1
あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/09() 16:02

情報求む

 

 

5 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/09() 16:06

>>1

まさか、見たのか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

6 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/09() 16:07

おれあの話好きなんだよな…

新情報あったら俺も聞きたい。
 

【1】
7
くねくね田んぼ編03/07/09() 16:13

212 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/07/07() 01:28

わたしの弟から聞いた本当の話です。

弟の友達のA君の実体験だそうです。

 A君が、子供の頃A君のお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。

外は、晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃でした。

せっかくの良い天気なのに、なぜか2人は外で遊ぶ気がしなくて、家の中で遊んでいました。

ふと、お兄さんが立ち上がり窓のところへ行きました。

A君も続いて、窓へ進みました。

お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、人が見えました。

真っ白な服を着た人、(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかったそうです)

が1人立っています。

(あんな所で何をしているのかな)と思い、続けて見るとその

白い服の人は、くねくねと動き始めました。

(踊りかな?)そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な

方向に体を曲げるのです。

とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。

くねくねくねくねと。

A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。

「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」

すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。

ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、

分かったようです。

「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、

お兄さんは「分かった。でも、分からない方がいい。」と、

答えてくれませんでした。

 あれは、一体なんだったのでしょうか?

今でも、A君は、分からないそうです。

 「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、

私は弟に言ってみました。

これだけでは、私も何だか消化不良ですから。

すると、弟がこう言ったのです。

 「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」

 


【2】
8
くねくね03/07/09() 16:14

759 名前:7561/5) 投稿日:03/03/29 19:18

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。

年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に

遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と

田んぼの周りを駆け回った。

そして、日が登りきり、真昼に差し掛かった頃、ピタリと風か止んだ。と思ったら、気持

ち悪いぐらいの生緩い風が吹いてきた。僕は、『ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい

風が吹いてくるんだよ!』と、さっきの爽快感を奪われた事で少し機嫌悪そうに言い放った。

すると、兄は、さっきから別な方向を見ている。その方向には案山子(かかし)が

ある。『あの案山子がどうしたの?』と兄に聞くと、兄は『いや、その向こうだ』と

言って、ますます目を凝らして見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと

見た。すると、確かに見える。何だ…あれは。

 

 

9 くねくね03/07/09() 16:15

761 名前:7562/5) 投稿日:03/03/29 19:19

遠くからだからよく分からないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。

しかも周りには田んぼがあるだけ。近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、

ひとまずこう解釈した。

『あれ、新種の案山子(かかし)じゃない?きっと!今まで動く案山子なんか無かった

から、農家の人か誰かが考えたんだ!多分さっきから吹いてる風で動いてるんだよ!』

兄は、僕のズバリ的確な解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消えた。

風がピタリと止んだのだ。しかし例の白い物体は相変わらずくねくねと動いている。兄は

『おい…まだ動いてるぞ…あれは一体何なんだ?』と驚いた口調で言い、気になって

しょうがなかったのか、兄は家に戻り、双眼鏡を持って再び現場にきた。兄は、

少々ワクワクした様子で、『最初俺が見てみるから、お前は少し待ってろよー!』と言い、

はりきって双眼鏡を覗いた。

 

 

10 くねくね03/07/09() 16:15

762 名前:7563/5) 投稿日:03/03/29 19:20

すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる真っ青になっていき、冷や汗をだくだく

流して、ついには持ってる双眼鏡を落とした。僕は、兄の変貌ぶりを恐れながらも、

兄に聞いてみた。『何だったの?』

兄はゆっくり答えた。

『わカらナいホうガいイ……』

すでに兄の声では無かった。兄はそのままヒタヒタと家に戻っていった。

僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと、落ちてる双眼鏡を

取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気が無い。しかし気になる。

遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、

それ以上の恐怖感は起こらない。しかし、兄は…。よし、見るしかない。どんな物が兄に

恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる!僕は、落ちてる双眼鏡を取って覗こうとした。

その時、祖父がすごいあせった様子でこっちに走ってきた。僕が『どうしたの?』と尋ねる前に、

すごい勢いで祖父が、『あの白い物体を見てはならん!見たのか!お前、その双眼鏡で見たのか!』

と迫ってきた。僕は『いや…まだ…』と少しキョドった感じで答えたら、祖父は『よかった…』

と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕は、わけの分からないまま、家に戻された。

 

