数の不思議ポエム風

1×2×3×4×(5×5×5×5×5×5×5)×6×7×8×9 = あなた自身

メイン記事の目次


生命の樹 ⇒ 五七五七七の言霊 ⇒ 中央の柱 = 吊された男

生命の樹 ⇔ 死の樹 セフィロトの樹 回転するダート

物質界を表すカバラ式 アイン・ソフ・オウル

生命の樹と聖書の暗号(予言) ヘブライ文字のソフィート

-------------------------------------------------------------

かごめ唄 と 弥勒下生 フラワー・オブ・ライフ

天皇の語源 と 両界曼荼羅 戒律と神名 獣と偽預言者

神の干渉 ⇒ 人間の進化 契約の箱=奇門遁甲

太極の発生理由「ひずみ」 四柱推命と数秘術

-------------------------------------------------------------

エニアグラム 三角形の秘密 エニアグラム 三種の神器(素数)

エニアグラム 369の三角形

「10」から成る十字架


空海と陰陽五行説 先天図と後天図の融合 聖書とヨガと密教

占星術 輪廻からの解脱 道教における星辰信仰

神社と幕屋と原子核(魂)

--------------------------------------------------------------

善悪 切替スイッチ

インド占星術「日・月」神示

獣の数字と煩悩の数
 タントラの奥義


男女 → 星型二重正四面体
 プラトン立体と獣の数字

--------------------------------------------------------------

神人 アダム・カドモン

伊勢神宮の六芒星 9の5次元ホロン数

大内裏と船岡山 ピタゴラスとミロク プラトンの神秘数

シンクロを起こすツォルキン ヘブライ数字と九星気学

--------------------------------------------------------------

後天八卦 と 獣の数字

108回 唱える マントラ

地球を構成する「10干」「12支」

--------------------------------------------------------------

マヤ暦とシュリー・ヤントラ 後ろの正面 だあれ?

ヘルメス・トリスメギストス グノーシス主義の善悪二元論

両界 曼荼羅のアレンジ 錬金術のシンボル

イルミナティと666の関係 易経と占星術とマヤ文明

太陽と交信する大ピラミッド アブラカダブラ

宇宙の均衡を保つミトラス教徒 麻雀と数秘術の関係

神の名(YHVH)ヤハウェ 一二三 三四五 五六七

エジプト 日本 ユダヤ マスターナンバーの根拠

空亡とフリーメイソン 洛書 と 聖数「7」

ノストラダムスの大予言 サンヘドリン

数秘術 と「19」 大ピラミッドと逆ピラミッド

「内」と「外」と「神」の関係 断易と電子の回転

--------------------------------------------

123神示 黙示録 ピタゴラス

ピラミッド数秘術
 シリウスの都 大ピラミッドの43200倍

飛騨一宮 水無神社 弥勒菩薩 ⇔ 獣の数字

3と6 ⇒ ミロク 一二三(ひふみ)神示

13段(30段)のピラミッド 数秘術とアンコール遺跡

ツォルキンとサビアン
 金剛界曼荼羅 向下門

12345679と弥勒 田×田 「契約の箱」に関する珍説

メルカバー ユダヤと古代中国 数秘術と時間の流れ

シェム・ハ・メフォラシュ 123神示 神一厘の仕組み

密儀宗教「ミトラ教」 マヤ暦と五節句

セティ1世神殿の平面図 救世主の神殿

ヒトをミロク化させる大嘗祭 19のコード & ヘブライ数秘術

出雲大社の暗号 仏教とユダヤ教とボーム

上尸・中尸・下尸 5を含む順子 ± 5の刻子

タルムード メタトロン 天使の数 創世記1章1節のゲマトリア

無縁数 = 有縁数 足立育朗さんの本の中で出てくる数

361個の数字 子をミロク化させる神道の儀式

五芒星と六芒星 十言神呪(とことのかじり) 

ひふみ みよいづ みろく 一二三神示(ひふみ神示)

