232
1/22013/01/12() 11:21:58.03 ID:6FII2GLx0

うちの先祖(苗字違うから直系ではない)は、

福島でこの前津波で墓や親類が

ごっそり逝ってしまった土地に代々いた

元は武家で、大名に仕えていたらしい

仮に○家とする

親類らは殆ど居なくなり、

彼の地を離れていた傍系の人から聞いた

死ぬ前になると、白い着物の人が現れる

綺麗な女の人で、死ぬ人にしか見えないらしい

話を聞いた人の父親が病室で、

しきりに「あれは誰だ?」と聞いていたそうだ

入り婿のその人は知らなかったらしいが、

気づいた母親は泣き崩れたという

 

代々、その○家の(血脈よりも家系図みたい)

人の死ぬ前に現れる女性で、必ず見た人は死んでいたらしい

女性は優しい笑顔で見守ってくれていたと、

その人は言っていた

 

ところが津波の後から変な事に、

その○家から嫁いだ別姓に変わった女性や、

その子供達の前にも現れだしてる

しかもこの二年で十二人と、

はっきり言って早いペースで人が亡くなってる

事故や病気もあるけど、原因不明や自殺もあった

 

 

233 2/22013/01/12() 11:23:26.57 ID:6FII2GLx0

死ぬ間際に、皆が口を揃えて

「白い着物の女性がいる」と言っている

通学、通勤、または家の中とか、場所は様々だけれど、

女性は笑顔ではなく、冷たい表情らしい

 

実は一昨日、夜中に玄関のチャイムが鳴って、

出ようとしたら誰もいないのに

「やめよ」と手を引っ張られて、部屋ですっころんだ

焦りまくって、部屋を見たけど誰もいない

よく考えれば、真夜中でチャイムを鳴らす人などいない

足音が響くくらいな安普請だが、音もない

息を殺して、外の気配を伺っていたら、

バンっとドアが叩かれた

ヤバいと思って、布団を被った

警察とか浮かばなかった

「大人しくしやれ」とまた近くで女の声が聞こえて、

気づいたら気絶してた

 

で、昨日死ぬ間際に迎えに来る女性の話を思い出して、

祖母様に聞いてみた結果、

親族がバタバタ亡くなっている、女性の話を聞いた

それと先祖が妖怪退治をしたと言い伝えもあるそうだ

よくわからないけど、祖母様が泣き出したので

一緒にお祓いに行く事になった

以上です

 

 

235 本当にあった怖い名無し2013/01/12() 14:42:25.04 ID:TloTd9Di0

>233

 

今ひとつ、よく分からないのですが

ひとり暮らしなんですか?

 

>実は一昨日、夜中に玄関のチャイムが鳴って、

出ようとしたら誰もいないのに

「やめよ」と手を引っ張られて、部屋ですっころんだ

 

人間?霊?

 

>「やめよ」

>「大人しくしやれ」とまた近くで女の声

 

同じ声でした?

そして、どちらも姿は見えないんですよね?

 

今回、チャイムが別の存在なら、

新たな存在の登場になるのかな

 

 

>死ぬ前になると、白い着物の人が現れる

 

殺しに来たとも考えられるし

天国からお迎えに来たとも解釈できますよね

 

祟り的なことでも起きてるのでしょうか

 

お祓いに行って

夜中の出来事の真相が少しでも分かるとよいですね

 

 

236 本当にあった怖い名無し2013/01/12() 15:00:42.62 ID:6FII2GLx0

>>235

お祓いは行ってきたけど、

神社だからさっぱりわからないままですが

 

 

一人暮らしなので、何がいたのかわかりませんが、

とりあえず声が聞こえてました

声は同じ女性だと思います、若い

 

 

祖母の話を詳しく聞いたんですが、

○家の敷地には触っちゃいけない塚があったそうです

妖怪の墓だと聞いていたのですが、

津波とその後の色々でどうなったかは不明だという事です

 

家族と話しましたが、推測ですけど女性は先祖の一人で、

家系を守っていたのではないかと

うちに来た何かは、

血の繋がりを恨んで祟ってるのではないかということでした

一応信じる信じないはともかくとして、

親類には連絡して気をつけろと言っている最中です

(変な家ですが)

 

 

248 本当にあった怖い名無し2013/01/12() 23:01:52.39 ID:l+PdHaZy0

しもた、中身書く前にエンターしてもた・・・orz

 

>>233

先祖が妖怪退治してたのなら、

その封印が震災津波をきっかけに解けてしまったのでないの?

妖怪封じしていた人が力が衰えると仕返しされる、

て言うのはまたに聞く話だしね・・・。

封じられていたものが一族郎党に仕返ししに来てるのかもね。

 

 

249 本当にあった怖い名無し2013/01/13() 00:09:44.48 ID:y8uEzbSD0

>>248

仕返しとか怖い単語見つけてびびってるんだけど、

近所の従兄弟が倒れたそうなんで今から病院です

お祓い行ったし、変なの見たり聞いたの俺だけなんで、

一応病院行けとの指示されましたんで行ってきます……

面白おかしく、洒落怖とか見てたから罰当たったのかも

 

 

250 本当にあった怖い名無し2013/01/13() 00:16:32.48 ID:P7r8Xkrf0

>>249

その○家の敷地にあるとか言う塚、

今どーなってるか確認しといた方がいいんと違う?

