住宅の取得等に当たって借入れた住宅ローン等を、金利の低い住宅ローン等に借換えると、返済額の総額を減らしたり、毎月の返済額を抑えることができます。

 借換えによる新しい住宅ローン等は、従前の住宅ローンを消滅させるための新たな借入金なので、原則として住宅ローン減税の対象とはなりません。ただし、下記の要件を満たす場合には、借換え後の借入金について、住宅ローン減税を受けることができます。
①新しい住宅ローン等が当初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明らかであること。
②新しい住宅ローン等が10年以上の償還期間であることなど住宅ローン減税の要件に該当すること。

 借換えによる新たな住宅ローン等の借入時の金額より、借換え直前における当初の住宅ローン等の残高の方が多いか等しいときには、借換えによる新たな住宅ローン等の年末残高が控除の対象となる住宅ローン等の年末残高となります。一方、借換え直前における当初の住宅ローン等の残高(A)よりも、借換えによる新たな住宅ローン等の借入時の金額(B)の方が多いときは、借換えによる新たな住宅ローン等の年末残高×A/Bで求めた金額が控除の対象となる住宅ローン等の年末残高となります。

 なお、住宅ローン減税を受けることができる年数は、居住の用に供した年から一定期間ですので、住宅ローン等の借換えによってその適用期間が延長されることはありません。