2005年09月28日

その後の女子高生R

image写真はイメージです。本文とは関係ありません。






秋も深まる夕暮れの駅のホームの向こうに、懐かしい姿を見つけた。
相変わらず手足の長い、すらっとしてバランスの良い姿は健在だ。
ブルージーンズに白いシャツ。
そしてシックな色合いのセーターの組み合わせがとても今の季節に似合っている。
あの頃よりも少し長くなった髪からのぞく卵形の輪郭からは、少女の表情が
消えうせ、もうすっかり一人の大人の女性の雰囲気が漂っている・・・.。


久しぶりだね・・・。女子高生R
元気だった?



突然フラッシュバックのように、あの頃の思い出がよみがえる。
女子高生Rとおいらとの間で繰り広げられた、あの熱いデッドヒートの日々。
あのT字路から駅までの短い距離を必死で駆け抜けた、あの栄光の日々。
もう決して戻らない通勤アスリートとしての死闘の朝。

ブログ:ライバルは女子高生を参照

はもう走ってはいないだろう。
すっかり女らしくなった彼女からは、あのアスリートとしての気迫を微塵も
感じとることはできない。
きっと女子大生としての新しい毎日を満喫しているのだろう。
しばらくの間、ぼんやりとの姿を見つめていた。

そうしているうちに、ホームに電車が近づき、到着を告げるアナウンスが
流れ始めた。
ちょっとうつむき加減で、向かい側のホームで電車を待っていた
ふと顔を上げた。
そして、おいらの視線を感じたのだろう。
おいらの方を見て・・・そして目が合った。

彼女の目が驚いたように見開かれ、その後ちょっと遅れてニヤッと
笑ったように見えた。

“おいらのことを覚えていてくれたんだね、女子高生R!!”
胸の奥に熱いものが流れ込んでくるような、懐かしさと切なさを改めて感じた。

ぺこっと一度お辞儀をしたに、どぎまぎしながら慌てておいらもお辞儀を返す。
その時だ。
上りと下りの電車がほぼ同時にホームに滑り込んできた。
一緒に運ばれてきた秋風が、ホームに立っている人々の髪を揺らす。

銀色の車両にさえぎられて、もうの姿を見ることはできない。

上りの方向に向かう電車の車両に乗り込み、窓越しに下りの電車に
乗っているはずのの姿をもう一度探した。
・・・が夕暮れ時の乗客は思いのほか多く、人ごみに紛れた彼女の姿を
見つけることはできなかった。

さよなら、女子高生R。



再び逢える日はあるのだろうか?
たぶん、もう二度と見かけることはないだろう。そんな予感がした。


でもね・・・女子高生R
それぞれの道を歩む2人の人生が、短い一瞬の間だけ交差したことを
忘れはしない。
あの熱い闘いを忘れはしない・・・。


<注釈>
えと、この話 本当はこんなに大げさなものではないのですが、
一応イメージとして竹内まりあさんの“”をBGMに
かけてもらえるといいかも〜(笑)

何故女子高生Rなのかって事だが、良くスポーツカーとかには
とかとかとかが付いて、とても速そうなイメージがあるので、
を付けてみた。彼女の名前のイニシャルとかではないのだ・・・。


しかし、危ないな〜!
やばいよ、おいら・・・。~(=^‥^A 汗
秋になってセンチメンタルになってるのか?
怪しくてキモイ雰囲気がぷんぷんだぁ〜(涙)
この機会に過去に書いたブログの記事を読み返してみたが、
かなりやばい内容だったんだなって、改めて思い知らされた。(ノ_-;)ハア…
  

Posted by oceanslowwalker1 at 21:34Comments(10)TrackBack(0)

2005年09月21日

気になるCM

最近気になっているテレビCMがある。
このCMは全国で放映されているんだろうか?
今まで聞いた事も無い会社のCMなのだが、ここ最近急に露出度を高めている
感がある。

このCMの音楽と映像が流れ始めると、おいらには存在しないはずのふるさとに
帰りたい気分になるから不思議だ。(笑)
それとともに、いつも軽い違和感も覚える。
なんかNHKの朝の連続ドラマを思わせるような素朴なドラマ仕立ての映像に、
印象的なギターのBGMが流れ始めると、軽く華やかなCMの世界に、
突如 独特の哀愁感が漂い始めるのだ。

yazuya

インパクトあるよ!


