Tatsu's Blog

ソルトウォーターゲームワールド

突然ですが


てな訳で(訳わからん)

当blogはfimoへと移行しますんで

引き続き

http://www.fimosw.com/u/whipper
こちらで宜しくお願いします

以上

突然のお引越しでございました

お立ち寄りいただいてる方々

どうもありがとうございました

キラッキラッってする


P1020088
P1020092
いきなりですが・・・
NORTH CRAFTが放つGod Fatherから
ファストロックスナップ
クロスロックスナップが30個入りのバリューパックで
登場です

携帯にも便利ですし450円とリーズナブルですよ♪



続きましてぇ

P1020087
NORTH CRAFT 百海から
INAZUMA 110HS

110mm 28gのジグミノーですが
ミノーライクなスイミングはもちろん
フラッシングの効いたフォールがキモ

P1020091
あと艶めかしさね



ほいでほいでコレ
P1020090
NORTH CRAFT Ambient
AVION 90S
90mm 10.5g

もちろんフローティングもあります
見た目にポテンシャルの高さが伺えるじゃないですか
空気抵抗・水中の引き抵抗はリップとアイの位置が証明しています
これはサクラマス・サツキマスにはもちろん
シーバス他フィッシュイーターには
たまらんルアーでしょね

是非とも7.5cmが欲しいんですけど・・・





話は変わって


最近エエ釣りしてまへん

っちゅ~わけで?

1日は朝のマズメパワーを駆使しましたが

鳴門のシャローエリアはマジで

魚ッ気なしのつぶて


今朝は以前から多少ベイトッ気のあるエリアへ

朝焼けの中もくもくとキャストをしてると

時折キラッキラッと水中で無数に光るものが





ベイトの群やぁ~

そのキラキラ見てて閃いたのが

AVION

ベイトを追う正体もたまらずバイト
P1020093
ちっこいサゴシでした

P1020094
歯がすごい

P1020096
またまたゴゴンッ


P1020097
一緒に釣行した後藤くんも354GET


この後ベイトが見えなくなったので
また閃いた


COREMAN パワーブレード
広範囲にキラッキラッ! ウム間違いない
P1020098
やっぱりこの日は相手がサゴシってことで
キラキラ系が効きましたな

この後すっかり落ち着いた水面を

パワーヘッド+アルカリで打っていて
60cmくらいのシーバス掛けたんですが
口の皮イチやったんで足元でバレちゃいました

ある意味ランガン

28日の昼に徳島を出発

一路神戸へ向かいます


目指すは平磯海づり公園

P1020038
泉隊長の初心者大集合
ソルトルアーパトロールへお邪魔します

1時間半ほどで到着
県南にヒラスズキ行くより早いがな・・・

P1020039
会場にはメーカーブースもあり

P1020041
もちろんCOREMANブースも

東先端を目指して歩いていると

P1020040
早速隊長発見

いやぁ~暑い中いつもながら精力的
中川さんのテンションも異常に上昇してます

僕もパトロール隊員として参加者の方にレクチャーせよ!
との命を受けました
P1020086


隊長の仕事ぶりを拝見
P1020056

P1020057
早速サインをちょいちょいっと

僕も声を掛けて回っていると
ツィッターの相互フォローで
釣りの約束をしながらなかなか都合がつかず
合うことができなかった廣島さんが
逆に「加地さん」と声を掛けてくれました

もちろんサプライズでした♪
こんな偶然も面白いですね!

