2013年06月17日

E.K.さん アメリカカリフォルニア州サンディエゴでの留学生活

DSC00148
【行き先】アメリカ サンディエゴ
【期間】2013年1月〜6月
【プラン】語学留学

私が留学をする事になったきっかけは、
「普通の生活」をこのまま一生続けることはつまらない!
何か自分の視野が広がることを20代のうちにしておきたい!
と思ったからです。
元々、昔から映画を見ていてアメリカ英語の発音が
好きでしたので、「アメリカに留学してみたい」と
いうことは決まっていたのですが、
州を決める時に基準になったのは、
なるべく日本人の少ない地域・安全な場所
冬でも暖かく海が近い地域ということで
サンディエゴが適切な場所だと思い、
私の留学先の場所として決定しました。                                           


私は日本の寒い冬が嫌いなので、
出発時期を一月に設定しました。
サンディエゴに着いたら常夏だ!と思っていたら、
日本の様に雪は降らないまでも、ダウンが必要なほど
寒くてショックを受けたことを鮮明に覚えています。

最初は耳が英語に慣れていないので、
日常生活、それこそスーパーで買い物をするにも
集中して人の話すことを聞いていないと、
何を言っているのかがわからなくなって
パニックになっていました。
それが一か月、二か月と過ぎていくと、
頑張って耳を傾けていなくても
何を言っているのかが大体わかるようになり、
テレビの話も聞き取れる部分も出てきた時は感動しました。 

    
学校生活は、たくさんの国から留学生が来ていて、
アメリカ英語だけではなく、
他の国の独特の英語の発音の仕方も理解しようと
努めました。
「英語」を通じてアメリカ人以外のいろんな国の人と、
意思疎通ができるということは、
本当に素晴らしいことだなぁと感じました。
英語の勉強はやはり終わりがないので大変な部分も
ありましたが、それは学校に通ってる皆が
感じることなので、一緒な悩みを抱える仲間と
支えあっていけたことは、
とても良い思い出として残っています。 
   
        
留学中に一番衝撃だったことは、サンディエゴの人は
とてもポジティブな人が多いということでした。
路上を歩いていて目が合えば必ず挨拶してくれましたし、
日本ではマイナスにとらえていることがアメリカでは
良いこととしてとらえていることも多々ありました。
一つの固定概念に囚われて萎縮してしまっていた
自分の考え方を打ち砕いてくれた瞬間でもありました。                 
この留学を通じて、いろんな国に友達ができたということ
いろんな国の文化を知れたということ・自分が当たり前だと
思っていた考え方が実は、世界の目線からすると常識では
なかったということを知れたということが本当に良かったと
思います。

話す言語が違うというだけでバリアを張っていた私ですが、
人間は皆同じで、悩む時もあれば笑い合う時もあり、
一緒にその貴重な時を友達と過ごせたという体験から、
私が世界を見る目も変わったと思います。

終わってみればすごく短い留学生活でしたが、
とても濃密な時を過ごせたと感じています。
英語力はまだまだ成長過程ですが、
もうどの国に行っても怖くない気がするという
自信があります。
留学をして、たくさんの経験ができたので本当に良かったと
思います。


Q1 学生寮の生活は如何でしたか?
 
  日本よりも、正確さに欠けているので、
  ネットの調子が悪かったり、いろんな所が故障する、
  ということがありました。


Q2 学校の授業の様子について
  戸惑ったこと、困ったことはありましたか?

  スマートボードの不具合(フリーズ)は多々ありました。

  授業には苦労せずついて行けましたか?
  日本との違いはありましたか?
  
  最初は苦労しましたが、徐々に慣れていきました。


Q3 電気製品等で絶対に持って行ったほうが良いものは
  何でしょうか?

  アメリカでは何でも売ってるので特にありません。
   

Q4 現地の生活習慣やルールで日本と違うと思ったところは
  どのようなところでしょうか?

  知らない人でも路上で挨拶をする、ということ。


Q5 1ヶ月のおおよそ生活費はどの位でしたか?
  (授業料は除く) (ドル、円どちらでも結構です)

  生活費: 2200ドル (そのうち家賃代は?):1200ドル
   

オーシャンズにメッセージを:
心細い時にくださったメールが本当にうれしかったです。
最初から最後まで支えてくださって
本当にありがとうございました!!!




Profile
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site