Αααα ωωωΩ 三本足の八咫烏

五芒星=人体 中心「5」= 3+2

インド占星術 と 日月神示 神が持つ72の名

0666(10進数)× 3330(5進数) 9━9━9━9

古事記 と シュメールの神々 全てを見通す目

エジプト九柱の神々 麻雀と古事記 ⇒ 弥勒菩薩(地球の人口)

オシリス神のポーズ メシアとケモノ 暗号と予言

8本の十字架(横線 縦線) 両界 曼荼羅 四国 88ヶ所

1系(01-11) 9系(09-19) 水滸伝「108星」

○○○.○ マスターナンバー 複数の意味

ヘブル語の三種類の区分 ジオマンシーと古代エジプト

七五三縄の結界 紫禁城&サーンアバスの巨人

四大元素のシンボル フィボナッチ数列(50━50) 

七曜日 ⇒ 三角形に目
 レイライン(エネルギーの通り道)

ミロクの由来
 ヴリルパワー ホルスの目 = 奇数/偶数

シュリーヤントラ
 ヒンドゥー教の宇宙論

黙示録の仔羊の誕生日 九字と交互階乗

聖十字 曼荼羅 大宇宙=小宇宙 

チベット曼荼羅の作り方
 自我の反転 ⇒ 十字架の出現

マヤ文明で使われた暦 マヤの聖なる数字

チャクラ覚醒 311,040,000,000,000

全264種の星座 十七条の憲法 と 宇宙の時空元

YHVHと弥勒菩薩 ピラミッド底部のローマ数字 ピラミッドに目

大ピラミッドの秘密 閻浮提 0.3+0.7の目

解脱コード(神の目) 天岩戸隠れ 弥勒菩薩-キリスト-オシリス

弥勒菩薩
 正四面体の展開図(弥勒菩薩)

弥勒菩薩 ⇔ 12!
 白發中 東南西北 (順子+刻子)×3種類

祈りの手
 1.00961 × 四天王 幸運のシンボル

テトラグラマトン(神聖四字)
 神の名(YHVH)ヤハウェ 
 
二つの式…後ろの正面だあれ? 陰陽師の儀式 梵我一如

三元九運(30×32×34)周易 両界・曼荼羅 『法律』第5・6巻…プラトン

支合の根拠 日本とイスラエル 11面観音の謎 ニネヴェ定数 

内宮(陰)×(陽)外宮 オシリス神のポーズ アッラーフの99の美名

4つのタイムラインと太陽崇拝
 地鎮祭 魔法円の儀式  

ヨハネの黙示録 第7章
 魔法円の儀式 マスターナンバー選定理由 

一二三神示……神を表す記号 三種の神器

聖数 72
 色即是空 空即是色 12種の数列 聖なる木 

時空と易経
 伊都能売神諭による天地創造

向下門 向上門 十六菊花紋 プラトンの洞窟の比喩  

太極図 ⇒ 鳥居の原型
 イスラム教の聖典 秘密結社の数字

ノストラダムスの反転アナグラム
 黙示録の七つの封印

断易……納甲の配置の根拠 弥勒(意識のネットワーク)

時間と空間を統べる「神の目」
 全てはゼーレのシナリオ通りに

楔形文字 ヘブライ文字 メノラー
 黙示録とローマ数字

ベーカー街221-A.B

ノアの方舟のゲマトリア
 ソロモン神殿のゲマトリア

大内裏の秘儀 メシア ⇔ イシヤ 魔法変換(4 / 3)

アンドア-ジェネシス 神の領域 四つ子素数 (11, 13, 17, 19)


神社と幕屋と原子核(魂)