廣島さん今度こそ一緒に釣りしましょね

続いてどんどん声を掛けて周りました
色々と細かいレクチャーもさせてもらいましたが

海づり公園は僕には初めてのポイント
こちらも勉強になりました

中には
blog見てますとか 雑誌見てますとか
徳島良いですねとか 頑張ってくださいとか
ありがたい言葉もたくさんいただけて
ヒジョウにうれしかったです

暑い中皆さん頑張っておられて
ドンドンと歩いて行くと
P1020046
大巨人と宮川兄ちゃんを発見

精力的に話をされてました

ココでとんでもない魚をキャッチされたとの情報
駆けつけてみると
P1020047
ドドーンッ

中層をバイブレーションで探っていたらHITしたとのこと
このドピーカンでも出ますね~

P1020044
83cmありました


ココでご存知オヌマン部隊と合流し
しばし、暑さを凌ぎます

P1020048
クーラーガンガンの食堂で

P1020051
最高のカキ氷です
(奥で携帯イジってるのはチュート徳井ではありません

P1020049
イカをトッピング

P1020050
小沼さん・・・帽子脱いでくれんと
顔が黒すぎて誰かわかりませんよ


さて一息ついたところで
巡回再開すると
P1020059
大森さんが何かを掛けた

P1020060
ひょいっとぶっこ抜いたのは

P1020063
サバでした~

ん~んまそう・・・
この頃にはところかしこで

バコンッボコッバシャッと
小型回遊魚がボイルしてました

ええ感じになってきたなぁ~の夕マズメ

会場全体に響き渡る声で
「HIT~」と中川さんの雄たけび

慌てて飛んでいくと
P1020064
ランディングの真っ最中

P1020067
出たぁ真鯛

P1020070
すんばらしぃ~
「R-32 + パワーヘッド」の組み合わせ
P1020071
一気に人が群がり

P1020072
こんな状態でフラッシュの集中砲火


P1020078
最高の舞台で最高の真鯛
最高の盛り上がりでした

P1020077
70cmに迫る魚体

P1020073
こちらはパワーブレードでHITしたシーバス
大巨人サポートランディング

P1020076
その後は19時までたっぷりと楽しんで
ブースの片付けをして終了♪

近くのジョリパスへ

軽くプチ上げました
2010082820110001
疲れましたね~キターノさん

2010082820110000
完全に喰いすぎな人

2010082822230000
大巨人を真ん中に
海づり公園スタッフの高田さんと3巨頭
やっぱりワシの2倍やな

ココからは徳島へ取って返して
翌日曜日は須磨水族館へ

同じところを行ったり来たりの2日間でした

泉くんをはじめ平磯海づり公園でお世話になった皆さん
暑い中お疲れさまでした
またお邪魔しますので宜しくお願いします



神戸市立平磯海づり公園

基本釣り料(4時間)
大人:1,000円
子供:600円

駐車場料(4時間)
車:500円
単車:100円
専用駐車場(約400台収容)

TEL(078)753−3973

神戸市立平磯海づり公園のホームページ
http://www.umiduri.com/

忘れちゃ~いかんもの


阿波踊りの後は恒例の打ち上げでして

毎年大人子供合わせて30人くらいの盛大なものになるのですが

今年は少々少なめ・・・

みんなのスケジュールを合わせるのは難しいです

ステージは徳島でも山奥のド田舎

廃校となった小学校をグランド、体育館共に借りきって

精も根も尽き果てるまで飲んで食べて

遊びつくします

午前中はボチボチBBQ中心に
P1010992

P1010993

P1010994
見る見るうちに猛暑地獄に

みなそれぞれにキャッチボールしたり

な~んも考えんとフルスイングでふっ飛ばしたり・・・

P1020024


バスケットやバドミントンや卓球したり

プロレスする子供達やら・・・

カキ氷したり

なんやかんやしつつも

飲み食いは止まることなく

食材も尽きることなく・・・

そのうち暑さに耐え切れなくて
P1010997
交通ルールも独自の田舎ルールな世界で

目の前の川へ突撃

P1010998
まずグランドを出発

P1010999
小さな坂を下って

P1020001
ちょいと走れば川はすぐそば
(軽トラとか言うオープンカーで爆走中の車上から)

P1020003
まず軽く入る道を間違えて橋を渡ってみる

P1020002
川を見下ろす
(酔ってるのでダイブしようとか言うてみる・・・)

