【前:
老猟師から聞いた話【山の神】


100
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 02:56:12.28 ID:6il9QzKT0

>>91>>92

 

やまのけに近い話はあったけど、胡散臭いので今回は抜いた。

 

山の神様は嫉妬深いとは聞くね。

 

 

107 忍法帖【Lv=11,xxxPT(1+015) 2012/10/06() 02:59:42.40 ID:lfQURJ8m0

>>100

>やまのけに似た話

よかったら聞かせてくれないか

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:00:52.68 ID:6il9QzKT0

>>105

書き溜めてないのであれだけど・・簡単に書くよ。

 

じ様が山の炭焼小屋にいった時のことだな。

昔は山に炭焼小屋があって、

そこに何日も泊まり込んで炭を焼くそうな。

で、じ様の友人もそうした炭焼小屋を持っていた。

 

 

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:02:53.89 ID:6il9QzKT0

>>108

バックの話はしてないだろ(緊

バックは・・・

 

その炭焼きの友人のもとへ遊びにいったそうな。

まぁ、単に炭焼きで何日も山に籠っていると

暇だから遊びに来いという。

一緒に酒でも飲むかという。

そんなあれなんだろう。

 

 

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:05:25.83 ID:6il9QzKT0

>>110

オカルトだとホントに怖い話持ってくる人いるだろ・・・

こんなライトじゃなく。

 

そんなこんなで、友人2、3人と連れ立って炭焼小屋を訪ねた。

そして夜も更け、宴会が始まったわけだ。

あっっという間のどんちゃん騒ぎも終わり、

起きているのはじ様と炭焼きだけ。

ふと、じ様が窓をみると・・・異型のものが立っていた。

 

 

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:07:15.50 ID:6il9QzKT0

>>114

俺もそう思ったよ。

案外現実はそんなもんなんだろう。

 

四角いコンクリートの塊にに顔がついている。

そんな印象だったらしい。

長く細い目と赤い唇。

 

 

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:09:15.83 ID:6il9QzKT0

酔いが回って妙な幻でも見てるんだろうと思ったらしい。

そいつはニヤニヤ笑いながら

窓から炭焼小屋の中を覗いている。

無性に腹が立つにやけ顔だが、不気味さもあったらしい。

 

と、その時、炭焼きの友人がじ様に囁いた。

 

 

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:11:57.38 ID:6il9QzKT0

>>120

あったな、七人岬。

まぁ、この話はじ様が七人同行と言ってるだけだからね。

ホントはなんなのかわからないと思う。

山でも海でも同じような伝承はあるんだね。

 

「あまり、目を合わせんな。つれていかれるぞ」

 

炭焼き友人は、そいつから目を逸らしながらじ様に話している。

 

 

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:14:31.21 ID:6il9QzKT0

その言葉に、じ様も目を逸らす。

 

程なくしていなくなったかなぁ・・・

と窓を見ると、そいつは消えていた。

どうやらそいつは山の妖怪みたいなもんで、

あまり関わると連れて行かれるという。

どこに連れて行かれるのかわからないが。

殊更、山に女の人を入れるのを嫌うのは、こうした

もののけや神様に攫われることを防ぐためという。

 

なんとなく、やまのけに似てなくもないけど、

胡散臭いだろww


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06() 03:20:10.86 ID:6il9QzKT0

とりあえず話聞いてくれてありがとうございます。

楽しんで貰えれば、山間部に左遷された甲斐があったってもんですww

 

それではおやすみなさいノシ




山の老猟師から聞いた不思議な出来事5話

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349457576/