230
本当にあった怖い名無し2011/02/05() 16:48:19 ID:nzmPLBlgO

 

これは俺の実家の話なんだけど…

※長文なうえに怖くなかったらすいません。
 

俺は約10年近く前、

家族で東京から今の実家(二階建て一軒家)に引っ越した。

一応関東なんだがめちゃくちゃ田舎で、

学校まで徒歩1時間かかるので俺と弟はうんざりしていた。

母親も田舎で何もやることがなく、暇を持て余したためか、

住んで1年も経つとパートに出るようになった。

 

その頃から家で妙な音を聞くようになった。

 

最初はただの家鳴り?だと思うんだけど、

それでも小学生の俺ら兄弟にはめちゃくちゃ怖かった。

 

でもある時突然音の感じが変わった。

なんていうのかな、

今までは「ミシ…」とか「ピシ…」みたいな

完全に家鳴り系の音だったんだけど、

その日は人が歩いてるような「ダンダンダン」

みたいな音が2階から聞こえた。

(かなり古い家だから人が2階にいると足音とかかなり聞こえる)

 

弟と俺は「泥棒か!?」とめちゃくちゃビビって、

蠅たたきとかバットとか持って2人で2階に向かった。

とにかく怖かった俺は「コラー!出てこい!」とか

喚きながら勢いよく障子を開けたが誰もいない。

隣の部屋も誰もおらず、押入やクローゼットも

確認したがいつもと変わった様子はなかった。

 

 

231 本当にあった怖い名無し2011/02/05() 16:50:30 ID:nzmPLBlgO

しかも窓の鍵もちゃんと閉まっていて、

階段以外2階へ続く道はないため、完全なる密室状態だった。

 

弟は泣きそうな顔をしており、俺も多分そうだったと思う。

とりあえず「聞き間違えだ」ということにして

俺らは1階に降りることにした。

すると再び2階で人が歩く音がしたため、

俺らは思わず2人で抱き合ってしまった。

 

しかしこの音も5年ほど経つと慣れてきて、

ほとんど気にしなくなってきた。

で、母親や弟

(父親は家にいる時間が少ないのであまり聞いたことがないらしい)

に色々聞いてみたら、

法則というか特徴があることに気が付いた。

 

・足音は子供と大人(多分男性)の2種類ある

(子供は音が軽くてタンタンタンッて感じ、

大人は父親と同じ足音でダンダンダンッて感じ)

・時間帯は午前10時~午後6時くらいで

真夜中と朝は聞こえない

・2階から階段の一番下までにしか来ない

(1階には足を踏み入れない)

 

こんな感じだった。

また2階にいるときは足音は聞こえないし、

ましてや1階から2階に上がって来ることもないので

2階に部屋がある俺は少し安心していた。

 

 

しかし、俺が高校2年生のときめっちゃ怖いことがあった。

 

俺はいつも午後12時くらいには寝ていた。

 

 

232 本当にあった怖い名無し2011/02/05() 16:52:08 ID:nzmPLBlgO

その日も大体そのくらいに寝ていて、

両親は俺の隣の部屋で午後10時には寝ていた。

ちなみに弟は1階の一番奥の部屋で寝ている。

 

 

すると俺はふと目を覚ました。

携帯を確認すると午前2時ちょい過ぎでメールは来ていない。

再び眠りにつくため布団をかぶり直し、

目を瞑ると、俺はあることに気が付いた。

 

 

「誰かが階段を上がってきている」

 

 

最初は弟かなと思ったが、

弟にしてはヤケに重たい「ダンダンダンッ」という音だ。

身長155cmでガリガリの弟の足音ではない。

父親かとも思ったが、

隣の部屋からは豪快な父親のいびきが聞こえる。

母親は弟より小柄だし、この足音は一体誰だ?

 

嫌な汗が一気に噴き出てきた。

もうすぐ俺の部屋に足音が辿り着く。

ヤバい、これはヤバい。

しかしそう思った頃には金縛り?に近い状態になっていて

指すら動かせず、足音も俺の部屋まできていた。

そして、その足音は俺の部屋の前で止まった。

 

声も出せなかった。

障子には父親より少し身長の高い影が

うっすらと浮かび上がっていたのだ。

 

「障子を開けられたら終わりだ」

 

と思った。

俺は怖さのあまり歴史上の人物に助けてくれ!

とか心の中で祈ったりしてた。

 

 

233 本当にあった怖い名無し2011/02/05() 16:54:34 ID:nzmPLBlgO

 

するといきなり涙がめっちゃ出てきた。

別に悲しいわけじゃないけど、涙だけがボロボロ出てきた。

しかし、体が動かず、涙も拭けず、

「俺怖すぎておかしくなったのかなー」って思った。

 

でもなんか別の人の感情っていうか、

「辛いなー、悲しいなー」みたいな感情が心に渦巻いていた。

何が辛くて何が悲しいかはわかんないけど、

とりあえずめっちゃ泣いた。

目が腫れるほど泣いた。

多分1時間くらい?だったと思う。

 

そしたら体がすーっと楽になって、

俺は急激に眠くなって寝てしまった。

 

 

その後、俺は怖くて2階に一人で行けなくなり、

父親や母親と2階に行くようになった。

 

でも1ヶ月経ったある日、

子供の足音が階段を下りる音を聞こえ、

恐怖がすーっと消えてしまった。

また大人の足音もあまり聞かなくなり、

それ以降俺は家で怖い体験はしていない。

母親と弟はしたようだが…

 

 

ちなみにこれは関係ないかもしれないが、

家の階段を数えてみたら、13段だった。

 

 

読みにくい&長文すいません

 

 

234 本当にあった怖い名無し2011/02/05() 17:39:23 ID:prnwp5dR0

階段が霊道だったのでは?

 

 

235 本当にあった怖い名無し2011/02/05() 18:25:26 ID:nzmPLBlgO

>>234

それは思い付きもしませんでした…

でもなんで2階はかなり自由に行き来出来るみたいなのに

1階にはあんまり(2回だけ来たことあるけど…)

来ないんでしょうかね?



ほんのりと怖い話スレ その70

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1295172583/