275
本当にあった怖い名無し2011/01/30() 16:59:50 ID:cIkK5E4M0

死んだ俺の爺さん。

 

太平洋戦争中ナントカって島に駐屯してた時の事らしい。
 

なんか戦争中といっても

ノンビリしていられる日があったようで、

名目上はパトロールとか何とか言いながら、

森へ入って何となくブラブラしていたらしい。

 

で、森の中で、何か果物を探していると、

小さなムカデを見つけた。

大して珍しいものでもなかったが色が黒くて動かない。

死んでいるのかな、ずいぶん四角ばった奴だと手に取ると、

どうも虫のようで虫でない。

きっと虫の化石だろうとポケットに入れて持って帰った。

 

以来ずっと宝物なんだよ虫の化石、

というから見せてもらうことになった。

半世紀以上も前に爺さんが太平洋の島で拾った

『虫の化石』がどんなものかと見せてもらうと、

小型のモノながらどう見ても

電気部品の『IC』にしか見えない。

爺さんもそう思っていたようで、

「やっぱり機械の部品だよなぁ。しかしおかしいね。

当時はこんなものアメリカも持ってなかったはずだよ。

でも俺は間違いなく当時、あの島で拾ったんだ」

 

タイムトラベラーの落とし物?

 

 

288 本当にあった怖い名無し2011/01/30() 22:07:56 ID:tw8VU4iC0

>>275

軍事技術は公になる事はないからな

80年代に日本で発売された肩掛けの重い携帯電話だって、

太平洋戦争中に米陸軍が使ってた

 

 

297 本当にあった怖い名無し2011/01/31() 04:17:13 ID:gSDVaMv20

>>288

アメリカが進んでたと言いたいのかしらないけど

戦時中のあれは電話の形した無線機だよ

携帯電話は基地局がなければ通信できない

あのサイズの無線機なら当時の日本も持ってたけど。

それに戦時中はICどころか

トランジスタさえ発明されてなかった。



不可解な体験、謎な話~enigma Part67

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1294913991/