落合会計事務所 岐阜県関市 相続税 法人税 確定申告     

岐阜県関市東門前町の落合会計事務所です。 毎週火曜日に、「今週の事務所通信」として、税金に関する話題を、 毎週金曜日に、「知っておきたい相続と贈与の話」として、相続・贈与に関する話題を お届けします。                                                                                                             〒501-3838 岐阜県関市東門前町6番地 関サンパティオ2J 落合会計事務所(吉田観音・新長谷寺参道沿い)

落合会計事務所 岐阜県関市 相続税 法人税 確定申告      イメージ画像
一般的な事例に基づき掲載しております。 実行にあたっては、税理士や税務署等に必ずご確認ください。

更新情報

 国税庁は、スマートフォンのカメラ機能により紙の源泉徴収票を読み取ることで、必要項目がデータ上に自動転記できるシステムを、令和3年分の所得税の確定申告から導入します。国税庁HPの確定申告書等作成コーナーにアクセス、紙の源泉徴収票をスマートフォンのカメラで撮影

 名義預金とは、被相続人の家族名義等の預貯金で、その原資が被相続人の資金であるような場合の預貯金のことをいいます。名義は被相続人ではありませんが相続財産に該当します。 不動産や株式等の名義の変更があった場合に対価の授受が行われていないとき、または他の者の

 夫婦の一方Aが正社員で、その配偶者Bがパートの場合、生計を一にしているなどの要件を満たせば、Bのパート収入が103万円以下であれば、Aは配偶者控除を受けることができます。     配偶者控除には、配偶者の年間の合計所得金額が48万円以下という要件があります。その

 共有とは、何人かで共同して一つのものを所有することですが、相続が発生して遺産分割協議を行うとき、宅地を共有で相続するのは避けた方がいいとはよく聞く話です。 宅地の共有のデメリットには、①固定資産税は持分に応じて負担するので、納税や精算が煩雑となること、

 サラリーマンの年末調整が終わると「給与所得の源泉徴収票」が交付されます。一年間に勤め先から支払われた給与などや所得税、税額を求める上での根拠が記載されています。 住所の下、支払金額欄は、一年間の給料や賞与、残業手当やその他の手当などの合計額です。年収(

 令和2年12月に発表された令和3年度税制改正大綱には、相続時の財産移転に課税する相続税と、生前贈与に課税する贈与税を、将来的に一体化して課税する方向であることが記載されていました。 相続が発生した時に財産が無ければ相続税はかかりません。生前贈与で財産を移転

↑このページのトップヘ