 

13 くねくね03/07/09() 16:16

763 名前:7564/5) 投稿日:03/03/29 19:22

帰ると、みんな泣いている。僕の事で?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように

笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくね、くねくねと乱舞している。僕は、

その兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。

そして家に帰る日、祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。

あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か

経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』

僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もう、無い。また来年実家に

行った時に会ったとしても、それはもう兄ではない。何でこんな事に…ついこの前まで仲良く

遊んでたのに、何で…。僕は、必死に涙を拭い、車に乗って、実家を離れた。

 

 

14 くねくね03/07/09() 16:17

764 名前:7565/5) 投稿日:03/03/29 19:23

祖父たちが手を振ってる中で、変わり果てた兄が、一瞬、僕に手を振ったように見えた。

僕は、遠ざかってゆく中、兄の表情を見ようと、双眼鏡で覗いたら、兄は、確かに泣いていた。

表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような、最初で最後の悲しい笑顔だった。

そして、すぐ曲がり角を曲がったときにもう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながら

ずっと双眼鏡を覗き続けた。『いつか…元に戻るよね…』そう思って、兄の元の姿を

懐かしみながら、緑が一面に広がる田んぼを見晴らしていた。そして、兄との思い出を

回想しながら、ただ双眼鏡を覗いていた。

…その時だった。

見てはいけないと分かっている物を、間近で見てしまったのだ。

 

『くねくね』 了

 

 

【3】
22
エニグマスレよりコピペ 103/07/09() 18:21

あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:33

 

どこに書いたらいいのか分かんないんだけど、ここに書かせてください。

誰に言っても曖昧な答えしかしてくれないので、ここなら誰かが俺に

答えをくれるかも。

 

小学4年生くらいのことなんだけど、親戚が水泳教室を開いていて、

そこの夏季合宿みたいなのに参加させてもらった。

海辺の民宿に泊まって、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。

小学生が十数人と、あとは引率の先生が男女あわせて4人くらいいた。

俺は同年代のいとこがいたせいで、すぐに他の生徒ともうちとけ、1週間

毎日楽しく過ごした。

 

その最終日前日のことだったと思う。

運悪く台風が近づいてきているということで、海でも泳げず俺たちは

部屋でくさっていた。

みんなは部屋で喋ったりお菓子食べたりテレビ見たりしてたが、俺は

目の前の海を、民宿の2階の窓からぼんやりと眺めてた。

強風で物凄い高さの波がバッコンバッコンやって来るグレーの海。

 

 

24 エニグマスレよりコピペ 203/07/09() 18:26

あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:33

なんだあれ?

思わず声が出たのかもしれない。

気がつくと後ろにKちゃんもやってきて一緒に窓の外を見ていた。

2つ上の6年生で、虫取りが上手な奴だったと記憶している。

「え、あれ・・・」

Kちゃんも浜辺のそれに気がついたらしく、目が大きく見開いている。

 

荒れ狂う海のすぐそばを、白いモノが歩いてくる。

歩いてくる? というか移動してくる。

男か女かも分からない。

俺は近眼なんで良く見えない。

服とか着てるようには見えないんだけど、全身真っ白だ。

真っ白のウェットスーツ? そんなものあるのか?

動きはまるでドジョウ掬いをしているような感じで、両手を頭の上で

高速で動かしている。

 

 

25 エニグマスレよりコピペ 303/07/09() 18:26

あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:33

俺の真後ろで突然やかんが沸騰した。ピーーーーーーーーーー!

