193
本当にあった怖い名無し2012/09/04() 16:55:37.83 ID:DgOXepth0

ずっと以前、奥穂高岳山頂に向けて3人で歩いていた。

私は先頭を歩いていたが、後ろがバテ始めている様子なので

ペースを作りながらどこで休憩をとるか考えていると、

前方からクライマーが駆け下りてくるのが見えた。

背中には何も背負わず、腰にガチャ物だけをぶる下げて

ガチャガチャと音を立てながら、軽快に駆け下りてくる。

普通は登りが優先なのだが、

当時そういうマナーを尊重しないクライマーは

結構多かったので、私はバテていたのも手伝って、

思わず道をあけた。

 

すると、「こんにちはー!」と明るい声で挨拶が飛んできた。

はっきり言ってクライマーのこの手の挨拶は

期待していなかったので、

私は半分びっくりしながら、

「こ、こんにちは!」と挨拶を返した。

その直後、私が歩を止めたので立ち止まった後ろの仲間が

「お前、誰に挨拶してるんだ?」と・・・。

えっ?っと思って振り返るが、そこには誰もいなかった。

幻覚におそわれるほどは消耗していなかったので、

あれはきっと生きている人ではなかったのだと思う。

 

 

194 本当にあった怖い名無し2012/09/04() 17:45:57.86 ID:DgOXepth0

夜釣りがいいと聞いたので、

バイクに乗って東京の東のはずれにある有名なダム湖へ。

かなり上流にかかっていた大きめの橋の橋詰にバイクを止めて、

湖面近くまで降りられる道を探す。

何とか降りられそうな踏み跡を見つけたので、

用心しながら降りてみると、

水面に沿うように古そうな遊歩道らしき道がついていた。

 

利用者が少ないのかかなり荒れ気味の細道であったが、

ポイントを探すために奥へ進もうとすると、

暗闇の中に人影が・・・

先客の釣り人かな?と思ったが、

細い道の真ん中に突っ立っているので、すれ違えない。

近くまで寄っていけば

お互いに身をカワしあうだろうと思って近づくと、

その男はスーツ姿で全身びしょ濡れであった。

ギョッとしてしばらく向かい合ったが、

恐ろしくなって引き返した。

 

こんな時間に、こんな場所で、あんな様子は普通じゃない。

そう思うと急に怖くなって振り向いたが、

人影はもういなくなっていた。

振り向くまでに少し時間があったので、

立ち去ったと言えばそうかも知れないが、

いったいどこへ?

 

この話しを周辺の地理に詳しい友人に話すと、

その橋からはしばしば人が飛び込むことがあるのだとか・・・

飛び込んで、死なずに岸まで泳ぎ着いた人かも知れない。

もしかしたら、飛び込んで死んでしまった人なのかも知れない。

どちらにせよ、声をかけることもできないほど怖かった。

 

 

195 本当にあった怖い名無し2012/09/04() 17:49:28.75 ID:DgOXepth0

上は釣りに行った時の話だが、

場所は山深いところなので投稿しました。

スレチなら失礼しました。また、連投陳謝。



∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part64∧∧

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1345167294/