A 神社と幕屋(過去の記事) ⇒ クリック

B 形態波動エネルギー研究所のHP(原子) ⇒ クリック

C AとBを 比較する


----------------------------------------------


2つの m(中間子)= 6の数字
 
六芒星(籠目)、六芒星(籠目) ⇒ かごめ唄

原子核は 中間子の存在が無ければ成り立たない


-----------------------------------------------


足立 育朗 著「波動の法則」によると 魂 = 原子核の集合体

神社も幕屋も 魂に関係する場所


プラトン立体と獣の数字


プラトン立体(wiki-------------------------------------


全ての面が 同一の正多角形で構成されてあり かつ
全ての点において 接する面の数が等しい凸多面体

各面の中心を結ぶと 別のプラトン立体になる

  正4面体 ⇔   正4面体  差は0 ※
  正6面体 ⇔   正8面体  差は2
正12面体 ⇔ 正20面体  差は8

※ 上向きの正4面体 と 下向きの正4面体が重なった星形二重正四面体(マカバ)
  立体的な六芒星


差(一つの数値と他の数値との間のひらき)に注目--------------


 2 3  5 5  7 8 

と対極にある数字は  差は0
と対極にある数字は  差は2
3と対極にある数字は7
2と対極にある数字は8
と対極にある数字は  差は8

クリックすると拡大する
プラトン立体と獣の数字

(9×9)+(12×12)+(21×21)= ???  ※ 
2112 = 9

  使用しなかった数字 (3×7 + 2×8)= 37(wiki
  37 ×(6+6+6)= ??? 関連記事


数秘術と時間の流れ


過去 1 2 3 4 5 6 7 8 9 未来---------------------


過去 から 未来 へ流れる時間 例 ⇒ 357
未来 から 過去 へ流れる時間 例 ⇒ 753


 数秘術


3 6 9
2  8
1 4 7

123^2 + 456^2 + 789^2 + 741^2 + 852^2 + 963^2 = A
321^2 + 654^2 + 987^2 + 147^2 + 258^2 + 369^2 = B

A - B = ???????

951^2 + 753^2 = a
159^2 + 357^2 = b

a - b = ???????


○○○^2 ⇒ ○○○の2乗


-------------------------------------


??????? ÷(111+222+333+444+555+666+777+888+999)= ???

足立育朗 編著『真 地球の歴史』によると 
宇宙は

264種の星座(魂)が 264の文化圏を形成している ⇒
 関連記事 


後ろの正面 だあれ?


かごめ かごめ

籠の中の鳥は いついつ出やる 
夜明けの晩に が統べった
後ろの正面 だあれ?

5芒星) ⇒ 3+
6芒星) ⇒ 3×

最小の魔方陣 ⇒ 縦 横 斜 どの線に沿って 足しても   15
最小の積方陣 ⇒ 縦 横 斜 どの線に沿って 掛けても 216

クリックすると拡大する
五芒星と六芒星

  15 =2+5+8
216 =(1+4+7)×(3+6+9)

(1+4+7)×2+5+8
= A
(1+4+7)
×
(3+6+9)
= B
2+5+8
×
(3+6+9)
= C

A + B + C = ???


後ろの正面 だあれ?--------------------------------------


最小の魔方陣の数字を 小さい順に並べる
最小の積方陣の数字を 小さい順に並べる
2つの数字を掛ける
合計すると ???

後ろの正面 だあれ?


ヒント-----------------------------------------


キリスト教においては 蛇は「
悪魔の象徴
」であるが
グノーシス派では 蛇は 人間に知恵をもたらした「光の使者」として崇拝された

因みに ??? -(×)× 9 = 6 × 66


マヤ暦とシュリー・ヤントラ


カレンダー・ラウンド(マヤ暦)------------------


ツォルキンにおける周期の日数である 260(130+130)と
ハアブにおける周期の日数である 365
(20日×18か月+5日
最小公倍数に当たる 18980日

260+365 = 5×5×5×5

3^2 + 6^2 + 9^2 + 2^2 = ???
1^2 + 4^2 + 7^2 + 8^2 = ???

            3 6 9
            2  8
            1 4 7

縦列 30×17 =(1×2×3)+(7×8×9)
中間 20×18 + 5 = ???
横列 10×19 =(1×4×7)+(3×6×9)


シュリー・ヤントラ----------------------------------


上向きの三角(男性原理)と 下向きの三角(女性原理)の組み合わせ

外側から数えると 
14個の三角、10個の三角、10個の三角、8個の三角、中央の三角

シュリー・ヤントラシュリーヤントラ

上向きの三角----------------------

赤色の三角 8個 ⇒ 8番目の三角錐数は? ⇒ wiki
橙色の三角 4個
 ⇒ 4番目の三角錐数は?
黄色の三角 8個
 ⇒ 8番目の三角錐数は?

