308
本当にあった怖い名無し2007/06/26() 12:55:28 ID:1FrmPzYRO

保守がてら投下。怖くないけど

 

自衛隊には、山での訓練が年に何度もあります。

大きな演習場は大抵山麓にあり、

結構深い森に囲まれています。

某地方の演習場で先輩の隊員が体験した話。
 

その夜、A士長は、敵から離れた場所にある、

指揮所の警戒に立っていたそうです。

 

普段はそのような場所にたつと

大体暇か眠いだけでおわるのですが、

その日は思わぬ不審者にでくわしました。

 

木と木の間から、何者かが覗いていたのです。

まっすぐにこちらを見ている顔は、人間のものでした。

ただ、髪の毛のないその頭のサイズは、

体の3分の1ほどもあったと言います。

明らかに敵役部隊の人間でも、味方でもありません。

しかしながら、警戒に立っている以上は

不審者を放置出来ません(先輩すげぇwww)ので、

銃を構えてA士長は誰何(問い質す事です)したそうです。

 

「誰か」(誰だ、の意味)

しかし答なく、その大きな顔は、じっとこちらを見ています。

もう一度、誰何するもやはり「それ」は答えませんでした。

(もしかしたら、「だれか」の意味が

分からなかったのかもしれませんがwww)

 

しばらく相対したあと、

彼は人間と思えない早さで走りさっていったそうです。

 

初めての投下で、携帯からつまらない乱文すみません。

私個人は、戦車隊員のフリチンを拝みかけたことくらいしか

恐怖?体験がないのですが、

いくつか先輩から聞いたものから投下いたしました。



∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180412998/