2010年12月

2010年12月30日

2011年もどうぞよろしく。



お正月001







2011年もどうぞよろしく
お願いいたしま
す。






新年は1月5日(水)よりオープン、
いつもは定休日ですが特別営業致します。
備品の雑貨etc BOXフリマセールも行いますので、ぜひお越し下さい。
それでは、BONNE ANNEE−!2011年が素敵な1年でありますように。



ocaille at 20:24|Permalinknews 

2010年12月20日

(のんびり屋の?)Christmasに。

shop info021






















shop info023



ロベルタのハンドバック、得意のフロッキーもフラワーモチーフが可憐な50年代のもの。
1点1点手作りのYoのストールはベビーブルーとデリケートなアンティークレース。






shop info035


白は淡水パールとゴールド、
黒は新しい始まりの意味をもつ
スピネルという石。
名前はripples(さざ波)necklace、
ルーバスというブランドのもの。








くりすます003


チャーミングな造花の入った額。
19世紀のドイツのファーマシーでハーブの効用のサンプルに飾られていたものだとか。









くりすます004



リングの装飾の蓋のついたカップとソーサー
可憐にしてモダン、こちらも19世紀のドイツ製。








shop info003くりすます005














プリントのロング丈のワンピースは70年代のセリーヌ、素材はシルク。
右はオリジナルのケープ。
ループのウールモヘア、シルバーのループ付きボタンがアクセント。
かのこ編み、ニュアンスのある白色、ギュッテという北欧の糸の質感。
ニットキャップはナチュラルとモダンのバランスが魅力なtennのもの。






ocaille at 23:14|Permalinkcollection | vintage

2010年12月10日

小さな ヴィンテージ





時計ブローチ004


小さな船と花瓶のセット。
ドイツのローゼンタール
のもの。
黒と白のツートンにドット、
ずいぶんシンプルなのに船そのもの。
海へのノスタルジーも
たっぷり漂わせてる。









時計ブローチ009チャーミングなバラの絵
だけで、十分魅力的だけれど、少し小さなサイズも新鮮。
ベーシックなオイスターモデルに華奢な印象を添えている。
名前はプリンセスチュードル。
左はゴールドフェイス
のクラシックなタイプ。
小さなフェイスに合わせて
ちっちゃなちっちゃな
バラの花がちゃんとついてる!
どちらも60年代のもの。







時計ブローチ001



上のステンレスのモデルのアップ。
このサイズはロレックスにもないんだそう。
(チュードルはロレックスのカジュアルラインとして発売されたもの、バラの絵のあるものはバラチュードルと呼ばれて人気だそう。)









時計ブローチ005

オランダで買い付けたブローチ。
古いものに違いないけれどずいぶんモダンな雰囲気もあって、シンプルだけど個性的。一目で即決。
聞けば、もう200年も昔のもの、ダイヤのようにとステンレスを磨いて輝かせたものなのだとか。
まん丸と少しだけ膨らんだ四角、シンプルなフォルムも魅力。







ocaille at 19:19|Permalinkcollection