合計すると ???

下向きの三角-----------------------

青色の三角 9個
 ⇒ 9番目の三角錐数は?
藍色の三角 5個
 ⇒ 5番目の三角錐数は?
紫色の三角 9個
 ⇒ 9番目の三角錐数は?

合計すると ???


グノーシス主義の善悪二元論


グノーシス主義の特徴---------------------------


光(白)と )の善悪二元論

真の神のいる場所へ向かうには 7つの天(7色)を通る必要があるとされた


光の分散-------------------------------


プリズムによる白色光の色分解 画像 で検索

白色光を ガラスでできた三角形の角柱(プリズム)に通すと
屈折によって 7色に分離される 


数と色の対応関係-----------------------------


前田 和慧 (著)『マントラ』によると

 ⇒ 
 ⇒ 
 ⇒ 
 ⇒ 
 ⇒ 
 ⇒ 
  7 ⇒ 白(光)
 ⇒ 
   ⇒ 


三角形の角柱(プリズム) ⇒ 三角数(wiki-----------------------


  7番目の三角数は △△

(7+)番目の三角数は ○○○

  番目の三角数は ▽▽


横に並べると 
△△○○○▽▽ ⇒ 色に直すと


ヘブライ文字のソフィート


前回の記事 の続き

生命の樹は 10個の円(セフィラ)と 22本の小径(パス)から成る。
10個のセフィラをつなぐ22本の道を 小径(パス)という。


10個の円(セフィラ)----------------------------------------


( 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 )+( 7 + 8 + 9 + 10 )= ??


22本の小径(パス)--------------------------------------


22個のヘブライ文字(数価に注目)  ⇒ wiki 
ソフィート


橙色の数字の2乗)- 
通し番号の紺色の数字の2乗)= ????


フィボナッチ数(wiki----------------------------------


21^1 + 34^1 =
10番目のフィボナッチ数

21^2 + 34^2 = ??番目のフィボナッチ数


生命の樹と聖書の暗号(予言)


初期バージョン? の 生命の樹--------------------------


    生命の樹
カバラに記されている生命の樹

生命の樹は 10個の円(セフィラ)と 22本の小径(パス)から成る。
10個のセフィラをつなぐ22本の道を 小径(パス)という。

初期バージョンのパスは 17本
一番下にある最後のパスをつかむ「5本指」に注目

パスの計算例 :「3のセフィラ」と「6のセフィラ」をつなぐパス ⇒ 3×6=18
17本のパスを合計すると ???


22個のヘブライ文字(数価に注目)  ⇒ wiki 


ヘブライ文字には 5つの語末形(ソフィート)がある ⇒ 500 600 700 800 900
ソフィート というのは 単語の最後に文字が来たときに取る形

1種類の数価のヘブライ文字 17個
2種類の数価のヘブライ文字   5個

聖徳太子が作ったとされる『17条の憲法』は
陰(偶数)の極数 8 = 3
陽(奇数)の極数 9 = を足したもので 陰陽思想の影響とされる

正17角形は 定規とコンパスのみで作図できる ⇒ wiki



10個の円 球(セフィラ)--------------------------


問 ⇒ 10番目の三角数は?
答 ⇒ wiki

問 ⇒ 10番目の三角錐数は?
答 ⇒ wiki


古くからの言い伝え------------------------


かつてあったこと、いまあること、そして、時の終わりまでにあるであろうことの
すべてが、最初の言葉から最後の言葉まで、旧約聖書(
トーラー)に収められている

神からモーセに手渡されたトーラー(モーセ五書)の原本は
サファイアで飾られた巻物に、全部で304805個の文字が
スペースなしでずらりと並んでいた

+ 5^2 -( 55^2 + 220 )+ 555^2 = ??????

?????? 聖書の暗号 で検索
ヘブライ文字と時間(予言)の関係 ⇒ クリック


記事検索
最新記事
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