いや、ちがう。Kちゃんの叫び声だった。

引率の先生が飛んできた。

Kちゃんは何回もやかんが沸騰したような音を出して畳をザリザリと

はだしの足でこすって、窓から離れようとしていた。

 

その後引率の先生と他の先生とがKちゃんを病院に連れて行った

ような気がする。

その日はみんな怖くなって布団をくっつけあって寝た。

Kちゃんは戻ってこなかった。

 

 

26 エニグマスレよりコピペ 最後03/07/09() 18:27

あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:34

数年後親戚の集まりでいとこと会ったので、その夏の事を聞いてみた。

いとこは何故か露骨に嫌な顔をした。

Kちゃんはストレス性のなんとかで(脳がどうとか言ってたかな)その後すぐに

水泳教室をやめたらしい。

水泳教室自体も、夏季合宿の類を中止したそうだ。

Kちゃんは何を見たと言っていた? 俺が聞きたいのはこれだけなんだ

が、どうしても聞きだせなかった。

 

俺は、その夏季合宿の後すぐ眼鏡をかけるようになった。

でも今でも、その夏季合宿の時に眼鏡をかけていたら・・と思う。

Kちゃんは一緒に森を探索したときに、木に擬態しているような虫も

真っ先に見つけるほど目が良かった。

Kちゃんはきっと、その浜辺で踊っていたモノ(踊っていたとしか言い様が

ない)を、はっきりと見てしまったに違いないんだ。

 

 

【4】
27
さらにこういうレスもあった03/07/09() 18:31

■エニグマスレよりコピペ■

 

あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/02 01:52

 

>白くてくねくね

昔ワイドショーで湖面を走るなぞの物体が写った写真を取り上げてた。

当時はオカルトとして扱われれば何でも怖かったので何が写っているのか

分からない写真なのに怖がった。

で、何が写ってるか分からない写真なんで拡大し、

それをイラストにしたものが出たが、

人型で全身白いが顔は楕円でオレンジ?かなんかだった。

こういう物が、泳ぐではなしに、水上を走ってたって。

それ以外情報聞かないね。このネタ。

 

 

30 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/09() 18:54

見てなにかわかれば気が狂う。でも何なのか気になるな

 

 

36 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 00:08

>>14 の話で最後くねくね見てる人が一人称で文章書いてるから…

何なのかわからなければ問題無いのか。でもそれなら兄は何故わかったんだ。

 

 

37 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 00:22

「くねくね」の共通点(このスレに出た話のみ)

白い

遠い位置にいる

体が柔らかそう

田舎?が多い

目撃者が二人?の場合が多い

年上の方が狂う

 

 

60 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 02:20

アカ・マナフの可能性

 

 

61 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 02:26

>>60

ペルシャ神話かよ

俺は、クトゥルフ系だと思ったんだが

 
 

【5】
83
エニグマからコピペ03/07/10() 14:36

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/22 15:28

洒落にならないくらい怖い話スレに書き込むべきか迷ったけどこっちに。

小さい頃、両親と東北に旅行した時泊まった民宿の窓から妙なものを見た。

最近になってテレビでゴム男の話を見て、ああ、あの時見たのはコレかなぁと

思ったんだが…

 

ずっと遠くの波の上でくねくねしている白い何か。

ガキだったから「イカ男ハケーン」とか思って親を呼びに行き、戻ってみると

いなくなってたんだが…

波間に発泡スチロールが浮かんでいただけだと思いたい。

でもそれは人間に似てた。思い返したくないけどちょくちょく上がってる例の話そっくりなんだよ。

 

何かの拍子でそれが何なのか理解できてしまったらと思うとすげえ怖い。

俺はゴム男だと思ってオカ板に来たのに。

 

 

【6】
92
あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 16:01

マジレス

 

思い出しちゃったよ

俺もくねくね?見たいなものを見たことがあったということを(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

あれは、俺が小学1年生の頃だったと思う

夏に家族と一緒に近くの海に行ったのだが(海には、入っていない)何気なく

海を見つめていると、ずっと遠くの方になにかひらひらしている物が見える

(あれは、何?発泡スチロールとかのゴミ?)

