916
本当にあった怖い名無し2009/08/22() 22:02:59 ID:0elvRI2M0

253 名前: 実話です 投稿日: 2004/07/05() 01:32:30 ID:8tHsHdfY

上士幌ならミステリーネタあるぞい

 

その昔、俺がまだリア工だったある夏の夜・・・

晩飯を食った後だったので8時頃だったか、

部屋でひとり漫画を読んでいた。
 

暑い日だったので窓は当然網戸で

そこから心地よい涼風を感じていたのだが、

ふと気付くとその風が生暖かくなっていることに気付いた。

普段ならば特に気に留めることもなかったのだが、

その時は風の生暖かさとは裏腹に背筋だけが寒いような・・・

悪寒と云うべきかも知れないが・・・

で、何の気は無しにカーテンを開けてみた・・・

 

そこには・・・

網戸越しにもはっきりと確認できたのだが、

全身白装束の・・

例えると仏さんが着ているものと云えば

イメージしてもらえるだろうか・・・

老婆が立っていた・・・

いや総白髪だったので一瞬、そう思ったのかも・・・

顔は中年女性だったかも知れない。

 

だが、その顔を確認するべくもなく、

私は「わっ!」っと大声をあげてしまった。

その女は私の大声に驚いたのか、

すぐさまその場から立ち去ったようだった。

ほどなく、私の大声に驚いたのか居間にいたと思われる父が

「なんだべ、でっかい声出して~」と私の部屋に入ってきた。

 

「今、へんな女が居たんだって!」興奮気味の私が答えると、

「どこに?」と父、「外!白い服着てた!」と私。

怪訝深げだった父だが、

私の態度が尋常じゃないと思ったらしく、

すぐさま玄関から外に出て見に行ったようだった。

私も少し遅れてその後を追った。

 

 

917 本当にあった怖い名無し2009/08/22() 22:03:59 ID:0elvRI2M0

>>916続き

外に出ると、何故か父の側に隣のMさんも立っていた。

どうやら隣のMさんもその

「白装束の女」が自分の家を覗いていたのだという。

父は私に「Mさんとここらへん見回ってくるわ、お前家に居ろ」

と言い放つやいなや、Mさんと家の前の通りを進んでいった。

私はそれに従い家の中へ戻った。

 

暫くすると父が家に戻ってきた。

私がどんな様子だったかを聞くと・・・

父は口重に話してくれた・・・

父とMさんは農業開発(現農業技術センターだったか?)

の前でその女を発見したらしい。

その女は道路の横を流れる川(夏場なので水は少ない)

の中を歩いていたとのこと。

 

父とMさんが恐る恐る近付くと、

士幌線の橋下の辺りで一瞬こちらを振り向き、

そのまま橋下の闇に消えるように吸い込まれていったという。

そのときの顔は般若のような険しい顔つきだったとのこと。

 

以上、実話なのでオチらしいオチはありません・・・

あしからず・・・

 

 

918 本当にあった怖い名無し2009/08/22() 22:12:09 ID:0elvRI2M0

実はオチがあるんです

 

この2年後にMさんが

更にその1年後に私の父が亡くなりました。

二人ともちょうど同じ夏場に。。。死因は二人とも癌でした。

私はそれから夏が来る度に次は自分の番では、と



実話恐怖体験談その20

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1238378724/