【関連記事:
妙に遅い先輩

 

766 1/22011/03/02() 21:19:27.00 ID:uzCyXnUO0

河川敷の話のものです。
 

学校帰りに先輩数人、

同級生数人と連れ立って帰るのが日課だった。

帰る途中にある繁華街で寄り道するのもいつものことだった。

ある先輩(Bとする)がミスドに行こうと言い出した。

今はやってないが、昔はいくらか買うと

スクラッチ式ポイントカードをくれて景品がもらえた。

手元に6点あるから78人で行って

何か食えばたまるだろうとのこと。で、みんなでむかった。

 

そこの店は道路側に

全面ハメ殺し窓と入り口があるタイプのお店で、

店の前には歩道と片側1車線の道路があった。

店は角ではなく中心にあり、

入り口を背にして右へ行くと路面電車の駅、

左に行くとバスターミナルなどがある大きな道路があった。

 

店の前の歩道に自転車を停めワイワイ話しながら入っていく。

みんなが購入していくなか一人迷って

なかなか決まらず最後になってしまった。

ちなみに選んだのはコーンスープとプレーンクルーラー。

人数が多いので店の奥の席でみんなが座っている。

運がいいのか悪いのか自分は

その先輩(見える人:Aとする)の正面。

 

友達や他の先輩達は眼の前に座り

みんなでスクラッチをしたり

くだらないことを話しながら時間が過ぎていく。

自分がスクラッチを削ってなかったことを思い出して削る。

1点・・・

B先輩に渡すと、交換してくる!

といってカウンターのほうへ。

一番奥に座っていたので

自分が椅子を前に出して後ろを通ってもらう。

 

通った後に席をもどし、ふと前を見る。

自分は道路に向かって座っていたため窓が目に入る。

片側1車線なのにその店の前にはバス停になっており、

学生達がバスを待って立っている。

それなりに人通りもあるのだが何か変だなと思っていると

じっと見られているのに気づく。

A先輩が自分のほうを向き、じっと見つめている。

顔はすでに真っ青だ。他の人は気づいた様子はなかった。

何があったかわからず、

どうしたんですか?と聞こうとしたときに気づいた。

 

 

767 2/22011/03/02() 21:21:45.38 ID:uzCyXnUO0

目の可視範囲ギリギリのところに何かがいる。

先輩のほうを見ながら目の上のほうに意識をもっていく。

窓の向こう側に立っている男子学生の

頭4つくらい上の何かが立っている。

そしてじっとこちらを見つめているように感じた。

自分を、ではなく先輩を。

 

いつから見てたのかはわからないが

自分もびびって固まってしまい言葉が全くでない。

イヤーな汗がじっとりでてきたそのときに

もらってきた~、とB先輩がもどってきた。

その瞬間A先輩は大きく息をして自分にもう大丈夫だよ、と。

その場でさすがに話すのはまずかったのか、

何があったのと聞かれてもA先輩は話をごまかしていた。

後日改めて聞くとこんな感じだったらしい。

 

最初バスの音が聞こえたらしい。

もちろん店内は有線が流れていたし、

ガヤガヤと騒がしい人の会話があったにもかかわらずだ。

その瞬間から寒気がとまらず、

そのバスから何かが降りてきたらしい。

その何かが店の前の道路を行ったり来たりしていたらしい。

 

先輩いわく、すごい大きなドライアイスが

窓の向こうで歩いている感じで、

寒気が近くなったり遠くなったりしていたそうだ。

それがある時から寒気の動きがとまったそうだ。

それも極寒状態で。

自分の後ろで止まっている、

と気づいてからは一瞬も気が抜けない状態だったそうだ。

そのときに自分が気づいたらしく、

心の中で自分に見るな、見るなと唱えていたそうだ。

 

あれはなんだったんですか?と聞くと、

先輩もわからないとのこと。

前に線路で見たようなものとは

比べ物にならないものだったそうだ。

先輩の家族の女系はみんな「見える」そうだが、

それをどうにかすることはできないそうだ。

なので、そういった寒気を感じたときは全力で逃げるか、

離れていくのを待つしかないそうだ。

 

人が複数乗れる乗り物には

たまにあういうことがあるから嫌なのよね、

と苦笑いしながら、

自転車の荷台も結構あぶないのよ、とのこと。

この間はあなたは2ケツだったから既に席がなかったけど、

あの子はママチャリで一人でこいでたでしょ?

だから引っ張られたのよ、って。

その日のうちに荷台をはずしたのは言うまでもなく、

そのときを境に自分も

「見える側」にたった事に後日気づかされた・・・。



ほんのりと怖い話スレ その70

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1295172583/