266
本当にあった怖い名無し2011/03/07() 12:30:19.72 ID:mWDexU0FO

今からする話は、結論から言うと

母親がおかしいだけの話かもしれんが投下。
 

小学6年の頃、両親と狭いアパートで暮らしていて、

寝るときも同じ部屋で寝ていた。

 

ある日、夜中に喉が乾いたので

冷蔵庫へ向かうと母親も起きてきて、

なぜかずっと俺の後ろにいて無表情のまま動かない。

 

「飲む?」と聞くと、

いきなりどぎつい濁音の混じった声で笑い始めた。

続く

 

 

267 本当にあった怖い名無し2011/03/07() 12:43:05.39 ID:mWDexU0FO

>>266

 

いきなりの出来事に唖然とするしかなかったが、

めちゃくちゃうるさかったので親父も目が覚めた。

 

体を起こす事も忘れて驚いて見ている事しか出来ずにいると、

母親がUターンして笑いながら親父の方へ。

 

四つん這いのまま玄関に逃げた親父だったが、

母親は布団に戻っただけのようでそのまますぐ熟睡。

 

朝になり、母親はいつものように朝食を並べていた。

俺と親父は夜中の事を思い出し警戒していたが、

どうやら母親は覚えていない様子。

 

それ以来何も起こっていないが、

俺にとって唯一不気味な経験だった



不可解な体験、謎な話~enigma Part68

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298593766/