629
本当にあった怖い名無し2010/12/27() 14:35:19 ID:hp0WPuWi0

高校の頃、図書室で良く一緒だった同級生の話。

冬場は図書館にストーブが置かれるので常連が多かった。
 

その日は寒く雨が降っており、

まだいつもの常連がほとんど来ていなかった。

そいつはいつもの席でひたすらサイコロを転がしており、

「何してるんだよ」と聞くと

「1の目が出る時は解るんだよ」と言って、

目の前で実演して見せてくれた。

 

彼は6回連続で1の目が出る時だけを見事に言い当てた。

サイコロを振る前、

手の中で転がしているときに微かに暖かいのだそうだ。

今でもあれが手品だったのか、

そういう体質だったのかは定かじゃないのだが、

見せてもらった限りではサイコロに仕掛けは無かったし

摩り替えている様子も無かった。

(後日別の半透明なサイコロでもやっていた。)

 

本人曰く、「寒い雨の日とかはうまくいく」との事。

いつでもどこでも百発百中では無いらしい。

手品だったかもしれないが、未だにタネがわからないし、

妙な説得力があったので

そういう人もいるのかと普通に信じてしまった。

ちなみに、彼の能力が特に役立ったことは無いそうだ。



不可解な体験、謎な話~enigma Part66

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1291251544/