よくよく眺めていると、その物体は人が手をくねらせている(腕がまるでこんにゃくの

ようにくねくねしていた)も見える

何してんだ、あの人?

君が悪くなり俺は、そこから目を背け親のいる所に戻った

しばらくして、さっきの場所を見てみたが何もなかった・・・

 

 

【7】
95
あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 16:49

うちの娘が2歳の時、保育園で謎の絵を描いた。

今、見たらくねくねしてる物体なんだけど 当時まだ言葉が覚束なくて

コレ何?って訊いたら「ふーりたまたましてんねん」と応えた。

「ふーりたまたまって何?」って訊いたら「ひとがふーりたまたましてんねん」と。

子供の言う事だから ほーってその場は流して15年経った今、このスレ見て

ふと思い出して 娘にその絵を見せてもう一度訊いてみたら

「いやぁ 覚えてない」と返ってきた。娘は阿呆だが、まぁそれなりに元気で明るい。

ふーりたまたま ってなに?

 

 

【8】
97
あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 17:15

小学生のころ似たようなものを見た記憶があるよ。

 

夏休みの昼下がり、家の2階の窓から山をボーっと眺めてた。

その山の中腹くらいにある畑で、農作業をやってる人が見えた。

遠いのでよくわからないが、その人は一心不乱に鍬を振り上げ

振り下ろすという行為を行っているように見えた。

この暑い中大変だなーって眺めてたんだが、なんだか変な感じが

してきた。異様に動きが素早いのだ。しかもずっと同じ場所に留まって

いる。ひたすら背筋を伸ばした姿勢と前かがみの姿勢を凄い速さで

同じ場所で繰り返している…

耳鳴りがする程の静けさと相まって、だんだん気味が悪くなってきたので

見るのをやめた。

 

耕してた人が何色の服を着てたかまでは覚えてません。

ほんとにただ畑を耕してた人なのかもしれません。

もしくは風に揺られた案山子かも。

 

 

105 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 19:20

この一連の話の気味悪いところは、

「それが何なのか正体が解ると」大抵精神が逝っちまうこと。

 

「正体が解る」ってことは、つまり全然未知の生物とかじゃ無く、

普通に俺たちが「知ってるハズの何か」ってこと??

 

うまく言えないけど、気味悪いよな~

 

 

106 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 19:23

案外、気がおかしくなったヤシラの見たのは、

自分そっくりの顔してたりしてな~

 

 

109 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 19:42

>>105-106

でも何か見ただけでパーになるってのはよっぽどのことだぜ?

トラウマになることはあるかもしれないが

 

あと、「田んぼに放す」ってことは時間がたつとなにかに(多分くねくね)になっちゃうんだろう

この辺が都市伝説というより昔ながらの怪談、民話っぽくっていいね

 

 

90 あなたのうしろに名無しさんが・・03/07/10() 15:51

でも、くねくねの話ってなんか

ロマンがあるよね~?

 

田舎のたんぼの話なんかとくに。

 

”祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。

あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か

経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』 ”

 

たんぼに放す~っていうところとかさ・・

 

 

116 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 20:13

>>90を見て思ったんだが、祖母は兄がどうなったのか(くねくねのこととか)知ってて

田んぼに放すって言ったってことは祖母はくねくねの正体を知ってるのか?

もし兄がくねくねになるとしたら祖母はそれを見てしまうことになるよな?

祖母は大丈夫なのか?

それとも兄はくねくね化するわけじゃないのか?

 

自分で書いててわけがわからなくなってきた。

似たような話が他にないか探してくる。

 

 

119 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 20:22

この「くねくね」ってスレタイが偉いな

どっちかというとコミカルな響きなのに、見たら狂うっていう話とのギャップが怖さをそそるね

テケテケとかもそうだけど

 

 

【9】
122
あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 20:25

とりあえずこれ。「死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?」の過去ログ倉庫からコピペ。

これも田んぼだよ。黒いけど。

 

255 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/13 00:03

過去ログをあさっていたら「田んぼの真中でひたすらくねくねしてるやつが云々・・・」

って話があったのですが、他にも見た人いませんか?

