367
本当にあった怖い名無し2008/09/28() 20:00:02 ID:A+YIk0Y0O

長くなるけど失礼
 

二年前札幌のアパートの一階で一人暮らししてた時のこと。

かなり低い位置にどでかい窓があったんだ。

鍵さえ開いてればすぐ入れるような感じ

 

んで、部屋の鍵だけはいつもかけてくんだけど、

その日ばかりは窓の鍵を閉め忘れたんだよね

「まあ一日くらい大丈夫だろ」とかのん気に構えて

仕事終わらして帰ったら、顔面蒼白…!!

鍵をかけたはずのドアが半開き。

男友達に来てもらい部屋に入ると、

開けていたはずの窓の鍵がきっちりしまってる。

一瞬で血の気が引いた…!

 

つまり、開いていた窓から侵入して窓の鍵をしっかり閉め、

ドアから出ていったってことだよね

 

んでこの話には続きがあるので続きます!

 

 

370 本当にあった怖い名無し2008/09/28() 20:37:46 ID:A+YIk0Y0O

続き

 

その事件があった少し前から、

毎日仕事から帰ると表札が下に落ちてたんだ。

最初は木で出来た表札をフックにかけてるタイプだから

「風で落ちてるのかな」とか思って気にしてなかった。

 

でも風で落ちるにしては毎日毎日綺麗に上を向いて

きっちりした角度で落ちてるんだ

「落ちてる」っていうより「置いてる」みたいな感じ。

他の住人の表札はなんともないし、

気持ち悪いからかなり頑丈なフックに変えた。

人の力を加えない限り落ちないやつ。

それでも帰ったら毎日置いてあるんだ。

 

今度は威嚇の為に私と男の名前をいれた表札を作ってみた。

そしたら次の日、私と男の名前の間を

真っ二つに割った表札が置いてあった…!!!!!

 

マジで泣きそうになった。

その一週間後くらいに、職場に私宛てに変な手紙が届いた。

 

続きます、長くなってスマソ('A`)

 

 

376 本当にあった怖い名無し2008/09/28() 20:55:23 ID:A+YIk0Y0O

また続き

 

手紙が届いたっていっても郵便じゃなく、自ら届けにきた。

受付の子に「なんか今走って誰か入ってきて、

ノートの切れ端みたいなの置いて走り去ってったんだけど…

〇〇ちゃんにって書いてあるから手紙みたいだよ…」

 

その手紙の内容はこんな感じ↓

 

「〇〇ちゃんへ

こないだはありがとう!

君と行った登山は楽しかったよ。

もっと僕という人間を知ってほしくなっちゃったな。

僕には夢があってさ、

学校の先生になりたかった事も…(長いから中略)

寒くなるから〇〇ちゃんも体に気をつけてね。

笑顔を忘れずにね。」

 

心当たりが無い。

登山なんか中学以来行ってない。

最初は誰かと間違えてるのか?って思ったけど、

私の名前がしっかり書いてある。

不思議に思いながら読み進めていくと、

一番最後にゾッとする文章が。

 

「思えばおまえは俺の事何一つ知らないんだよな。」

 

それまでの文章では「〇〇ちゃん」「君」「僕」だったのに、

いきなりおまえと俺になってて怖かった。

ノートの1ページを四つに折り畳んだ手紙だったんだけど、

手紙の表紙()に鉛筆書きで

でかい猫が書いてあったのも怖かった。

 

進入者、表札、手紙が同一人物かは解らないけど、

以上が私の人為的恐怖体験談です。

なんか長くなってスマソ('A`)

今思えば警察行きゃよかったー

 

 

377 本当にあった怖い名無し2008/09/28() 20:56:57 ID:Po2C4IZB0

de、そのあとは?

 

 

378 本当にあった怖い名無し2008/09/28() 20:57:27 ID:AJQTFnqf0

>>376

それ以来その男から何もアクションないの?

まだそこに住んでるの?

 

 

379 本当にあった怖い名無し2008/09/28() 21:04:49 ID:A+YIk0Y0O

>>377

その後は怖くなったから

女友達と新しい家探してルームシェアする事になったよ

 

>>378

それからはコンタクト無いなー

なんか前の職場のお客さんで入れ込んでくれてる人がいて、

私に毎日色々書く為のブログ作ってた人がいたんだけど、

違ったら申し訳ないが

その人なんじゃないかと勝手に思い込んでる。

 

なんか私の画像をパソコンにいれて編集して、

引きき延ばしてポスターにしたやつとか

便せんとか作って職場まで渡しに来たりした。

その人が今回の事件に関係無いにしろ、

今思えばその行為自体が狂ってるよ…('A`)



一人暮らしの怖い話… part16

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1219978993/