2010年05月

2010年05月31日

無題

いろいろ抱え込んでる、君へ。





ぶつける肩がないなら、いつでも呼んでおくれ。



ochanomajonny at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)思うこと 

2010年05月30日

青い空

姫が少し熱気味で、今日はバースカフェだったんだけど、急遽おやすみにさせてもらう。
うつしちゃ悪いからね。



輪茶013を仕上げ、無事入稿も完了。6月10日頃から配布も可能かしら。


昼を過ぎた頃から日差しも若干落ち着いた感じだったから、
結局元気な姫と、2時間の昼寝から覚めて動きたい盛りの若と3人で公園へ。

姫の遊び方が刻々と進化していて、おもしろい。

もうちょい大きくなれば、笹舟流し競走とか、サッカー、バトミントンとか、できるようになるのかな。

若が一人でどんどん歩けるようになるまでは、もうちょっとかな。
世界が、興味が、どんどん広がっていて、目がキラキラしてる。
いいね。






ochanomajonny at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月29日

ご無沙汰してました。

ご無沙汰してます。
みなさんおかわりありませんか?
僕は、元気です。


またぼつりと、更新が止まってしまいました。

新しい輪茶、013号の製作に追われておりました。

が、無事、峠を越え、何とかなりそうです。

よかったー。

明日からは毎日、更新できるといいなぁ。

ということで、おやすみなさい。

ochanomajonny at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月20日

五月病、だったのかしら

若の10日ほどの入院生活。

僕は姫と二人で、自分の家でいつものように寝てたわけなんだけれども、

それでもやっぱり、心身ともに疲労は溜まってしまうようで、

16日に帰ってきてはや4日も過ぎるというのに、この異様な倦怠感はなんだろう。

まさかの五月病なのかしら。


とか思ってしまったりもしていたけれど、


こまめに休養をとりながら、調子を整え、ようやく復活したような気になる。




これで、たまっていたいろんな『やらねばならぬ』に着手できる。


がんばるぞー!

ochanomajonny at 04:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月19日

靴飛ばし

仕事が早めに終わったので、姫と公園に散歩に行く。

姫の乗ったブランコの横で、近所の小学生4人が、ブランコに乗って靴飛ばしをしてる。

どうやらみんな同級生のようだけれど、微妙な力関係というか、仲良し度にズレがある感じ。


自分が小学生だった頃は、薄々気付きつつも見て見ぬフリをしていたような気もするその関係。

大人になって、
いろいろ経験して、
そこからみると、わかること。

でも、それを僕ら大人から言っても、子供はきっと聞き入れはしない。
余計なお世話、ってやつになっちゃうんだろうな。
っていうか、まったくの赤の他人だし、本当のところはわからんしな。