俺は見ました。

高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると玄関を勢いよく開けて

母が転がり込んできました。

尋常ならざる様子に俺が駆け寄ると母は

「お願い、お願いだから田んぼには行かないで」

と繰り返しました。

買い物帰り、自転車で田んぼ道を走っていると見なれない黒いものがうごめいているのが

見えたそうです。カカシかな、と思い自転車を止めてよく見てみると手足の細い人型の

物体がその四肢を狂ったようにくねくねと動かしていたらしいのです。

とたんに得も言われぬ恐怖に襲われ、逃げてきたそうです。

その時は分かった、と一言いって母を落ち着かせたのですが、話のネタにも困っていた俺達は

こっそり母の言った田んぼにいってみることにしました。

それはやはり居ました。風も無いのに、ひたすら手足を動かす黒いもの。しかもそれはゆっくりと

移動していました。

しまった!と思ったときにはもう遅く、目からは涙があふれ膝はがくがくと震え出しました。

友人も口元を振るわせながら目をうるませていました。泣きながら逃げ帰ったのは言うまでも

ありません。

くねくね動くだけのものがどうして怖いのか?と問われると言い返しようがありませんが、まるで

俺を飲みこむようなあの圧倒的な違和感はこの世のものとはとても思えません。

ほんとに怖かったんです。

 

 

124 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 20:29

何!黒もいるのか!

 

 

133 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 21:25

この話でウィリアム・ギブスンの短編SF小説、『辺境』を思い出した。

ある宇宙ステーションに多くの宇宙飛行士達がいる。

そこから先にブラックホールのような時空の穴が発生し

次々と宇宙飛行士が送りこまれるが、帰った来たものは自殺しているか気が狂っている。

手に貝殻を握り締めて死んでいる者もいた。

 

この「クネクネ」もそうだけど、何か未知の存在があって

それを知ってしまった者は決して伝える事ができない、という

パラドックスそのものがこの手の話の核じゃないだろうか。

 

これは死後の世界も同じ。

死んだらわかるが、その時は決して人に伝える事ができない。

 

 

136 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 21:37

初めてこの話を読んだのは確かenigmaスレの「海の家」バージョンだった。

これが一番マジ話っぽい。

このあと洒落怖スレのログに類似した話があるという指摘があり

参照してみたところ、「わからないほうがいい」という話が確かにほぼ同じ内容だったが、

こちらの方は“また聞き”の形式で書かれているという点、

また最後の“知的障害”のくだりなどからやや作りっぽく感じた。

その後は散発的に“確認未遂体験”が書き込まれていた。

 

それ以降目にした完全型(目撃後におかしくなるまでが書かれているもの)は二つだったが、

一つは目撃した当人がややおかしくなりはしたものの成人後は宗教団体の勧誘員になっていたという話。

目撃者のその後まで書いてあり当初の恐怖を薄れさせるように感じた。

もう一つは本スレ714に引用されている話だがこちらはかなり創作っぽい。

創作だとしたらあんまり上手いとは言えないだろう。

ダ・ヴィンチの怪談之怪あたりに出したらかなり突っ込まれそうだ(マジ話だったら失礼)。

 

共通点は海か畑(田んぼ含む)に現れる白い色(本スレ122を除く)という所か。

過去ログを漁ればもっと類似した話が出てくるかもしれんね。

 

 

142 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 21:51

よく読んだら7の話と8以降の話って違うよな

7の話だと兄は裸眼で見ちゃってるし

8以降のはなしだと本人が最後にくねくね見ちゃってるよな

 

 

145 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 21:57

科学的にマジレス

 

陽炎だろ?自動車でもくねくねしてるように見える

 

