642
本当にあった怖い名無し2010/12/29() 06:27:27 ID:RytTMaj+0

流れ切ってたらすまん、なんか急に思い出したので

 

自分が幼稚園生の頃、

無くしたおもちゃとかがよく上から落ちてきていた。

と言ってもでかい物ではなく、小さな部品とか、

プラスチック製のちっちゃい玉とかそういうものだけど。

今となってはぼんやりとしか思い出せないが、

それで無くしていたものを結構見つけていた記憶がある。
 

当時の自分が

「なくし物というものはしばらくしたら

天井から降ってくるものなのだ」

と思い込んでたぐらいだから結構な回数あったはず。

それもいつも親がいない部屋にいたりとか、

親が用事で中座している時が多かったと思う。

少なくともプラスチック製の玉のときは周りに親はいなくて、

自然に手の上にぽとりと落ちてきた。

 

で、幼稚園年長になる頃には

もうその現象はなくなったのだけれど、

小学生高学年ぐらいのとき、一回だけ似たようなことがあった。

リビングで母親と一緒にいたときに

一円玉がどこからともなく落ちてきて、

自分の太ももの上に「ぴたっ」と音を立てて見事着地。

本当に真上から、回転しながら落下してきた。

 

確か母親も何かの作業をしていたので、

母親が投げたものではないと思う。

母親に「神様がお小遣いくれたんだよ」みたいなこと言われた。

その1円玉は勿論自分の財布に収まった。

と言っても大切に保管することはなかったので、

何かのときに使っちゃったと思うけど。

今思えば保管しときゃよかったな。

 

今でもたまに、無くし物なんかしたりすると

上から落ちてこねえかな、と思うときがある。

しかしやっぱり自力で探し物が出来る大人になると

落ちてきてはくれなくなるらしいw

 

 

644 本当にあった怖い名無し2010/12/29() 08:18:40 ID:2kjujc6N0

子供の頃うちの親は俺がなくした物を

意外な所に隠して見つけさせたり

上から降ってきたように投げたりしてくれてた。

それを本当に降ってきたと思って喜んでたっけな。

 

一番覚えてるのは雹が振り出したときに

縁側に出て見ていたら

細かい雹に混じってでかい雹が

ごろごろと俺の周りにだけ降ってきた。

びっくりして拾い集めたところへ父親が来て

「実はお父さんでしたw

と言って空になった製氷皿をみせてきた。


 

645 本当にあった怖い名無し2010/12/29() 08:44:49 ID:hqjRjjUD0

>>644

おちゃめなお父さんだな



不可解な体験、謎な話~enigma Part66

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1291251544/