かねてから青森で仕事のが入った際には、あえて陸路で行ってコロプラのスタンプを稼ぎたいと作戦を練っていたのですが今回その機会に恵まれましたので決行することにしました。(もちろんその場合の費用は自腹です。。)

まずは東北新幹線に乗るために東京駅へ。新横浜から横着してひかり号に乗ってしまったのですが、何号だったのか確認するのを忘れてしまいましたので省略です。忘れてしまうほどあっというまに着いてしまいました。

東京〜八戸(はやて7号)
この列車は前寄りが秋田新幹線こまち7号、後ろ寄りが東北新幹線はやて7号、途中の盛岡で切り離されて別々の道を歩みます。
UNI_2671


UNI_2672


東北新幹線は東海道新幹線と違って全席禁煙で車内に喫煙ルームなんてものが無いものですから、発車間際のホームの喫煙所は満員電車並みの混雑でした。。
UNI_2670


はやてにも窓側の座席にはコンセントがありましたので携帯の充電は心配なし。ちょっと下調べをしておりましたので順調にスタンプをGET!作戦通り福島県は今までのも含めて全10個中7個、宮城県は全11個中7個、岩手県も全13個中7個のスタンプを集めることができました。東海道新幹線ほどエリアが細かくなくて比較的電波状況も良く楽勝でした。
P1200032


歯抜けがちょっと気になりますが。。
P1200033


岩手県は海沿いが残ってしまいました。これをどう攻略するかが今後の課題です。。
P1200034



盛岡駅では例のごとくこまちはやてのお別れの儀式を執り行われている間、喫煙者達は一目散に喫煙所へ走っていきました。車内放送でも喫煙所の位置を案内していましたのでそういった問い合わせが多いのでしょう。喫煙所とお別れの儀式の場所が離れていましたので私も儀式は見学せず喫煙所で深呼吸していました。

そして東京を出発してから3時間2分で終点の八戸駅に到着です。
UNI_2677


八戸〜青森(つがる7号)
東北新幹線ももうすぐ新青森まで開通しますが、それまではこのナマズのようなつがるに乗り継ぎます。車内放送のチャイム?はスーパーひたちと同じだったような気がします。
つがる。


おまけ。
銀河鉄道。


つがるに乗り換えてからもスタンプ集めは続きます。八戸、三沢、十和田と順調にスタンプを押しながら青森駅を目指します。するとだんだんと雲行きがあやしくなってきました。これは一雨降るかもしれません。。

そして駅前工事中の青森駅に到着。ここで作戦は一旦中断です。時間がありませんでしたので仕事場までタクシーで向かいます。タクシーのトランクに重たい鞄を放り込んで後部座席に座りドアクローズした途端、雷鳴とともにバケツをひっくり返されました。間一髪セーフです。タクシーの運転手さんも驚いたらしく何やら青森弁で話しているのですが、スミマセン。昔からヒアリングが苦手な私。。なんとおっしゃっているのか聞き取れなかったのですが恐らく『こんな大雨はめずらしい』だと思います。。適当に相槌だけ打たせていただきました。。。(苦笑)
UNI_2681



ひとしきり仕事も終わりましたので作戦を再開することにします。事前にドクターから青森駅周辺の銭湯の場所を教えていただき ひとっ風呂浴びようと思っていたのですが、少し時間が早かったので駅前を散歩してみます。先ほどの雨は嘘のように青空が見えています。駅の裏手には青函連絡船の八甲田丸が係留されています。
UNI_2683


八甲田丸。


その横からは下北半島に向かう高速船が発着しているようです。
UNI_2704


そして八甲田丸が係留されている岸壁の対岸へ続く遊歩道のような橋を渡ってみると、
UNI_2685


なにやらサイレンとともに叫び声のような放送が聞こえます。音のする方向を見てみると、なんとPOLICEと書かれた船が小さな不審船を追跡しているではありませんか!
UNI_2692


この不審船、なかなかすばしっこい奴です!
UNI_2696


UNI_2693


3隻は湾内をグルグルと廻っています。そして接岸されていた海猿に近づくと海猿からは放水攻撃です!
UNI_2689


こぃつぁ面白い!^^
UNI_2705


結局本物の不審船なのか訓練なのかはわかりませんが楽しいショーを観させていただきました。満足したところでそろそろお風呂に行くことにしましょう。その銭湯は駅から10分ほど歩いたところにありました。しかしなんということでしょう。銭湯はお休みのようです。しかも入口ドアのわずかな隙間から中を覗いてみると、なんと6月28日をもって閉店とのこと。これからの作戦に影響がでそうな予感です。。
UNI_2706


