤の市は、やっぱり楽しい。

 








出張 2010 10月021出張 2010 10月017














パリはストライキ中とうわさに聞いた。運よくメトロのストには合わなかったけれど、
レピュブリックの近くですごいデモ。
若者から年寄りまで、いくつもの団体が大騒ぎで次から次へと切れ目なく連なって行く。
バラの風船とポスターがかわいくて写真を撮ったけど、なんの団体だったの?




ocaille at 17:37|Permalinktravel sketch 

2010年11月09日

vintage 1




2010002




ポンポン付きのミンクのトーク帽は
30年代のもの、
デッドストックのブーツは発色のいい
きれいなブルー。
どちらもフランス製。









2010004






シンプルながらサイドにも付いたボタンや
シルエットがかわいい 存在感のある
大人なケープは、今の気分。
ヴァレンチノのヴィンテージ。









2010001





ロベルタらしいトロンプルイユ
のポシェットは80年代のもの。
ピーチとライトグレーの色使いで
ポップな素材とモチーフも少しシックな印象で
新鮮。









2010020





ミンクのハーフコートは80年代のイタリアの
デザイナーのもの。
甘さともゴージャスとも一線を画した
デザインがモダンでチャーミング。
ベージュのグラデーションカラーもいい。









2010028


手編のハートのペンダントは
ベルリンのブランド、ティンヒエンズ。
クリスティーネ.ハインドルフ.ぺぺ
という いまのデザイナーのもの。
グリーンのベルトのキュートな
ミッキー時計は60年代のもの。








2010003







70年代に出ていたグッチのイラストの
シリーズがわたしは大好き。
久しぶりに見つけたアイテムはストール、
おなじみのビットもなにやらファニーな雰囲気。










20100182010025















左はフロッキーふうの縦型ドットがかわいいサンローランのシフォンのブラウス。
右はよーく見るとメランジカラー?の軍用素材のバーバリー。
男の人もオッケーなサイズだけれど、女の子が着るビックシルエットもかわいくて新鮮!

















ocaille at 20:25|Permalinkvintage