2012年09月10日

 従来の妊婦健診は、医師が主に行うものでしたが、妊娠中の乳房管理や生活、食事指導、授乳指導、育児指導などは助産師が行っており、妊婦さんやお産後のママに対して医師、助産師はそれぞれ異なった診かたで診療をしておりました。私たちはそれをより明確にし、医師の立場、助産師の立場で一人ひとりの妊婦さん、お産後のママを診療していく妊婦健診プログラムを考案しました。もちろん超音波検査など健診で重要な検査はスタッフ全員できなければなりません。通常の助産師業務だけでなく、こうした特別のトレーニングを行った助産師が医師同等に外来診療いたします。こうすることで、従来よりもより多角的できめ細かい健診が行えると考えております。

 妊婦健診の一番の目的は妊娠中に病気をもった妊婦、病気をもった胎児をできるだけ早く見つけ対処することです。こういう方を“ハイリスク妊婦”と言って私たちは緊急な対応が必要でない方でも注意して妊婦健診をしているのです。続きを読む

 当科では産科外来のあり方にもう一度再検討加えました。続きを読む