すると先ほどまでは止んでいた雨がまた降り始めました!大急ぎで駅に戻ります。次に私が乗る列車まではまだまだ時間があったのですが、この雨では他の銭湯を探すのも面倒になってしまいましたので、仕方なく撮り鉄しながら時間を潰すことにします。。

まずは上野行きの寝台特急あけぼの。赤レンジャー。
あけぼの。


ドクターに聞いたところ北斗星を引っ張るための新型の機関車だそうで。青レンジャー。
試運転。


函館行きのスーパー白鳥。緑レンジャー。
スーパー白鳥。


スーパーでない、ただの白鳥。黄レンジャー。
UNI_2719


普通列車でしょうか。桃レンジャー。と、青森駅ではゴレンジャーを観ることができました。
普通列車。


※ゴレンジャーについては様々な文献が出回っておりますのでそちらをご参照下さい。


そしていよいよ私が次に乗る列車がやってまいりました。
UNI_2722


まずは入れ替え用の機関車を切り離しています。つまりこちらが最後尾です。
UNI_2724


じゃーん!急いで先頭車両を撮りにいきましょう。
UNI_2733


青森〜大阪(寝台特急日本海)
ちょっと塗装がくたびれた機関車ですが、これに夜通し引っ張ってもらって大阪を目指します。
日本海。


UNI_2747


UNI_2734


これまたドクターからの情報によりますと車内販売や食堂車の設備はないとのことでしたので予め駅弁と飲み物を買い込んでから乗りこむとしましょう。
UNI_2744


他の車両には結構な乗客がいたのですが、私が乗る11号車には乗客は私以外だれもいませんでした。。
UNI_2737


寝台特急日本海には以前乗ったサンライズ出雲のような個室がないのでこんな感じの寝台になります。こちらは下段。毛布とシーツ、浴衣とハンガーが準備されています。眠る際にはカーテンで仕切ってプライバシーを確保します。
UNI_2739


こちらは上段。こちらには窓がありませんでしたので下段を予約して正解でした。
UNI_2740


デッキには懐かしい紙コップです。
UNI_2741


さて。発車時刻になりました。青森駅とてJR東日本ですので発車の合図は首都圏でも聞きなれたメロディーです。ちょっと趣にかけるかな?

そして前の方でピー!と汽笛が鳴りガタタン!と振動がしたあと列車は静かに動き出しました。

寝台特急日本海は青森駅を19:33に発車して終着の大阪には翌日の10:27に到着します。経路は奥羽本線、羽越線、信越線、北陸線、湖西線と日本海側を走ります。実は先日片道切符でスタンプ集めをした理由はこの列車の中での眠る時間を確保するためだったのです。つまりこの列車がこれから走る後半の部分のスタンプを先に取っておけば、前半頑張って起きていれば後半はゆっくり眠れるわけです。ちなみにこれから先未踏の地は新潟県の柏崎市まで。柏崎はだいたい午前3:30頃通るはずですので、それまで辛抱すれば良いというわけです。いつになく計画的な私です。


オルゴールのようなチャイムが鳴って停車駅と到着時刻の案内が流れました。夏至だというのに外はもう真っ暗です。またポツポツと雨が降ってきているようです。結局この車両の乗客は私独り。規則良く続く線路の音とたまに聞こえる踏切の音だけが聞こえます。しばらくして車掌さんが切符拝見に来ました。

「この車両にはこれからお客乗ってくるんですか?」

『どうでしょうねぇ。。喫煙車なので乗ってもあと2〜3人でしょうか。。』

やっぱり世の中の禁煙化は進んでいるようです。さて。まずは寝床を整備しましょう。はい。できました。しかし頭を廊下側に向けるべきか、窓側に向けるべきか悩みました。結局廊下側に枕を置いたのですが、どちらが正しいのでしょうか?
UNI_2754


そして空いている向かいの席に座って夕飯です。今日の夕飯は青森駅の駅弁『いくらしゃけ釜めし』です。飲み物はシャイニーねぶたリンゴジュース。
UNI_2753


その間も黙々とスタンプ集めは続けています。ドクターは窓の外をよく見てとアドバイスされるのですが、外を見ても真っ暗闇でどこを走っているのかまったくわかりません。そうこうしているうちに携帯の充電が切れてしまいましたのでデッキの洗面台にあるコンセントに携帯充電器を差し込みます。そして列車は青森県から秋田県に入りました。結局青森県は飛び出たところが2つ歯抜けになってしまいましたが、これはいずれ青函トンネルをくぐることがあれば盗れるでしょう。
P1200035