 

 

251 本当にあった怖い名無し2013/01/13() 00:25:52.50 ID:y8uEzbSD0

>>250

立ち入りに許可必要らしい

最悪防護服?

直接の親戚じゃないから、

許可おりないんじゃないかと言われた

タクシー通らない……


【1月14日】

  

291 本当にあった怖い名無し2013/01/14() 12:04:24.67 ID:HzThbIVp0

先日、白い着物の女性の話をした者です

親類が集まる機会が、

今日あるので話してみたいと思いますが、

お祓いとか無意味そうなんで怖いです

次は自分かもって、

少し不安になったので書き込みさせてもらいました

 

白い着物の女性は、二十代くらい

少しふっくらして綺麗だけど、髪の毛も一つに束ねてるだけ

足元は足袋と草履

腰帯に白木の短刀?がありました(コヅカと言ってた)

上記を確認してしまった事から、お察しください

 

 

293 本当にあった怖い名無し2013/01/14() 12:42:11.33 ID:FB1BkWmX0

>291

チャイムのときに見たんですか?

 

今までのパターンと違うような気がするんですけど

声を二回も聞いているならお話出来るのでは?

その女性に何が起きてるのか、自分に何が出来るのか等

質問してみるのはどうでしょう

 

 

295 本当にあった怖い名無し2013/01/14() 12:45:05.12 ID:HzThbIVp0

>>293

いえ、霊安室で見ました

次は自分かもです……

 

 

296 本当にあった怖い名無し2013/01/14() 13:02:09.89 ID:xP1RsWAKO

よく分からんな…

格好は江戸時代ぐらいに女性が仇討ちする時の格好っぽいが…

しかし玄関に近づこうとしたのを牽制したって話は

一見助けたようにも思えるんだが…

 

 

300 本当にあった怖い名無し2013/01/14() 13:35:16.33 ID:Qfg9gj9a0

>>296

つか、その白い着物の女性=声の女性では無いのでは

ドアに向かうのを制したのは守護霊じゃないの?

 

 

307 本当にあった怖い名無し2013/01/14() 15:46:27.61 ID:IEzXIxlM0

つーか、霊安室=>>249の従兄弟が亡くなったってこと?

ほんのりどころじゃないし、ネタであってほしいよ

 


【1月18日】
 

457 本当にあった怖い名無し2013/01/18() 08:38:43.83 ID:+BPPUavG0

で、白い着物の人は元気なのか?

ネタならいいけど、マジで気になる

 

 

465 本当にあった怖い名無し2013/01/18() 19:29:37.39 ID:70IYrE460

>>457

白い着物の女性を見たものですが、従兄弟の葬儀に、

祖父が緊急入院と立てつづけてて、書き込み出来なかった

すみません、一応無事です

明日辺りに、何も異変無かったら

親類の話と合わせて書き込んでもいいですか?

 

 

466 本当にあった怖い名無し2013/01/18() 19:45:49.13 ID:G7KhlWvn0

>>465

おおーよかった

自分もその後が気になってた

ぜひ書いてくだされ

 


【1月20日】
 

548 本当にあった怖い名無し2013/01/20() 22:55:36.35 ID:EMGxSant0

白い着物の女性を見たものです。

あれから親類が亡くなったりと続いてます。

つまらないかも知れないんですが、すみません。

親類が葬儀で集まる事があったので、話を聞いてみました。

 

白い着物の女性ですが、

現れたという話は太平洋戦争時にもいたようで、

祖母の兄弟が抑留されていたシベリアで見たという

話を聞きました。

その兄弟は死んで、抑留仲間が教えてくれたそうです。

女性ですが、先祖で間違いないだろうと結論がでました。

 

それで、女性とは別に

塚に奉られてたものがいるという話を聞きました。

墓の隣に塚があったようです。

その塚に退治した妖怪?が奉られていたようです。

戦国時代に先祖が土地を得るために、

退治したもので地元でも

墓は触ると祟られると有名だったようですが、

由来は隠されていたみたいです。

 

夜中に変事が起こったのは今の所、五件。

誰もいないはずなのにドアや窓が叩かれたり、

変な事故にあったりとしてます。

親類でも連絡してない人がいるようなので、

もしここを見てる人で

心当たりがありましたら気をつけてください。

神道でも女の神様のお守りを持つようにとの話です。

八幡系は駄目とか。

まだ混乱してるので、ほんのり話が出来なくてすみません。

 

白い着物の女性ですが、

葬儀場には近づかず祖父の病室では見かけました。

祖父が俺の身代わりになったようで、本当に悲しいです。

俺の名前を書いた人形を持ってました……

 

 

549 本当にあった怖い名無し2013/01/20() 23:26:18.65 ID:cho7tem50

最後の一行でお爺様の愛情と覚悟を感じました

お大事に


 

550 本当にあった怖い名無し2013/01/20() 23:29:08.63 ID:6oKorX8T0

>548

>俺の名前を書いた人形を持ってました……

 

すみません、お辛いのに、書き込んで頂いて

お祖父様は身を呈して守って下さったんですね

 

 

554 本当にあった怖い名無し2013/01/21() 03:30:36.48 ID:lzdNcdUk0

>>548

やっぱり塚を何とかしたほうがよさそうだね。

現場に迂闊に入れないのが如何ともし難いが・・・

現代の直系子孫の人になんとか連絡つけることを

考えたほうがいいのかもしれない。

お爺さまはお気の毒です・・・



ほんのりと怖い話スレ その91