oceanweb

Linuxやプログラミングに関する技術メモ。

「PC電源スイッチ」プライバシーポリシー

アプリケーションのプライバシーポリシー

PC電源スイッチに関するアプリケーション・プライバシーポリシー


本アプリケーション(以下、アプリ)・プライバシーポリシーは、 OCEANWEB が提供するスマートフォン向けアプリ” PC電源スイッチ ”から送信される利用者情報とその取り扱いについて説明するものです。本アプリ・プライバシーポリシーの内容をご確認・ご理解したうえで” PC電源スイッチ ”をご利用ください。

アプリ本体の説明

【アプリ本体から送信される利用者情報、目的、送信先】
  • 情報の送信はいたしません。
【アプリ本体からの利用者情報の送信停止/削除とその影響など】
  • 本アプリは、利用者情報の送信を停止する手段を提供しておりません。送信を停止したい場合には、本アプリをアンインストールしてください。
  • 本アプリは、送信された利用者情報を送信先のサーバから削除する手段を提供しておりません。送信情報の削除については、 OCEANWEB の問い合わせ窓口までご連絡ください。

組み込まれた外部の情報収集モジュール(※1)の説明

【情報収集モジュールから送信される利用者情報、目的、送信先】
PC電源スイッチ には、情報収集モジュールは含まれません。
※1: 情報収集モジュールとは、広告表示やアプリの利用頻度を解析する、アプリ本体の機能とは独立した、第三者が作成したプログラムのことです。

アプリ/アプリ提供者の説明

OCEANWEB の個人情報保護方針】
個人情報保護方針(事業者プライバシーポリシー)は、下記のリンクよりご確認ください。本個人情報保護方針(事業者プライバシーポリシー)と、本アプリ・プライバシーポリシーが異なる場合には、本アプリ・プライバシーポリシーが優先されるものとします。
http://blog.livedoor.jp/oceanweb/

OCEANWEB の問い合わせ窓口】
利用者情報の取り扱いに関するお問い合わせ、ご相談は以下の窓口でお受けいたします。
http://blog.livedoor.jp/oceanweb/


本アプリ・プライバシーポリシーの変更について】
本アプリのバージョンアップに伴って、送信される利用者情報、目的、送信先が変更される場合があります。変更内容などは、新バージョンのアプリに付随するアプリ・プライバシーポリシーをご参照ください。


以上








「WUI 将棋」上級モード追加

◇ ウェブ将棋サービス「WUI 将棋」

http://wuishogi.zapto.org/

ブラウザでアクセスして、サーバ上のコンピュータと将棋の対局ができるサイトです。
GPSShogiを使った上級モードを追加しました。

・・・・・・

◆ 機能追加・更新の内容

・上級モード追加。AIには、第二回電脳戦でも登場したGPS Shogiを使用。(かなり強くて私の棋力ではまだ勝ててない...)
・対局中に初級と上級とを切り替えることが可能。
・プレイヤーの負け判定のバグを修正。

・・・・・・

ウェブ将棋サービス「WUI将棋」ベータ版公開

◇ ウェブ将棋サービス「WUI 将棋」

http://wuishogi.zapto.org/

ブラウザでアクセスして、サーバ上のコンピュータと将棋の対局ができるサイトです。
スマートフォン向けに、接続が切れても対局を再開できる機能を追加して、ベータ版として公開します。

・・・・・・

◆ ベータ版で追加した機能の特徴

・スマートフォンなどを利用している場合、対局の途中で接続が切れても、ブラウザの「更新」ボタンを押してコンティニューすることが可能。
・強さは初級レベル(?)。アルファ版のときよりは強くなっているはず。AI として、GNU shogi というソフトを使用。

・・・・・・

ヘン顔アプリを作ってみた

◇ Androidアプリ「かんたんヘン顔メーカー」

https://play.google.com/store/apps/details?id=info.selfip.ocean.easyfacetransformer

