527
あなたのうしろに名無しさんが・・・04/01/06() 20:04

海に関する怖い話しとしては既出かもしれんが、

俺が小学生の時に体験した話しをば一つ・・・

小学校中学年の時のことで

あんまり詳しい状況を覚えてないのだが、

当時、家族と旅行でフェリーに乗ったのよ。

夕暮れが迫る時間帯で

俺は船の船尾の方で一人で海を見てたんだけど、

(家族は部屋みたいなところにいた)

気が付くと薄暗くなり始めた海から

 

「お~い お~い」

 

と俺を呼ぶ声がする。

俺はふと呼ばれたほうを見ると、

変なオッサンが海から首から上だけ出して

俺に一生懸命叫んでる。 

しかも「お~い」ばっかりで他には何も言わない。

 

 

528 52704/01/06() 20:11

続き・・・

 

俺は

「ミャ~!! ひ、人が溺れてる~よ!」

と思い、ダッシュで近くにいた船員さんに

人が溺れていることを伝えて一緒にもとの場所に戻ったが

その時にはもうすでにそのオッサンはいなかった。

船員さんが詳しい状況を求めてきたので、

ことの次第を詳しく話したら

 

「ああ・・ それは見なかったことにしたほうがいいよ・・

それに気にしなくていいから・・・」

 

とだけ言って去って行ってしまった。

 

 

529 52704/01/06() 20:27

続き・・・

 

俺は

「人が溺れて死にそうになってるのに

わけのワカランこと言って見殺しにすんのかよ!!」

 

と憤りながら、もう一回オッサンを見た船尾のところに戻った。

「気のせいだったのかしら・・」と思ってたら、

「お~い お~い」

と俺を呼ぶ声がまたもや薄暗い海から聞こえてきた。

俺がもう一度海に目をやると

さっきのオッサンがまたもや海から首上だけ出して

俺に向かって呼びかけてる。

「ヤパーリ人が溺れてるジャン!!」

と思って、再び船員さんに知らせに行こうとした瞬間・・

 

 

530 52704/01/06() 20:47

続き・・

 

呼びかけてるオッサンの隣にポコっと

もうひとつ別のオッサンの顔が海から浮かび上がってきた。

その時にやっとその異常に気が付いた。

船は進んでいるのにそのオッサン達は

船と同じ速度で船についてきているじゃない!!

新たに浮かんできたオッサンも

「お~い お~い」とだけ俺に向かって叫んできた。

そして、あれよあれよという間にオッサンは増え、

全部で5つもの別々のオッサンが俺に向かって

「お~い お~い」の大合唱を始めたのだ。

 

さすがに俺も尋常じゃないものを感じて

すぐにその場を立ち去り

親に今あったことを夢中で話したのだが、

家族だれ一人とて信じてくれなかった・・・

しょせん人生そんなものなのかも。

人間が信じられなくなりそうな一瞬でございました。

 

オワリ

 

 

560 あなたのうしろに名無しさんが・・・04/01/10() 13:29

>>527

 

128 名前: 121 投稿日: 01/10/20 14:29

 

今オヤジと離れて暮らしてるから、

とりあえず覚えてるやつを書くね。

今度会った時にまた聞いておく。

 

よくあるパターンなんだけど、波間に頭だけ出ていて

「おーいおーい」っていう霊は結構頻繁に見たらしいよ。

太平洋のどまん中でさ。オヤジが当直に立った時とかも、

何度か見たって言っていたよ。

いきなり「おーいおーい」だもの。

最初は慌てて「漂流者だ!」って

みんなを呼んだりしたらしいけれど。

古参のひとは航路のどこでそれが出現するか知ってるらしく、

「ああ、またか・・」って言うんだって。

 

当時の船は、レーダーとかも無かったのかな?

いやあったのかもしれないが

精度がイマイチだったのかもしれない。

そのせいか、船首と船尾に立って、

毎日交代で航路を見る「ワッチ」という当直があったらしい。

そういう時に出るんだって。

太平洋の、激戦地の近くとかでよく見たって言ってた。

きっと戦時中の船が多く沈んでるのかな。

 

その「おーいおーい」を見た後は、船のみんなで

オニギリや酒、タバコなんかを海に投げ入れてやるんだって。

怖いって言うよりも、同じ船乗りとしてすごく悲しいんだって。

だから「日本に一緒に帰ろう。この船に乗れよ」って

心の中で必ずみんな言ってたそうだ。

・・・で、それが船で出た!

とかいう話はねえの?って聞いたら怒られた(藁



海にまつわる怖い話・不思議な話 3

http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053794685/