今はまだ、ほんの些細なその力関係。
どこかで大きく転機があるのかな。
それとも、クラス替えなどを経て、関係も希薄になっていってしまうのかな。

みんな、仲良く成長するんだよー。


とか老婆心ながら思ったり。


また、これからの成長の過程で、姫や若がクラスメイトたちとの過酷な関係の被害者や加害者になってしまわぬように、と切に願う。





だいぶ内容は違うけれど、
告知を見て、非常に気になっている。




ochanomajonny at 05:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月17日

撮影

ばったりと雑誌で写真撮ったりしてる知り合いに会い、誘われる。

「今日、キッズの読者モデル撮影会があるんだけど、ドタキャンがあって人が足りてなくて・・・
30分くらいで終わるから、もしよかったら、協力してくれないかなぁ」

とのことで、ちょうど時間もちょっと空いてたので、

968e036a.JPG







昔、某ショップの番組で、ママと二人で仲良さげにただ公園を歩く、という撮影をしたことがある。

その時カメラマンさんに言われたのは、

「彼氏さん、すんごく動きがぎこちないね。顔も、もっとリラックスしてー。」


僕は、その時、気付いたんだよ。

『あぁ、僕は少なくとも役者とかそういうことは、向いてないんだろうなぁ。』





今のところ姫は、僕のそんなとこ、遺伝してるようだわ。


撮影する瞬間、表情が、力入りすぎて、ちょっと不自然。















ちなみに、昨日の夜、元気になりすぎてやたら動いたせいで、若の点滴がずれ、1日早くはずすことに。
それもあって、退院も1日早くなった。

今日からようやく、4人でまた家でゆっくり寝れる。

と思ったけど、家に帰ってきた若は、うれしかったのかやたら興奮してて、全然眠らず。
3時間越えの格闘の末、みんな撃沈。

ochanomajonny at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月16日

とりあえずご報告

7日からずっと入院生活をしていた若ですが、あさって18日(火)に、無事退院する予定、というところまできました。

ご心配してくださってたみなさん、どうもありがとうございます。



結局、原因というか、そういうのはよくわからないんだけれど、
最初は肺炎で熱、途中から突発で熱、みたいな感じっぽくて、最後は突然発疹が出て、熱下がる、というかんじでした。

14日に突然熱が下がり、経過を見て今日に至ります。
着々と元気になってご飯も食べ出し、動きたくて仕方ない、という感じです。
表情も元通り。

a18df42b.JPG





で、突然のママなし生活も10日目の姫は、着々と、限界に近づいている。

帰る時間になるまで、元気に過ごし、
ママとの別れの挨拶も元気にするものの、
エレベーターに乗った途端、堪えきれない涙を必死で堪えようとしている。
自分で何とか気分を変えようと試みて、何とか現実を忘れるも、ふとまた「ママがいない夜」を思い出し、感極まる。

ママには心配かけさせまい、とママの前では元気に振舞っていたけれど、
さすがにここ何日かはもう辛いようで、ギューっと抱きしめてもらってから帰るようになった。

といった感じなので、僕が悪いわけじゃないんだけど、
「なんか、ごめんねー。」
と、申し訳ないような気持ちになる。


下の写真は、現実を忘れるため、ハイテンションでブリッジをする姫の図。

5a670d60.JPG





あと2ヶ月で4歳。

なんかもう、立派なお姉さんなんだな。

帰ってきたら、思い切りママに甘えさせてやりたい。

ochanomajonny at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月11日

はじめての秋田弁

輪茶11の表紙の絵を書いてくれた、という経緯もあるあったけさんがやっている「あきた4コマち」が、「はじめての秋田弁(無明舎出版)」という名前で、書籍化され、先週晴れて発売となった。

どうやら秋田駅前フォーラスのジュンク堂の、先週の書籍売り上げベストで「1Q84」を抜いてるもよう。
すごいなー。


そんな「はじめての秋田弁」。
今日、ようやく買えました。
6dd8370a.JPG



無明舎出版HP

直筆サイン入り!
わぉ!

秋田の人の活躍が、どんどん増えていくといいなぁ。






さらに、ママの暇つぶし兼気分転換用

ママはテンパリスト 3
ママはテンパリスト 3
クチコミを見る


ochanomajonny at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)輪茶のこと | 今日のこと

2010年05月10日

ツイッターとか、mixiとか

いろいろあって、ツイッターを始めることになりました。

ブログとか、HPとか、フリーペーパー編集とか、いろいろやってるけれど、
PCに関しては、まったくもって疎いもんで、
mixi始めたとき同様、いまいちよくわかりません。


基本携帯でネットもしてないので、こまめにつぶやく自分が想像できません。

でもまあ、きっとなんだかんだうまく付き合っていくのでしょう。




よくわかる人の、アドバイス求む!