「やずや 雪待にんにく卵黄」



既にこのCMを見たことがある人も多いかも知れない.....。
東北(青森南部のとある街)から都会の親戚の家に住み込むことになった少女
ユウキ”が、故郷で一人雪待にんにくを作り続けている大好きな
おじいさん”の事を想う....っていうような内容のストーリーなのだが、
なんとこのCMのパターンは現在8話目を迎え、まだまだ続くらしい....。
HPのやずや劇場 雪待にんにく卵黄物語で全8話までの内容を
確認できるので、興味がある方は是非覗いてみて欲しい。

やずやHP

ちなみに、このHPから、あの哀愁のBGM
やずや 雪待にんにく卵黄テーマ曲を携帯の着メロ用にダウンロード
することができる。
もちろん、今のおいらの着メロはこれだ。(笑)

別にやずやの回し者ではないが、妙に気になってしまうCMなので、
ブログのネタにつかわせてもらった。
(アフォリエイトしている訳でもないのだが...苦笑)

やずやなんて、このCMを見るまでは聞いたこともない会社だったが、
”本物がゆえに埋もれてしまっている商品を探し出し、その商品に
光を当てて紹介して販売していく通販売の会社”
らしい。
これだけのCMを展開しているのだから、かなり資金力のある会社なんだろうが・・・・。

雪待にんにくの無料サンプルがもらえるらしいので、一度試して
見ようかな〜(笑)


それにしても哀愁って言葉の響き....。
好きだなぁ〜 ゚〜~〜(゚ω゚=)〜~〜゚





  
Posted by oceanslowwalker1 at 08:23Comments(13)TrackBack(1)

2005年09月14日

復活!!

いやはや修理に出していたWIN PC(日立プリウスデッキ)が、日曜日に
無事に修理を済ませて戻ってきた〜。
電源が入らないという最悪のアクシデントで打つ手が無く、日立の修理センターに
送ったのだが、購入後1年半が経過していることもあって、保障も無く気分は最悪。
いったいいくらかかるのだろう?(涙)


natsuiro_roadとりあえず見積もりをしてから
金額によって修理するかどうか決めて欲しいとのこと。
万が一10万円もかかるようなら、修理すべきか
判断しなくてはいけない。
見積もり金額はPCが修理センター到着後2,3日以内に
連絡され、その金額に納得したら改めて修理を依頼し、
代金は修理品配送時に、宅配便業者に代引きで支払えば良いらしい。

ただ祈るように見積もりを待ち続けていたが、
送ってからもうすぐ一週間経つというのに
うんともすんとも言ってこない....。
まったく天下の日立が何してんだか?





habataki丁度1週間目に当たる日に、チャイムが鳴った。
「は〜い?」
「宅配便ですが?」
はっとした。
PCを送った際に指定されていた業者と同じ業者だったのだ。
え?見積もりは?いくらかかるの?代引きの金用意してないよ!!


metそうは言っても仕方が無い。
ビビリながらドアを開けた。
やっぱり日立の修理センターからだ・・・。
お金はいくら?




しかし意外な事に、宅配業者は一切のお金を請求せず
そのまま荷物を置いて帰っていってしまった・・・。
ありゃ?支払い方法が変わったかな?


yunagi01修理内容の明細書が同梱されていた。
あせって中を確認する。
一体何が悪かったのか?
修理内容:メインボードの故障による不良。ボード修理。
え?メインボードってことは、基盤が逝っちゃってたわけ?
修理なんて言っても、実際はアッセンブリー交換だろうから、
通常なら7万程度は覚悟しなくてはならない....。

正直この金額は痛い。
支払いは?
明細書をじっくり眺める・・・。
・・・とそこに「無料にて修理いたしました。」とだけ書かれている。
え?保障期間がとっくに過ぎているのに、何で無料?
往復の配送代金も取らないの?



yunagi02太っ腹だね日立さん!
すごいよ!あんたたち凄いよ!


