50歳が目前に控えるとデニムパンツをあと何回履くんだろうと思ってしまいます。
冬はダウンパンツが多いし、夏はショートなので、季節のいい春秋に限定され、更に在宅ワークが多い昨今では、履く機会が土日に限定されるので、1年で20週・土日全部履いても40回前後ってところか。現実は他のものも履きたいから、エイジングに数年はかかりそう。55歳で新しいデニムを買うか?と思うと今回がラストチャンス。人生最後のデニム探し「デニム終活」。

ついでにジーンズの不満ポイントのポケットの小ささも解消したい。最低限スマホと小さい財布を持ちたいけど、普通のデニムパンツは入れるとパンパンで動きにくい。

っということで、生涯最後に相応しい最高の素材で、かつ歩くカバンのような大きなポケットをもちつつ、更に今まであまり手に取らなかったブラックデニムの
「SASSAFRAS(ササフラス) fall leaf pants(フォールリーフパンツ)」
を購入してみました。
5E800CD9-966C-44B1-BE21-A95A6C27F057

このパンツは、2004年に京都で創業したSASSAFRAS(ササフラス) が創業当初から作っているデニムパンツで、元々はガーデニング用に作られたようですが、収納力の高いポケットから一部のキャンプマニアにも愛用されているパンツ。通常色は「インディゴ」ですが、「ブラック/14オンス/リジッド(生)デニム版」を購入。
D78A0D89-9FE3-466C-BD43-31CE116EBCEE

このデニムの特徴は、通常されている「毛焼き加工」や「防縮加工」が一切されていない14oz(オンス)のリジッドデニム(英語ではRaw(生) Denim)が使われているので、独特の毛羽立ちが特徴。
A90D9F41-847C-4513-9521-25243812E78B

更に旧式の力織機を使用して織られたセルビッチデニム生地が使われています。ササフラスのデニムは通常とは異なり縦落ちがよく出て、滑らかな表面が特徴の左綾デニムを使っています。
7B6C8448-5312-41DB-937F-2CBEC98CF909

つまり​14オンスの左綾セルビッチかつリジッド(生)デニムで、しかも珍しいブラックという個人的超役満な素材を使ってて、しかも巨大なポケットを持っているデニムパンツなんです。
12A6C7BF-9655-4B27-813A-491E18BC87D0

バッグショット。因みにこのポケット、左右から前後ぐるりと半周「あて布」があって、それがポケットを構成してます。
C1A35ADB-4F4A-4D2C-987A-268B0FD43995

普通のデニムパンツのポケットに加えて、デカイ「あて布」ポケットがあるので、どこのポケットに入れたのかわかんない位、収納力が高い。形状的にはグリップスワニーのパンツに近いと思います。(多分こっちがオリジナル)
15D9591F-35FD-497B-9A77-D0BE7063DB7F

ということで、
「SASSAFRAS(ササフラス) fall leaf pants(フォールリーフパンツ)」
でした。
売り切れてしまう事の多いレアモデルですが、ブラックのリジッド/セルビッチデニムという「こだわり素材」と、キャンプにも普段使いにも使える「カバン不要の収納力」を持つ魅力的なパンツです。リジッドデニムなので、洗うと10%位縮む可能性がありますが、このモデルは少し太めなので、細めが好きな方は「FALL LEAF SPRAYER PANTS」もアリかも。

このデニムパンツのエイジングが済んだころには、一体いくつなんだろ。っと感慨にふけてしまう逸品です。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村