途中弘前だったか大館だったかでご婦人が独りで乗車され、私の隣の区画に座りました。これでこの車両の乗客は2名です。なんとも贅沢な旅です。それにしても私の座席もこの婦人の座席もなぜか進行方向の反対側に向かって座席が指定されています。これは単なる手違いと偶然がかさなったものなのでしょうか?はたまたなにか理由があるのでしょうか?有識者な方々のご意見をお伺いしたいところであります。。
P1200036


そして能代駅を出ると翌朝まで車内放送はしない旨の案内が流れ、車内の照明が少し暗くなりました。たまに停車する駅でもあまり乗客の乗り降りはないようです。
UNI_2761



カタンコトン。カタンコトン。。。カタンコトン。。。

(カンカンカンカン)

カタンコトン。。。


線路の音が眠気を誘います。新幹線のように慌ただしいスタンプ集めではありませんのでたまに席を立ってトイレへ行ったり、顔を洗ったり歯を磨いたりする時間があります。お隣のご婦人もなにやらクロスワードパズルを持ちこんで暇を潰していましたが、やがてカーテンが閉まる音がしました。どうやら就寝されたようです。そして日付が変わる頃山形県に入りやがて新潟県。新津駅に到着すると、これから青森に向かう上野発の寝台特急あけぼのが停車していました。あちらには個室もシャワーも設備されているそうです。
UNI_2762



そして予測通りの時間帯に柏崎のスタンプをGETして一安心。私もひとまず眠ることにしました。それまでお付き合いいただきました、ドクター、姐さん、雪音さん、ありがとうございました。あとは眼がさめた頃には終点も近いはずです。
P1200038


ところでお風呂に入れなかった私はどうしたのかと言いますと、車内に誰もいないことを良いことに洗面所では歯は磨くわ、顔は洗うわ、髭は剃るわ、頭は洗うわと独占状態。そして寝台に戻り濡れタオルで全身を拭いてなんとかサッパリすることができたのでした。


zzz。。。


車内放送で眼が覚めました。窓の外を見ると福井県の敦賀駅。なんでも機関車の交換作業をしているらしいです。ネタ的には写真を撮りたかったのですが、その時の私といえば淫らな浴衣姿に頭は爆発した落武者状態だったものですから、交換作業の見学は諦めたのでした。それではお腹もすいてきたので昨夜調達しておいた駅弁で朝食にするとしましょう。今日の朝食はこちら。コロプラのお土産にもある帆立釜めしです。これを食べるのは2度目ですが美味です。
UNI_2764


敦賀駅で機関車を交換した寝台特急日本海は湖西線を走ります。琵琶湖畔もちょっと霧がでているようです。
UNI_2766


UNI_2767


途中、後から来る特急に道をゆずりながらマイペースで走ります。次の停車駅は京都。ゴールはもうすぐです。
UNI_2769


9:51京都駅に到着。窓の外に見えるごくごく日常の人混みがまるで非日常に感じるほど、寝台特急の旅は現実を逃避させてくれました。そしてオルゴールのあと車内放送が入って10:21新大阪駅に到着。新大阪駅を発車して淀川を渡れば終着の大阪駅です。最後に車掌さんが言った『またぜひ寝台特急日本海のご利用ください。』の一言にぢ〜んときた旅の終わりでした。
日本海。



大阪駅で乗客を降ろした寝台特急日本海は車庫へ入っていきました。きっと今夜もまた青森目指して走っているのでしょう。一方、私はといいますと伊丹空港で何便か見送ったあと、
UNI_2774


UNI_2776


大阪伊丹〜東京羽田(JAL138:B777-200)
ひと眠りしてブログを書いて日常へ戻りました。この便のレジ番はJA8984。エコジェットです。聞くところによると某元横綱と某ジャニーズのタレントが搭乗しているとのことでした。
UNI_2777




ところでこの旅でも片道切符を発券してみました。区間は東京都区内から大阪市内まで、経由は新幹線・八戸・東北・奥羽・羽越・信越・北陸・湖西・東海で運賃は17,640円。特急料金・寝台料金は別です。
UNI_2760


そしてこの旅で日本列島、上半分はぜんぶ何らかの色が付きました^^
P1200039