2005年08月

2005年08月02日

高原なんて高原なんてラララ

43

これは狛犬ね
わかるでしょ?

江戸幕府の力を身近に感じ汗だくだく
新陳代謝の塊と化した僕らは
暑さに耐え切れずイライラ
少なくともボクは今日一番のイライラだった
一つしかない入り口に立ち止まり写真を撮ってる
バカメガネ野朗とブス女がいたりなんだりで最悪の状況
それを救ってくれたのは眠り猫のかわいらしい姿



49






こいつじゃねぇよ!
なんと写真を撮ってなかった模様なのでプリッ
暑くてドロドロで最悪だったけど
一度見れてホントよかったわぁって
お腹が空いたので駐車場の目の前のいかにもなお土産屋で
観光地値段の普通のそばを食う
味も普通
量微妙
値段高し
も〜ぅ

そして霜降高原有料道路をひた走る
山の上をひたすら走る道でくねくね…
しかし高原の風、山の緑、景色そして涼しい!
マイナスイオンをたっぷりあびて復活!
天気は曇っていてガスが出ていて少々微妙だが
ひさびさに爽快感を感じることができた




53







55





ブーンと走っていると何やらでっかい橋だ
すごい深い谷をまたぐハンパない橋が登場した
六方沢橋という橋だ
橋だ橋だと連呼してしまった





56




道行く車も止まって下を覗き込んでいる
ホントに高い
ぼくは怖かったよ
もう怖かったっすねぇ





54




見ろこの高さ
木がブロッコリーみたいに見える
ちょっとした興奮を味わったあと
またクネクネ曲がる道を走り
大嫌いな峠を越えて見えてきたのは牛だ
牛がいる

ここは牧場か?
山を抜けると天気は晴れ
本当に気持ちいい道だった

やがて大笹牧場の入り口を発見
入ってラム肉、牛肉、アイスクリーム、飲むヨーグルト等々
二人とも食う食う!

そしてヤギやひつじと戯れたりたてわきさんは馬と会話している





63





そしてヤギの金玉はでかかった




65






ひとしきり動物と戯れた
そしたら時間がだいぶおしてることに気づき
温泉に入るかどうか迷ったが温泉にやはり行くことに
また山道をひたすら走り温泉到着
もう暑くて暑くて…

温泉は川面にある開けっぴろげ対岸の人達に丸見えなのである
しかも混浴
ワクワクして入ったら30代後半くらいの
おばさんだけ
後はおっさんばっか
しかし温泉は気持ちよかった
風呂上りに岩に腰掛けタバコを吸った時
自分の田舎がフラッシュバックしてきた

こうやって釣りしたっけな〜みたいな

しんみりして帰りたくなかったよあの時

そして風呂を出ていよいよ帰り道って時に夕立…
ビッショビショになりながら有料道路を乗り継いで
東北道をひたすら真っ直ぐ逆風に絶えながら帰りました
途中あまりに単調な道に眠気が襲ってきてフラフラ運転…
あん時は死ぬかと思った…

帰ってきたらホントにホッとしたんだ
朝早く出かけたのと
超過密スケジュール高速であびせられた風で
ホントにクタクタだったけど
素晴らしい景色と動物達、温泉

本当にいい経験だったヨ

いろいろ迷惑かけてごめんなさいねたてわきさん
借りたお金…は…





あれっ?








あああああああ

ocandy_ll at 22:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年08月01日

高原の風の中で…君が…君が…う〜んう〜ん

さてなんという展望台だか忘れちまいましたがつづきです
山道をひた走る僕らの頬には心地いい風がながれています
しかし山の中とは言っても展望台に着いたら暑い暑い(汗)




33





そんな暑さの中テンションも最高潮
たてわきさんも跳ね上がります
ぼくも挑戦しましたが全然こんなキレイな風に飛び上がれなかった
ちっくしょ〜

この柵の向こうはストーンと垂直に落ちてる壁みたいになっておるわけですが
そんなもんカンケイないねとばかりにボクも柵によじ登り
うおおおおおおおおお〜と叫んでしまいました






34








そうしていたら

た、たてわきさん!?
たてわきさんの姿が見えない
あれれれれれれ?って思ったらなんとピョンピョン跳ねていた
たてわきさん柵を思わず飛び出して…
落ちた!!!!

と思ったらうまいこと柵にぶら下がり頑張ってよじ登ってきた





37





いやぁありゃあマジでびびった
死んだと思ったもんな
…まぁヤラセ写真なんだけどさ
ぼくがやらせたわけじゃなくて自ら志願して飛び越えていったんだよ
その勇気に敬礼です…
まわりにも何人か人がいて怒られるんじゃないかとドキドキしたぜ

さ〜てそんなこんなで展望台を後にした僕達は
日光東照宮へ向かいバイクを走らせた
そしたら道は混んでるは暑いやらで今までの疲れがドッと出てきた
日光東照宮への道は厳しくそして果てしないものになったんだ

****************************************************

待ち構えていたのは下りのいろは坂
最初の日記でも紹介したようにカーブが嫌いな俺はマジで泣きそうだった
何度倒れかけたことか分からない
登りはまだいいんだけど下りはこえーんだよ
思いっきりスピードを落としてトロットロトロットロと曲がるが
たまにそれでも曲がりきれず崖下に転落しそうになる
そしてスピードが遅すぎで何度も立ちごけの憂き目にあう
それでも頑張ってゆっくりと下りていたら
最後の最後の看板にエンジンブレーキを使いなさいという文字が

えええええええええええええええ
あんたぁ!もっと早く言いんさいな!

そのコツを知ってからさ
まだマシになったけどさ

それからいろは坂をでてからというもの
道はハンパなく混んでました
しかもぼくは金欠状態
ガソリン代すら払えない状況
今日1日を2千円で過ごそうと
思っていた僕の考えは完全に間違っていた
この時点で軽く3千円を越していた
しかしコンビニが無くしばらく走っていると
地方っていろんなコンビニがあんのなHOTSPAとかね
でもお金下ろせなくてやっとこさ東照宮の駐車場入り口の手前で
セブンを発見8千円を下ろして駐車場へIN!


気温はもう暑くて暑くて
二人とも暑さと気温で午前中の元気はどこへ行ったのやら
口数も少なくなってきた
ボクはというと今考えると熱中症寸前フラフラしていた
お金を払っていざ東照宮内へ入ると観光客だらけ
もっと神秘的な世界を想像していたボクはちょっとガッカリ…
しかし陽明門には感動した
千三百円払った甲斐があったというもんだ





38





いよいよ佳境に差し掛かってきた栃木ツーリングレポですが
だんだんつまんない状況になってきました
この後僕らは盛り返すわけですがその模様はまた明日

ocandy_ll at 22:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)