 

147 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 22:05

>>145

ベタだけど、陽炎に自分の姿が映ってそれがクネクネ。

ドッペルゲンガーと合わさって気が狂うとか。

 

 

150 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 22:09

ドッペルゲンガーって見た人は死ぬんじゃなくて気が狂うのかもなー

 

 

【10】
154
あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 22:22

361 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/07/04 16:55

ニョロニョロをみた。

 

幼稚園に入ったばかりくらいかな。親戚の家に遊びに行って、田舎だからトイレが

ボットンで外にあったんで、怖いから夜は前庭で用たししてたんだけど、

ある夜庭に面した門から半透明で白く光る細長いなにかが、ピョンピョン跳ねながら

三つ並んで入ってきた。

呆然と見ていると、それは目の前で二階の屋根くらいに膨れ上がってすぐ縮み、

開けっ放しの玄関から家の中に入っていった。

すぐ追いかけたけど、玄関にいた母はなにも見なかったそうだ。

本当にニョロニョロそっくりだった。なんだったんだろう。

 

 

166 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 23:30

くねくねと予測されるものをまとめると

・人間の見間違い

・陽炎

・案山子

・ドッペルゲンガー

・ニョロニョロ

・発泡スチロール

・くねくねハニー

・スカイフィッシュ

・キリタンポ

・二コレット(のCMのタバコオヤジ)

・綾波レイ

・狭山丘陵のトロール

 

 

167 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/10() 23:31

>>166

マジレスすると、俺はキリタンポだと思うぞ。常識的に考えて。

 

 

173 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 00:27

くねくねしてる白くてコワイものにカオがあったら

どこかでそれに触れてると思う。

だから多分くねくねにカオはない。

カカシみたいとか、風に揺れるとか、そういう表現から

あんまりどっしりと質量がある雪男みたいなものでもない。

ここからは個人的なイメージだけど、なんかホラ、神道で使うような

ペラペラした紙、人型のとかひし形が繋がったみたいのとか。

ああいうっぽいのイメージしてるんだけど。

大人がひと目見て「イケナイもの」と分かる。

 

日本の田舎をくねくねしながら移動する、忌まわしい白いモノ。

なんだろうねー

 

 

186 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 00:59

民俗板で聞いてきた

大入道やら一反木綿やらのたぐい?かもしれないだって

 

 

199 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 03:14

てゆうかこれってタンモノ様の事でしょ?

普通に東北の爺様婆様は知ってると思われ。

そんなに騒ぐものか?

 

 

200 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 03:16

>>199

タンモノ様見たら、気が狂うわけ?

くねくねしてるだけならともかく、

それを細部まで見た人間がおかしくなる党ところが怖いのであって。

 

そして200ゲッツ

 

 

205 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 03:39

爺様婆様には

「タンモノ様を見ても気にするな」とか

「もし見たらすぐに目をつぶってそこから離れて

井戸の水を頭から浴びろ」

ってガキの頃いつも言われてたよ。特に夏は家出る時

毎回口うるさく言われてた。

「見たらメクラになる」「ボケになる」

「ヘソを取られる、喰われる」生ハゲとか雷様みたいなもんかと思って

あまり気にしてなかったけど子供心に怖かったよ。

それより夏の朝爺さんに魔除け?のために

井戸水を頭からぶっかけられたり、井戸水で顔

(特に目。子供には辛い!)を洗わされる方が嫌だったw

 

 

211 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 04:45

>205

> 特に夏は家出る時毎回口うるさく言われてた。

> 夏の朝爺さんに魔除け?のために井戸水を頭から

くねくねの目撃談も夏ばかりじゃないですか??

…キーワードは夏?

 

 

212 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 04:51

>>211

興味深い。

 

 

213 あなたのうしろに名無しさんが・・・03/07/11() 04:54

>>211

そういえば目撃談(創作もあるらしいが)も夏が多いですよね。


くねくね2





 く ね く ね 

http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057734131/