822
12008/02/02() 01:52:19 ID:KoVVvSm30

オヤジから聞いた話。

 

ウチのオヤジは東北出身で高校時代の山岳部に所属していた。
 

秋の山で合宿だーってことでテント担いで、山に入った。

2日間の合宿を無事終えて、下山することになった。

順調に下山していたが、途中から雨がふりだし

寒くなってきたので急いで降りていた。

なんせ当時のザックやテントは水に濡れると

ものすごく水をすって重くなる幌布製で、

重さも寒さもひどかった。

 

みな無言で下山していると、前方に人影が見える。

歩いている様子はなく、たたずんでいる。

どうしたんだろうと近付いていくと、

山に似つかわしくない服装の女の人だった。

秋とはいえ東北の山は寒く、

夕闇もせまっていたので、心配になり声をかけた。

「どうかしましたか?」

「いえ・・・大丈夫です」

「一緒におりますか?」

「いえ・・・大丈夫ですから」

無気味さを感じた一行は気にしつつもそのまま下山した。

・・続く

 

 

823 22008/02/02() 01:53:09 ID:KoVVvSm30

ようやくトロッコ電車の駅に到着し、一行は目を疑った。

先ほどの女性がホームのベンチに座っている。

気味が悪かったが、こちらは20数名のパーティー。

全員が見ているし、

なによりも先ほどしっかりと会話もかわしている。

足もしっかりついている。

少し距離をおいてあまり見ないようにしていた。

最終電車が入ってきて、その女性も乗車した。

 

濡れて寒そうだったので、

車掌が電車内のストーブにあたるよう促したが、

やはり「大丈夫です」と言っている。

気味の悪い妙な雰囲気のまま、電車は町の駅に到着した。

一行は女性がその駅からタクシーに乗っていったのを確認した。

 

ここから先はオヤジも新聞で知ったらしいのだが、

タクシーが告げられた行き先に到着すると、

女性は座席からこつ然と消えたらしい。

到着した先の家ではお通夜の最中だった。

 

その数日後、山の滝つぼから捜索隊が

身投げした女性の遺体を発見した。

当時、山岳部と電車の車掌、タクシーの運転手

総勢30名近くの人間がみたと言う事で、

新聞や雑誌でかなり騒がれたらしい。

 

古い話ですまん。

 

 

824 本当にあった怖い名無し2008/02/02() 02:32:54 ID:vqy+EvWh0

>>823

まだ捜索隊が探してるのに通夜ってこと?

 

 

825 本当にあった怖い名無し2008/02/02() 02:48:44 ID:KoVVvSm30

>>824

オヤジから聞いたので詳しくはわからんが、

遺書があったらしくて何日か探したけど

見つからなくて遺体がないまま通夜やったんじゃないかな。

その後見つかったのか、なんせ50年近く前の話、よくわからん。

すまんね。



∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part36∧∧

http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199061066/