ボタン一発で、かんたんにヘン顔がつくれるアプリです。
カメラで撮影するか、ギャラリーから写真を選ぶかして、あとはボタンを押すだけ!
かんたんに顔を四角くしたり、顎を長くしたり、太らせたりできます。
ツイッター・Facebook・メールなどで、つくったヘン顔をみんなと共有するのもかんたんです。

・・・・・・

◆ 作ってみた動機

・顔写真加工アプリはいろいろあるけど、あまり不自然にならない程度に、頬やアゴなどの部分的な特徴を強調できるのはあまりないかも。
・ボタン一発でかんたんに変形できれば面白いかも。

◆ 技術面での特徴

・顔検出は、Android API の機能を使用。
・顔の変形アルゴリズムはかなり工夫。変形する部分としない部分が違和感なくつながるようにしたつもり。
・カメラアプリやギャラリーと連携して、写真をロード。Androidアプリ開発ではありふれた処理だけど、実際作ってみるにはいろいろノウハウ必要。

・・・・・・

最近はいろいろ開発はやっているがブログに書く暇がない…
技術面に関して、少しずつブログに書いていきたいと思います。

ウェブ将棋サービスをつくってみた : サーバ移行

◇ ウェブ将棋サービス「WUI 将棋」

http://wuishogi.zapto.org/

ブラウザでアクセスして、サーバ上のコンピュータと将棋の対局ができるサイトです。まだまだ動作に不安定なところがありますが、アルファ版として公開します。

・・・・・・

◆ サーバの移行

9月16日に公開してから、多い時で日に100ユーザ近いアクセスがあった(感謝 m(__)m)。しかし、主にメモリ容量が少ないせいで gnushogi が開始されず、いつまでも対局が始められない状況になってしまったため、サーバを増強することにした。

新サーバはVPSを利用。利用申請、インストール、設定などはこのあたりに書いた。

◆ キャパシティプランニング

現サーバの性能で、どのくらいキャパがあるか計算。といってもかなり大まか。

・CPU
AI は自分の手番になった場合に動作し、30 秒以内に返す仕様。同時に数ユーザが対局したとしても、AIが動作する時間はそれほど重ならず、処理落ちは少ないと思われる。同時に数十ユーザのレベルだと、AI  の処理が重くなり、結果的に弱い手を差してしまう可能性がある。

・メモリ
メモリは 1GB。OSや各種サービスが消費する容量が 100MB 程度。1 ユーザに対して gnushogi  1 プロセス(約 8MB)を消費。単純計算だと (1000 - 100) / 8 = 112 プロセスが同時に起動できる。まあ 100 ユーザが同時にアクセスしてもメモリ不足にはならない感じ。それにしてもgnushogi、約 8MB で動くっていうのはかなり優秀なんじゃないかなあ。

・ディスク
容量は100GB。書き込みはログのみなので、ディスクを圧迫することはないはず。読み込みの速度に関しては、プログラムやブックファイル、HTMLファイルは合計で数MB程度で、すぐにページキャッシュに乗っちゃうので全然問題ない。

・ネットワーク
回線は 100 Mbps 共有。1 Gbps の物理回線を複数の VPS で分けあい、1 VPS あたりの上限速度が 100 Mbps ということらしい。ベストエフォートなので実際にどれくらいでるかは状況次第か。ただ、wuishogi でユーザがダウンロードするファイル(HTML、画像、JavaScript など)はたかだか 400KB 程度なので、100 ユーザレベルではまあ問題ないはず。
プロフィール

ocean

おすすめ!アンドロイドアプリ情報appliko(アプリコ)

minne

ボタンひとつでスマートフォンに最適化して売上アップ!
かわいいテンプレートがたくさんで、デザインのカスタマイズも自由なショッピングカートは、カラーミーショップ

あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
■ドメイン取るならお名前.com■


  • ライブドアブログ