249
閻魔鏡02/12/14() 19:27

80年代頃、オキアミが盛んに採られていた

サウスシェトランド諸島水域で、

まるで小人のようなオキアミが沢山とれて困っていたらしい。

商品として扱えないからだろうか。

オキアミサイズで極めて小く、体は透き通っており、

目と臓器だけが見えた。

良く見ると、手足に五本ずつの指があり、

関節などの構造は人間そのものだったと言う。

それがかかると、網ごと海に捨てる事もあったらしく、

オキアミと一緒にかかる事は無かった。

 

90年代になってからは、

網に掛ったという事実は報告されていない。

チリだか何処だかの漁業新聞にも、

けっこう大きな記事が写真入で載ったという話だ。

南極海洋生物資源保存条約(CCAMLR)は、

それらしい生物の報告は受けていると発表したが、

正式にその存在を認めていない。



海にまつわる怖い話・不思議な話

http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038436656/