検索の仕方もよくわかりませんが、


ツイッターは、 「@ishiokadaisuke」、あるいは、「石岡大輔」

mixiは、  「イシオカダイスケ」

で検索すれば、出てくるようです。




どうぞ、みんな、仲良くしてください。

ochanomajonny at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月09日

菜の花畑

姫と2人でサンルーラル大潟のところの菜の花畑に遊びに行く。

最初、それほど乗り気じゃなかったくせに、

「ここの菜の花畑、迷路みたいになってるんだよ。」

と言った途端、目をキラキラさせて興奮。


いざ花畑に入ったら、「きゃー!」って感じで走り回る。

すんごい楽しいようだ。
8a8466b1.JPG







残念なのは、電車やってなかったこと。


でもまあ、よかったー、連れてきて。





若は、今日も40度付近をウロウロしてる。



うーん。






みんなの気持ちの負担が、少しでも軽減できるように、できることはどんどんやってみようと思うよ。
特に、姫のために。

ochanomajonny at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月08日

2日目

入院2日目、早めに仕事をあがらせてもらい、姫と一緒に病院へ。

動きたい盛りなのに動けずだし、
熱もあって咳もするから、
終始機嫌が悪い。

それでも、僕らが行ったときはちょうどお昼寝中でとりあえずママは支度しに一時帰宅。

その間、僕が付き添い。

目が覚めた若とちょっと遊び、その後30分泣き続け、
それでも疲れて眠くなってきたようで添い寝すると何とか寝てくれる。

ここら辺は、姫とは違うところだな。

3歳までの姫は、寝るときは「パパじゃない!ママじゃないとダメなの!」
の一点張りだったもんな。


熱が下がったら、僕が付き添いお泊りをすることもあるかもな。




子供の入院って、家族みんな、疲れるよね。


ochanomajonny at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月07日

試練の時

残業して、22時半、更衣室に戻り携帯を開くと、やたら電話やメールが来てる。

一番最新のメールには、持ってくるものリスト。

「ソウ君のスプーンとフォークとコップ(園にもっていってるやつでいいよ)
くつ、おむつ、タオル多め」



何のことか、とさかのぼって読むと、

「市立に来て。ソウ君入院になったよ。」




わーお。



ということで、年末の入院から半年も経ってないのに再入院だ。



呼吸器系が弱いのかしら。

肺炎の疑いあり、ということでして。


1週間、熱、下がらなかったからなー。



がんばれよー。




それに伴い、もう一人、急遽がんばらなければいけないのが、姫。

2回目、ということもあり、成長してきた、ということもあり、
病院に行くときも「さきちゃんは家で留守番してるよ」、と言いがんばっていたようで。


僕が家に帰ってきたときにはもう熟睡していて、とりあえず添い寝していたんだけど、27時過ぎ、ふと目が覚めて僕を見つけると、糸が切れてしまったようで、
こらえきれない涙がポツリポツリとあふれ出てきた。


また、姫との2人生活が始まる。


ochanomajonny at 16:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月06日

溢れかえってる

大小さまざまな事において、みんなそれぞれいろんな要望を言ったりするけれど、
いざその時に自分に少しでも負担がかかるとすると、みんな決まってそれは断固拒否するんだよね。

何か新しいことを始めたり、今までのものを変えたりするのには、お金も時間も労力も、たくさん使う場合が多い。



変わっていくことは求めるけれど、自分の更なる負担は断固反対だ。




板チョコが1枚(400g)あって、
それを4人で割ると、一人当たり100gの配分。

A君、「もっと食べたい」と駄々をこねる。
B君、それに乗じて「もらえるなら僕ももっとほしいかも」と言う。
C君、「僕はこの量で十分だけど、誰かだけ多くもらうなんてのは不公平だ」という。
D君、「もっとほしい人にはあげればいいじゃない。ただ、僕の取り分は絶対に減らさないでね」





ある会社において、新しく運動会を企画しようということに。
でも、運動会は利益を出すものじゃないから仕事じゃ、ない。
つまりは、業務外。
だから、有志で集まって仕事の合間を縫って企画を進めていかなくちゃいけない。
100人社員がいて、運動会開催に賛成なのは90人。
でも、運営部として積極的に関わりたいという人は一人もいない。