しかし...なんで無料なんだろう?
凄く嬉しいけど疑問も残る。
まああまり深く突っ込んでも何も得しないんで
これ以上は何も語るまい。

sorairo01そういえば今年になって、このPCの前に
ブラザーのプリンタ複合機が故障して同じようなことがあった。
ブラザーの複合機は3年以上前に3万9000円くらいで
購入し、ファックス、スキャナー、コピー、プリンターとして
活躍してきたのだが、ある時からエラー表示が出て動かなくなってしまったのだ。
当然保障期間も過ぎているために、有償修理を覚悟して
ブラザーのサポートセンターに電話してみた。
故障はプリンタヘッドによるもので、交換が必要とのこと。







sorairo02うわ〜金かかるな〜と暗い気持ちになったのだが、
この故障に関しては保障期間は関係なく無料で修理するとのこと。
なおかつ、修理中に迷惑を掛けないように同型機を貸し出すという。
本当にいたれりつくせりの対応だった。
電話した翌日には代替機が届き、その空き箱に修理依頼品を梱包して
宅配便に渡せば良い。
約一週間で修理された複合機が手元に届いた。
代替品をまた、空き箱に入れて送り返して終了。

勿論配送代も修理代もいっさいかからなかった。






こういった経験をすると、次もブラザーや日立の商品を買おうという気に
なるものだ。クレームを上手に利用すると逆に根強いファンを
生み出すことが出来るという、良いモデルケースでは無いだろうか?

写真たちは、無事修理から戻ってきたプリウスに保存してあったもの。
ハードディスクが初期化されちゃったりしたら、二度と見ることのできない
幻のショットになってしまうところだった。
文とは何も関係ないけど、とりあえず載せてみた。
いや〜他にも大切にしているデーターが無事戻ってきて良かった〜。

というわけで、PCが戻ってきたんで、これからもよろしく!  
Posted by oceanslowwalker1 at 07:15Comments(31)TrackBack(0)

2005年09月04日

SO LONG!

forgetmenot








この前ようやく開設一周年を迎えたこのブログだが、ここにきて面倒なことになった。
ネット用のメインPCである日立プリウスデッキ君が壊れちゃったのだ...(涙)
とにかく電源が入ってもすぐに終了してしまい、BIOS画面までにもたどり着けない状態だ。
そんな感じなのでセーフティーモードなんかでの立ち上げも不可能だ。
リカバリーCDだって電源がまともに入らなければ、認識もしない訳で....。
通電しているのはLEDの状態から分かるのだが、たぶんハード的な問題なんだろう。
サポートセンターでもお手上げなんで、仕方なくメーカー修理ということになった。

今回のブログの投稿はマックでやっているのだが、なにしろネット用としては使用していなかったため、
メールアドレスからブックマークから何も無い状態だし、ネット用の画像関係もWINの中にあるので
正直しばらくは面倒な設定作業が続くことになる。
PCの状態からするとハードディスク等の破損はないと考えられるので、無事に帰ってきさえすれば
また快適なネット生活を楽しむことも可能だろう。
(予定では2週間程度かかりそう.....(ioi)涙 )


おいらの妄想は勝利だった。
全国のブロガー・通りがかりのネットサーファー・いつも遊びにきてくれていたリンク先の皆さん、
おいらのブログ更新は決して終わったのではなく
マックにかわって無事修理を終えて戻ってきたプリウスデッキで、
再びライブドアからブログ「男の買い物日記」を真に再会する日まで、
一時、このブログの更新を中止します。


それでは、また逢うその日まで!

ヾ(^-^)ゞ SO LONG!!




<参考資料>
最後の時計台放送 (1969年1月19日 東大安田講堂) 

われわれの闘いは勝利だった。
全国の学生・市民・労働者の皆さん、われわれの闘いは決して終わったのではなく
われわれにかわって闘う同志の諸君が、再び解放講堂から時計台放送を真に再開する日まで、
一時、この放送を中止します。

↑なぜだかずっと覚えている学生運動時代の「最後の時計台放送」の
 台詞を流用してしまった....。  
Posted by oceanslowwalker1 at 15:43Comments(19)TrackBack(0)