647
本当にあった怖い名無し2008/01/25() 01:19:21 ID:jMR7l+e3O

中学2年の夏、父の知りあいが所有する別荘

(群馬と長野の県境にある有名な別荘地)

に泊まった日の出来事です。
 

両親と妹が2階の寝室で寝入った頃、

僕は半分眠りながら一人で

F1のTV中継を見るとは無しに見ていました。

すると台所の方から、

「ガサガサ」と言う音が聞こえてきたのです。

 

甲虫の羽音のように聞こえたものですから、

クワガタなら持って帰りたいなどと考えて台所へ向いました。

台所の電気を点けて音のする場所を探ったのですが、

何も見つかりません。

風呂場の方から音がするのかも知れないと思い、

行ってみましたが、やはり台所から聞こえてきます。

 

 

648 本当にあった怖い名無し2008/01/25() 01:22:14 ID:jMR7l+e3O

もう一度台所に戻った僕は、

米櫃の前にしゃがむ老婆の姿を見てしまうのです。

コップのようなもので、

左手に持った釜の中へお米を移しているようです。

彼女は何回かその作業を繰り返した後、

右側にいた僕の方へゆっくりと顔を向けたのです。

彼女と目が合ってしまった僕がパニックに陥り、

「ど、どうも・・・」と言った

(間抜けな話ですが本当にそう言いました)途端、

彼女はスッと消えてしまったのです。

 

何が何だか分からずに寝てしまいましたが、

翌朝にも災難は続きます。

父親の怒鳴り声でとび起きた僕は、

米櫃の前に散らばったお米(一升くらいあったと思います)

を見て、急に恐くなった事を覚えています。

夜の出来事を真顔で説明するも、両親には信じて貰えず、

ひどく叱られたと言う間抜けな話でした。



∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part36∧∧

http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199061066/