Eさん、「こういうのはさ、Xさんが適任じゃないかと思うんだよね。」
Fさん、「そうですよね。Xさんのリーダーシップがあれば、きっとうまくいくよね。じゃあ、Xさんにお願いしようよ。」
Gさん、「誰がXさんにおねがいするの?Eさんお願いしてくれる?」
Eさん、「やだよ。俺がお願いしたら、俺もやんなきゃいけなくなるじゃん。」
Fさん、「僕もいやですよ。Xさんとそれほど面識あるわけでもないですし。」

なんだかんだで、運営を手伝ってくれることになったXさん。


Xさん、「先頭でないならやってもいいけど・・・でもまあ、数人じゃ絶対無理だから、当日の運営部員は最低15人は必要だろうな。
それは、そっちで集めてくれるんでしょ?
実行委員長は誰?Eさん?それともFさん?」

Eさん、「えっ、えーっと、少なくとも実行委員長は俺ではないですよ。まあ、誰かが、やるんじゃないですか?」




積極的に先頭に立つ人が現れず、結局運動会は開催されず。
言いだしっぺと思われているEさん、Fさん、Gさん、さらには、Xさんまで、
みんなからいろいろ言われる。

「何で運動会やんないんだよ。楽しみにしてたのに。ウソツキ!」









楽しいことはやりたい。
もらえるものはいくらでももらいたい。
でも、疲れたりすることはしたくないし、責任も負いたくない。
新たな負担は、もちろん認められない。
でも、やるっていったんだから、必ずやれ。
こっちに負担がないようにね。




最近、自分勝手な理屈ばかりが、今まで以上にあふれかえってるような気がします。





ochanomajonny at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)思うこと 

2010年05月05日

小岩井

こどもの日で、思いがけず仕事も全休。
さらにいとこの5歳児を1日預かる。

ということで、小岩井農場に行くことに。


と思ったら、昨晩から若とママが発熱。

朝になっても症状あまり変わらずなので、結局僕と姫といとこの3人で行くことに。




周遊カーに乗って、
キッズパークで遊んで、
アスレチックで遊んで、
羊と戯れて、
ソフトクリーム食べて、
牛の乳搾り体験して、
おみやげを買って、
帰る。




1日中、1度も無理なわがままを言わず、約束も守り、
30分の順番待ちの間もうるさくせずに待ち、
でかい牛や、でかいアスレチックなんかにも果敢に挑戦し、
便意を感じてからトイレまでのちょっと長い時間も、半べそになりながらも耐え切り、(ちょうど角館桜渋滞のど真ん中だったため)
「半分こで食べようね」と渡したお菓子を律儀に分け合い、
いとこと、お互い譲り合うところはちゃんと譲り合う。


1日ゆっくり一緒に過ごして、改めて、成長したなぁ、と思う。

『親』という立場からのひいき目を抜きにしてもね。








事情もあって、今のこういう仕事環境を、様々な活動を、自分で選んでやらせてもらってる。
それだけでも十分とてもわがままなことなのに、
子供とのこういう時間、こういう経験を僕にさせてくれているママや家族や、職場や全ての人に、感謝。

ほんとうに、どうもありがとう。






ちなみに、車中では昨日に引き続きディズニー映画の上映。



ochanomajonny at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月04日

映画見る。

みんなで見た。




久々に見たけれど、やっぱり面白かった。

子供を怖がらせることが仕事のモンスターが主役だし、ヘタしたら子供にはただのホラー映画にも見えてしまうだろうけれど、
随所に笑いのネタを仕込んだり、緩急をつけていて、うまいなぁ、と姫のリアクションを見ていて思った。







ochanomajonny at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月03日

走り回る

予定通り、朝早めに出て、十文字へ。

バタバタしながらも無事紅玉さんに着く。


その後、前回は閉まってて飲めなかった湯沢のスペシャルティコーヒー豆専門店「caffe gita」へ。

会えてよかった!



