483
本当にあった怖い名無し2009/12/13() 22:40:43 ID:qsgSBpT10

朝、職場で顔を合わすなり同僚に、

「大変だったね? 大丈夫?」と、聞かれた。
 

なんのことやらわからず、訳を聞いてみると、

社宅(アパート)に隣接する児童公園で

自殺があったとのこと。

職場の人ではない。よそから来た結構若い人だったそうだ。

その公園というのが、私の部屋のベランダから目と鼻の先。

公園に植えてある木を挟んでやや見えにくくはなっているが、

首をくくったとされるブランコまでは

20mも離れていないのだ。

 

発見された今日(早朝に)は、

パトカーと救急車が駆けつけたそうだが、

言い訳をすれば、ベランダに面したサッシは二重で、

遮光カーテンを吊っている。

おまけに残業続きで爆睡していたわたしは、

そんなことにも全く気がつかなかった。

 

 

484 本当にあった怖い名無し2009/12/13() 22:41:48 ID:qsgSBpT10

それから、どんなに暑くても

ベランダ側のサッシを開けられなくなった。

特に夜中。なんか怖くて。

 

昼間に社宅の子供達が、

何も知らないのかそのブランコで遊んでいるのを見るにつけ、

ぞっとするのを抑えられなかった。

 

嫌だなぁ。と思っていると、余計に気が昂ぶったのだろうが、

どんなに疲れていても夜中の3時頃に、

ふと目が醒めるようになった。

すると、かすかに音が聞こえてくる。

ぎぃい、ぎぃい・・・

錆びた金属同士がこすれる音。ブランコの軋む音に聞こえた。

社宅にしては良いサッシを使っているので、

今までそんな音が気になったことはないのに。

 

 

485 本当にあった怖い名無し2009/12/13() 22:45:37 ID:qsgSBpT10

気のせい!気のせい!気のせい!必死に言い聞かせて、

TVつけっぱなしで寝てみたり、

目が醒めたときは耳を塞いで心の中で

歌うたってみたり、楽しいこと考えたりして、

やり過ごそうとした。

 

でも、夜中に1回目が醒めてしまうと、

次に眠くなるのが明け方。

うとうとして、はっと気がつくと目覚まし時計の音。

そのまま寝不足状態で仕事へ・・・

いい加減疲れてきて社宅を出ることにした。

 

引っ越しも決まり、

その部屋にいる最後の晩、夜中の3時過ぎ。

誰かがベランダ側のサッシを

トントンと何度も叩く音がしていた。

 

 

490 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 20:52:03 ID:O5M0BdV+0

たぶんID違うけど>483,484,485,487だから。

今仕事から帰って来た。亀スマソ

 

>>485の続き

 

サッシのトントンは、ほんの十分程だったと思うが、

しばらくして止んだ。

 

強い風で、枝でも飛んで当たったのに違いない。

音が収まったところで喉の渇きを覚え、

台所に水を飲みに行った。

 

実は、明日の引っ越しの手伝いもかねて、彼が泊まりに来てた。

業者が来るのは10時過ぎだし、これで男手は確保したし、

しばらく会えなかったし、まあいいか・・・で、

二人でちょっとアルコールin

 

どちらかと言えば酒には強いほうで

(友にはウワバミと呼ばれてた・・・^w^\)

明日のことも考え、深酒はしなかったはずなんだけど。

たぶんまだ酔ってたんだ。

 

 

491 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:01:54 ID:O5M0BdV+0

コップを置いて寝室を振り返ると、

寝てる彼の体に掛けてある布団が

ぼぅっと青白い光に照らされているのが、

積んである段ボールの山の間から見えた。

 

おかしいな。今日はTV消して寝たはずなのに。

寝返りうったときにでも、リモコン押しちゃったかな?

