この時期の定番の話題ですが、妻のパート・アルバイトでの給与収入と夫での扶養の関係をみてみます。夫の収入は給与のみで1,095万円以下、妻は年齢70歳未満で給与収入のみのケースを例にします。

⑴妻の収入100万円 ⇒  100万円(自治体によっては93万円から)超で、妻に住民税が課税。
⑵妻の収入103万円 ⇒  103万円までは妻に所得税は課税されず、夫は配偶者控除が適用可。103万円  
            を超えると妻に所得税が課税、夫では配偶者控除ではなく配偶者特別控除が
            適用。(妻の収入の増加に伴い10段階で控除額が減少)
⑶妻の収入106万円 ⇒  従業員501人以上の企業に勤務する妻の場合、月額賃金8.8万円以上(年額
            105.6万円以上)など一定の条件に該当すると、社会保険の扶養から外れ、
            社会保険料の支払いが発生。
⑷妻の収入130万円 ⇒  130万円以上で社会保険の扶養を外れ、一定条件のもと社会保険料が発生。
⑸妻の収入150万円 ⇒  150万円までは夫は満額の38万円の配偶者特別控除の適用可。それを超える
            と妻の収入の増加に伴い、配偶者特別控除の額が段階的に減少。 
⑹妻の収入201万円 ⇒  201.6万円以上になると、夫は配偶者控除の適用不可。

 なお、収入130万円(妻60歳以上は180万円)の社会保険の扶養の判定には、税金とは異なり通勤手当は含みますが、収入106万円の月額賃金算定にあたっては、賞与・残業代・通勤手当は含みません。