そして、大急ぎで15時の仕事に間に合わせるべく、一路秋田市へ。







夜、


「県外にいる大学の先輩が秋田まで飲みに来ているから、都合合うなら来ないか?」

と誘っていただいたので、仕事後にお邪魔する。


結局到着はラストオーダー直前で、なんだかもっとゆっくりいろいろはなしたかったのだけれど、
まぁ、それは次回、ということにしよう。




卒業してからもう7年強。

いつもいつも連絡を取り合ったりしているわけではないけれど、
ずっとこうやって繋がっていて、誘ってくれたりするっていう関係があるっていうことは、ほんと幸せな事だよなぁ、と思う。

それと同時に、僕は、自分の後輩たちをこんな風に誘ったりは全然してないよなぁ、なんて思うと、
やー、先輩たちはすごいなぁ、とか思ったりもする。

見習わなきゃな。




ochanomajonny at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月02日

はなうた

予定通り、ココラボの「はなうた酒場」に行く。

いい音楽が流れて、
踊る人がいたり、
絵を書く人がいたり、
飲んだくれてる人がいたり、


非常にいい空間だった。


でも、途中から着々と人が増え始め、そろそろおいとま・・・とか思っていたタイミングで、「これから飲みに行くんだけど、一緒にどう?」と誘われる。

ゆっくり飲みながら話してみたいなぁ、と前から思ってた人たちが揃いも揃っていたので、二つ返事でついていく。



「というか、このメンバー、飲みに行くほどみんな繋がってたんですね。」

そこまで接点がないと思っていたみなさんが揃ってるもんだから思わず聞いてみたところ、みんな「ココラボのイベントでよく会うメンバー」という共通点があるという。

そうかー。
いいなー。

クリエイティブなみなさんが、こうやってココラボをきっかけに新たに繋がって、
そこからまた面白いことが始まって。

いい流れだなぁ。

この飲み会に混じれて、良かったなぁ。


その後のカラオケも、非常に楽しかった。
真心ブラザーズは思ってた以上に声高い、ってことを知りました。

ochanomajonny at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日のこと 

2010年05月01日

信じるものではなく

よくね、政治についての話になった時に僕が言うのは

『政治ってのは、人によっては宗教みたいなもの』

ということ。



つまり、どんなにいいことだったとしても、その時相手がそれを求めていないなら、それは押し付け以外の何物でもないよね、ということ。


友達が、とある宗教を信仰していて、良かれと思って僕を誘ってくれたりするのだけれど、僕は今それを求めていないから、断るわけだ。
でも、少なくとも彼はそれを信じることで救われたりしてる。
だますつもりの『悪意』があるなら、話は別だけど、彼は善意で、誘ってくれているのもわかる。
宗教や信仰心を否定するわけじゃないんだけれど、僕は、今の時点で宗教を信仰するつもりは、やっぱりないわけで。
でも、『断る』って、ほんと、すごくエネルギーを使うよね。
相手が善意でやってくれてるから、なおさら。



これって、そのまんま政治にも当てはまると思ってる。


友達だからって、無理矢理引っ張り込まれたって、迷惑に感じることの方が多いと思うんだよね。

『友達だろ?俺のこと、もちろん応援してくれるよな? な?だからさ、お前の友達少なくとも20人にはさ、声かけてほしいんだよね。』


こんなこと言われちゃった日にはもう、僕だったら、すごく困っちゃう。





何で、突然こんな話かっていうと、
先日買ったブルータスの中に松本圭介さんというお坊さんが紹介されているのを読んだから。


BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 5/1号 [雑誌]
BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 5/1号 [雑誌]
クチコミを見る