 

なんか変。電池が切れかかった

昔のあんま青くない青色LEDみたい。

あれ? そういえばあの光、動かない。

 

TVだと、画面が切り替わる度に反射光がチラチラするし、

砂嵐でも微妙に光が揺れるのに、

まるで枕元に置いてあるスタンドのようだ。

ちなみにそんなもん置いてない。

  

そこかしこに積んである段ボールを避けて寝室の方に歩いた。

歩いたっても、そんなに広い部屋じゃない。

ほんの数歩。なぜか足音を忍ばせていた。

 

 

492 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:09:10 ID:O5M0BdV+0

で、寝てる彼の全身が見えるところまで来たとき、

いたんだ。それが。

 

彼の枕元に立ってる。

初めは白い浴衣姿かと思ったんだが、

どうも細かい青い花柄、白っぽいワンピースのようだ。

 

セミロングの女。

こちらからは斜め後ろ姿に見え、顔はよく見えない。

髪の毛は艶々ではなく、細かいウエーブなのか、

それとも傷んでいるぼさぼさ感。

20代ではなさそう。でも30後半でもなさそう。

 

それが俯き加減で、

すっかり寝いってる彼の顔を覗き込むようにしている。

 

 

493 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:11:28 ID:O5M0BdV+0

そのとき漏れは、やっぱり酒がまだ残ってたんだと思う。

怖さよりも先に猛烈に腹が立った。とにかく腹だたしかった。

仕事も思うように進まず、その合間に引っ越しの準備。

連日の寝不足感。疲れ果ててた。

その上、久々に泊まりに来た彼の寝顔を見てるだなんて

どこの女だ! ふてぇやつだ!

 

ずんずんっとそいつに近づいて、

思いっきり怒鳴った……心の中で。真夜中だし。

たぶん実際には呟いてたんだと思う。

 

「人の男に手ぇだすんじゃないよ! 

自分のとこにさっさと帰りやがれ!」

怒りで体が膨れあがった気がした。と、

いつの間にかその女は消えていた。

 

 

494 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:12:50 ID:O5M0BdV+0

彼の布団に入り込んで、ぺったりくっついて寝た。

邪魔くさそうに向こう側へ寝返りうたれたっけw

 

引っ越し後はなんにも起きなかったよ。

 

起こったことは、これでおしまい。

 

 

495 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:13:41 ID:O5M0BdV+0

 

自殺現場当日の話に戻るが、同僚に聞いたところによると、

パトカーと救急車の他に、TV局のバンが来ていたそうだ。

 

それで職場のみんな、TVの地方ニュースで出るかな。

って、漏れも含め、ちょっと気にしてたんだ。

でも他に大した事件もなかったのに、

それらしきニュースはやらなかった。

 

あるとき、これもなぜだか分からないが、

なんだかふと思い出して地元新聞の訃報欄を見た。

 

 

496 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:15:23 ID:O5M0BdV+0

騒ぎがあった当日、

市内居住の30代前半女性が亡くなっていた。

喪主は某放送局関連会社社員。

 

後日習い事先の知人から聞いたのだが、

噂によると、奥さん夜から失踪。

もしかすると……っていう話から、

会社をあげて捜索していたらしい。

そして明け方に発見された。

それなら局名の入った車が来ていたのも、

その後の報道がなかったのも筋が通る。

 

でも、この訃報欄をみてちょっと凹んだ。

もしかしたら、旦那さんかと思って、

彼の顔を覗き込んでたんじゃないかな。

あんなに怒ることなかったかなって。

 

 

497 本当にあった怖い名無し2009/12/14() 21:17:13 ID:O5M0BdV+0

でもだめだよ。やっぱり自分で命絶っちゃ。

相談しに来るなら、生きてるうちに来て。

…って、まさか、当日の明け方、

自殺する前に漏れの部屋のサッシを

トントンしたんじゃないよね?

漏れ寝入ってて、起きなかったから絶望して……

なんてことないよね?

 

気になってこの間、

アパートの部屋をベランダ側から見に行った。

基礎が結構高くて、その上にベランダの柵。

柵のてっぺんは地面から2m以上ある。

オーバーハングだし、

30代の女がよじ登るのは無理だと結論。

フツー玄関からピンポンするよね。ちょっとほっとした。

 

後日談オワリ



実話恐怖体験談その21

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251728815/