P1020004
正規ルートにて川へ

P1020005
飛んだら死んでるな

P1020006
川は渇水気味ながら濁ってて
釣り師から見れば状態はかなり悪い

P1020007
白熊? 橋脚がメインステージ
ココから飛び込むのがいつものパターンだが・・・

P1020008
いつもより橋脚周りの砂利が掘れ込んでて橋脚が高い
まずは一人を肩車で上げて

P1020009
また一人を橋脚にしがみつかせて上から引き上げる作戦

P1020010
だが・・・

P1020011
白熊は重かった

結局、登った二人が飛び込んで川を後に



P1010996
完全に白熊

P1010995
どーでもええけど満足気


まだまだ飽き足らず

飲み食いしつつ暴れます

ノックでシゴキもしました

ダイブン大人がダレてきたので

落下傘をかましました
P1020012
子供は元気

P1020013
パラシュートを夢中で追いかけます

P1020014
とっしょりも混ざってますが・・・

P1020015
ズームで瞬間捉えんの難しわぁ


焼き物はそろそろ終盤
P1020016
ホターテ

P1020017
若い士は焼き担当に

もうこの頃になると色んな意味で
へたばってくる大人達

P1020019
ココぞとばかりに日頃の愚痴を
ぶちまける嫁衆

P1020025
さすがに子供も暑さでキツイか?

P1020018
(珍獣おじゃん)
極めて頭脳明晰ながらアニヲタなのがイタイ

P1020021
(生みたてタマゴ)
すぐにブッチューとか擬音を使いたがるが意味は不明

P1020020
(ルー大パニ)
年上に向かって「若い士弾けとるか!?」といって
ダバダ火振りを差し入れるホイルスピン野郎

P1020022
(ニワジマまさみ@白熊妊娠中)
リクームのようにケツの割れ目が常に出ている天然記念物

P1020023
あぁ

この辺から写真すら撮らなくなったワシ

この後、夕方6時半くらいまで

気力を振り絞って遊び

帰ってシャワーしてボウリングのリーグ戦に行きましたとさ


今年も高校時代に戻って遊びました

参加したみんな残念ながら参加できなかった面々

また来年!おちかれ~









海もサウナ


なんちゅ~暑い夜でしょうか

阿波踊りでも一晩に相当の汗をかきますが



夕涼みのアナゴ釣りのはずが

ポイントに着いて車を出た瞬間から

風は無く日中に熱せられた

コンクリートジャングルの護岸は灼熱地獄


もうポイントに着いた頃には

ドボドボに汗が流れる状態

落ち着いてもずっとジワジワ汗が出るんで

体力結構いるかも


まずは青イソメでチリリン
P1010985

これはゴテンアナゴ

ほどなくしてチリリン
P1010976
後藤くんもゴテンクスをキャッチ

ゴテンアナゴはこのポイントでは
良く釣れてマアナゴと半々くらいで釣れます

食味はマアナゴと変わらないですが
調べてみると味は劣ると書かれてます

普通にうまいけど・・・

P1010977
これはマアナゴ

ゴテンアナゴとは見た目で容易に識別できますが
まず、体側の白い小さな斑点があるのが特徴のマアナゴ
色白で斑点もなく顔がデカクて眼も大きいのがゴテン

今回のアナギングも地合い覿面で
当たりだすと集中して連発しました

餌はサンマの切り身に反応が良く
青イソメは最初だけ

面倒ですが2種類は餌を持っといた方がええですね

P1010986
アナゴのグロ画像
死んでからはゴテンとマアナゴとの違いは顕著に

P1010987
最大魚ジャスト70cmのマアナゴ

めんどくさいですが大きいのは
骨切りしてから揚げにしました

そら~も~
旨かったですよ

写真館
  • キラッキラッってする
  • キラッキラッってする
  • キラッキラッってする
  • キラッキラッってする
ただいま閲覧中
インパス
Angler
いずこから?

ジオターゲティング
写メって!
QRコード
  • ライブドアブログ