380
あなたのうしろに名無しさんが・・・02/12/26() 23:53

この話は僕が17歳のときに体験した話です。

公園の近くにある堤防で

友達と夜の10時ごろまで話をしていたときです。

隣のテトラポットに人影が見えたので

友達となんだろう?と思いのぞいてみましたが、

なにもいませんでした。

そのとき友達は4人いたのですが

見たのは私ともう一人の友達だけでした。

 

そして帰るころになって自転車を二人乗りして

僕の後ろに友達を乗せました。

すると、友達は一人しか乗ってないのに

二人分の手が僕の肩に乗っていました。

僕は恐怖のあまり叫んでしまい、

そして友達もその手に気づき叫んでいました。

 

それでも恐怖はまだ続きました。

友達と別れ一人で家に帰る途中家の前の坂道で

中年らしき男の人が立っていました。

「なにしてるんだろ?」と思いふと顔を覗いてみました。

するとその男の人は顔から目がとびでていました。

僕は恐怖で言葉もでないまま家に帰って友達に電話をしました。

すると、その友達も家のまえで

同じような体験をしていました。

 

その友達と僕はその後もよく幽霊や不思議な現象に遭います。

その友達はあのとき堤防で黒い人影を見た友達で

みなかった別の友達はそんな体験はしていないそうです。

あの人影はいったいなんだったのでしょう?

その人影をみたせいで僕らは

怪奇現象を体験するはめになったのかもしれません。



海にまつわる怖い話・不思議な話

http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038436656/