211
本当にあった怖い名無し2012/02/11() 00:23:49.59 ID:ozsqSNMn0

10年ほど前に母が入院し緊急手術を受けた時の話

三半規管に隣接して膿胞ができ、膿が三半規管に入っていて

脳や顔面神経に行くと危険だということで

その日の他の患者さんの最後の手術の後に

手術をすることになった。

 

手術開始が午後10時頃で

早ければ午前2時ぐらいには手術が終わると言われ

6階の手術室の前の長椅子に座って

小説でも読みながら待つことにした。

小説を読み始めて小一時間ぐらい経った時に

突然救急車のサイレンの音が聞こえ、

長椅子がある廊下を

回転灯に照らされたかのように赤い光が走った。

 

そしてエレベターの扉が開く音と

ストレッチャーの車輪の音が聞こえ、

母が手術を受けているはずの手術室に

ストレッチャーの車輪の音が入って行った。

え?と思って小説から視線を外して顔を上げると

誰もいない目の前の廊下を裸足で走る音だけが横切り、

少し遅れて「たかしがぁ~たかしがぁ~」と

悲痛な若い女性の半泣きの叫び声が通り過ぎて行った。

 

その後も10分間ぐらいだったと思うが

裸足の足音と若い女性の悲痛な叫び声だけが

目の前の廊下を右から左、左から右へと通り過ぎていった。

恐いというよりもその若い女性の叫び声が

悲しくてつらくて手を合わせることしか考えられなかった。



ほんのりと怖い話スレ その82

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1328175788/