彼の簡単なプロフィールは、

松本圭介さんは一風変わったお坊さんだ。一般家庭から仏門へ入り、超宗派の仏教徒が集うインターネット寺院を設立。ブログやツイッターを使いこなし、お寺の中でカフェやライブを企画。そして、現在はMBA取得のためにインドに留学中。インターネット寺院「彼岸寺」
(まぁ、僕もまだ、全然見れてませんが・・・)


文章は、こう続く。
最初の方を抜粋。


「仏教って、信じるものではないと思うんです。」

開口一番、松本さんの口からは意外な言葉が飛び出してきた。

「いや、別に宗教を否定しているわけではありません。(笑)
仏教とは今を生きる私たちが良く生きるための知恵。
いわば"生き方"そのものなのです。
"信じれば救われる"的な契約が求められているわけではなく、ブッダという大先輩が切り開いた道を、あとに続いて歩むこと。
だから、信じるか否かではないんです。」

その考えは、そのまま彼の仕事の前提にもなっている。

「そもそも、"信じる"という言葉があまり好きではないんです。
たとえば、"私のこと信じてる?"という言葉の裏には、後ろめたさとか、疑うなよという脅迫めいた心を感じるじゃないですか。(笑)
大切なのは、口先だけではなく事実が伴っているかということ。
そして、その事実はやましい心から生まれていないか。
自分自身にも問いかけますし、仕事をする相手を選ぶときにも気をつけますね。
まだ人生修行が足りないようでして、しばしば見誤りますが(笑)」





この人の説法を、生で見てみたいと思った。




そして、
『政治』っていうアレルギー物質があったとしても、そんなこと関係なく
「お前のこと、応援するぜ!」
とか、たくさんの人に言ってもらえるようになるくらい、魅力ある男になっていきたいもんだ。

ochanomajonny at 02:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)思うこと 
自己紹介
イシオカダイスケ
秋田市在住

ブログ、音楽活動上では『ジョニー』


音楽は生活の一部。
運動も好き。

座右の銘は

『やらないよりは、やる
 行かないよりは、行く
 食べないよりは、食べる』




フリーペーパー作ってます。
輪茶



輪茶フェス6
2011年7月17日(日)18日(祝)

開催決定。



輪茶フェス





おしらせ

ちょっといろいろあったもので、コメントを頂いても、すぐには更新されない設定にしております。
もちろん、今まで通りコメントお待ちしております。

5年も経ったら、笑い話
5年も経ったら笑い話


できない理由をたくさん並べて
聞かれてもいない言い訳をたくさん用意する
家に帰ってなんだかモヤモヤだけが残るんだよ
悲しいでもない苦しいでもない
そんな気持ち君もわかるでしょ?

あああああああああああああああああああああ
なんだろう
もやもやもやもやもやもやもやもやもやもやも

そんな毎日をなんとなく過ごして
10代が過ぎたんです

僕が君の髪形の変化になかなか気付かないように
みんなも僕がやってることそれほど興味ないでしょ?
誰も傷つかないのなら
なんだってやっちゃえばいいんです
どんな大失敗も5年も経ったら笑い話なんだから

ああ そんなことに20代中頃にようやく気がついた
それで、これからもっともっと毎日を楽しむべく
もっともっと色々とやってみようと思っているわけだ
それで、もしよかったら、君もどうぞご一緒に
ぜひ。ね。








やっちゃった後悔って、ワリとすんなり消化できるもんだけれど、
やれなかった後悔って、いつまでたっても胸に引っかかったままなんですよね。

伝えられなかった恋心とか、
挑戦し損ねたあの夢とか、
「ごめん」がいえなくて疎遠になってしまった友情とか、

あと、買いそびれたあの限定品とか、
あっ、それはちょっと違うか。



歳を重ねるごとに、毎日は、1年はどんどん速度上げて過ぎていく。
やろうかどうしようか迷ってるような、そんな時間はないですぜ。

と思います。